甘味茶房 菊丸の「男のあんみつ大吟醸」・・・

 

台東区西浅草の「甘味茶房 菊丸」にお邪魔しました・・・

 

住所は 台東区西浅草2−4−1 福島ビル1階、東本願寺の北側、「合羽橋南」交差点より浅草寺方面へ約50m進んだ左側です・・・

 

この日は、親父のお仏壇を購入する為、家族で通称「上野・浅草仏壇通り」へ・・・老舗の仏壇・仏具店にお邪魔し、木目の綺麗なお仏壇を購入しました・・・

 

お仏壇を持参する為には、梱包に多少時間がかかるとの事でしたので・・・以前お邪魔したこちらの甘味処を思い出し、家族で一寸ひと休みをする事に・・・

 

 

こちらが、甘味茶房 菊丸「男のあんみつ大吟醸」です・・・

 

それにしても何故「男のあんみつ大吟醸」?・・・その理由は何と、宮城の蔵王酒造(株)の銘酒「蔵王大吟醸」とその酒粕が入ったアイスを使っているのです!

 

ひんやりとした寒天・赤エンドウ豆の上には、漉し餡・求肥・杏子・サクランボ・・・そして、菊模様のモナカを背にして鎮座するのは、主役級の「塩バニラ」・・・

 

ぷるんとした食感が心地良い寒天と、深い甘さを湛えた漉し餡・・・そこに、大人のほろ苦さを帯びた赤エンドウ豆・・・あんみつって、良く出来ていますねェ・・・

 

ここらで軽く黒蜜を回し掛けましょう・・・あ、甘〜い!・・・心地良い弾力のある求肥と、定番の果物の魅力を十二分に感じさせてくれる杏子とサクランボ・・・

 

そして遂に、あの「大吟醸アイス」とのご対面!・・・ほ、本当に大吟醸の風味!・・・アルコール度数は0.8%未満ですが、美味し〜い!・・・。゚+.(喜´∀`喜)。゚

 

甘味のみならず、お食事メニューも美味しそう・・・合羽橋にお越しの際には、是非!

 

定休日は 第1月曜・第3月曜・第3火曜(※不定休有)営業時間は 11:30〜19:00(LO 18:30) です・・・


甘味茶房 菊丸の「海のあんみつ塩バニラ」・・・

 

台東区西浅草の「甘味茶房 菊丸」にお邪魔しました・・・

 

住所は 台東区西浅草2−4−1 福島ビル1階、東本願寺の北側、「合羽橋南」交差点より浅草寺方面へ約50m進んだ左側です・・・

 

この日は、親父のお仏壇を購入する為、家族で通称「上野・浅草仏壇通り」へ・・・老舗の仏壇・仏具店にお邪魔し、木目の綺麗なお仏壇を購入しました・・・

 

お仏壇を持参する為には、梱包に多少時間がかかるとの事でしたので・・・以前お邪魔したこちらの甘味処を思い出し、家族で一寸ひと休みをする事に・・・

 

 

こちらが、甘味茶房 菊丸「海のあんみつ塩バニラ」です・・・

 

ひんやりとした寒天・赤エンドウ豆の上には、漉し餡・求肥・杏子・サクランボ・・・そして、菊模様のモナカを背にして鎮座するのは、主役級の「塩バニラ」・・・

 

ぷるんとした食感が心地良い寒天と、深い甘さを湛えた漉し餡・・・そこに、大人のほろ苦さを帯びた赤エンドウ豆・・・あんみつって、良く出来ていますねェ・・・

 

ここらで軽く黒蜜を回し掛けましょう・・・あ、甘〜い!・・・心地良い弾力のある求肥と、定番の果物の魅力を十二分に感じさせてくれる杏子とサクランボ・・・

 

そして遂に、あの「塩バニラ」とのご対面と参りましょう・・・ああ、何て爽やかな甘さ!・・・仄かな塩気が、甘さをキリッと引き締めていて・・・。゚+.(喜´∀`喜)。゚

 

甘味のみならず、お食事メニューも美味しそう・・・合羽橋にお越しの際には、是非!

 

定休日は 第1月曜・第3月曜・第3火曜(※不定休有)営業時間は 11:30〜19:00(LO 18:30) です・・・


乳糖製菓の「バームクーヘン」(紫いも)・・・

 

墨田区太平の「下町バームクーヘン」(乳糖製菓)にお邪魔しました・・・

 

住所は 墨田区太平3−3−11、総武本線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅より、錦糸公園を右手に見ながら、錦糸公園沿いの「四ツ目通り」を北に向かって約400m進み、錦糸公園の敷地が終わるすぐ手前の丁字路を左折すると、すぐ右側にあります・・・

 

 

こちらが、下町バームクーヘン(乳糖製菓)「バームクーヘン」(紫いも)です・・・

 

ドイツ語の「Baumkuchen」(バウムクーヘン)は「木+ケーキ」の意味で、日本ではドイツを代表するお菓子というイメージですが、ドイツでは珍しいお菓子なのだそうで・・・

 

当初は軽やかな生地のバームクーヘンを目指していらしゃったそうですが、完成したバームクーヘンの生地はしっとり・・でも、今やそこがこちらのバームクーヘンの魅力に・・・

 

所謂「江戸っ子」は渇き物のお菓子が苦手だとか・・・東京・小岩で産湯に浸かった私が江戸っ子と言えるか微妙ですが、しっとりした生地の下町バームクーヘンは美味しい!

 

しっとりとした生地のお蔭で、さほど口の中が乾かず・・・そこがこの下町バームクーヘンの魅力の一部では?・・・紫芋の仄かな風味が魅力的なバームクーヘンです・・・

 

職場でも頂きましたが、やはり家でのんびりと頂くのがいいなァ・・・(。 ̄Д ̄)d□~~

 

営業時間は 9:00〜19:00 (土 9:00〜18:00 、日 10:00〜17:00) 不定休 です・・・


乳糖製菓の「ジャンボクーヘン」(バニラ)・・・

 

墨田区太平の「下町バームクーヘン」(乳糖製菓)にお邪魔しました・・・

 

住所は 墨田区太平3−3−11、総武本線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅より、錦糸公園を右手に見ながら、錦糸公園沿いの「四ツ目通り」を北に向かって約400m進み、錦糸公園の敷地が終わるすぐ手前の丁字路を左折すると、すぐ右側にあります・・・

 

 

こちらが、下町バームクーヘン(乳糖製菓)「ジャンボクーヘン」(バニラ)です・・・

 

ドイツ語の「Baumkuchen」(バウムクーヘン)は「木+ケーキ」の意味で、日本ではドイツを代表するお菓子という位置づけですが、ドイツでは珍しいお菓子の分類に入るそうで・・・

 

本当は軽やかな生地のバームクーヘンを目指していたそうですが、完成したバームクーヘンの生地はしっとり・・・でも、今ではそれがこちらのバームクーヘンの大きな魅力に・・・

 

所謂「江戸っ子」は渇き物のお菓子が苦手だとか・・・東京・小岩で産湯に浸かった私が江戸っ子と言えるかどうか微妙ですが、しっとりとした生地の下町バームクーヘンは大好き!

 

乾いたお菓子を口に入れ、その後でお茶を飲む・・・そんな行為が、時々まどろっこしく・・・単なる短気なのかもしれませんが、下町バームクーヘンは口がさほど乾かないのが嬉しい!

 

お茶やコーヒーも良いけれど、濃いめに淹れた紅茶との相性は絶品!・・・(。 ̄Д ̄)d□~~

 

営業時間は 9:00〜19:00 (土 9:00〜18:00 、日 10:00〜17:00) 不定休 です・・・


乳糖製菓の「ピエ・スクレ」(バナナ)・・・

 

墨田区太平の「下町バームクーヘン」(乳糖製菓)にお邪魔しました・・・

 

住所は 墨田区太平3−3−11、総武本線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅より、錦糸公園を右手に見ながら、錦糸公園沿いの「四ツ目通り」を北に向かって約400m進み、錦糸公園の敷地が終わるすぐ手前の丁字路を左折すると、すぐ右側にあります・・・

 

 

こちらが、下町バームクーヘン(乳糖製菓)「ピエ・スクレ」(バナナ)です・・・

 

ランダムに割ったバームクーヘンを、更にこんがりとオーブンで焼き上げたというこちらの一品・・・いわゆる「ラスク」のイメージを思い浮かべて頂ければ宜しいかと・・・(。ゝ∀・)ゞヨロシク♪

 

個人的には、私はあのラスクの硬すぎる歯応えがほんの少し苦手で・・・でも、こちらの「ピエ・スクレ」は、さほど硬さは感じられず・・・歯に抗う程の硬さでは無く・・・お、美味しい・・・

 

仄かにバナナの香りがする、どちらかと言えば一寸軟らかめのラスク・・・口の中でほろりと解れる具合が、何ともいい按配で・・・しっとりした生地の魅力が感じられる一品です・・・

 

お茶やコーヒーも良いけれど、濃いめに淹れた紅茶との相性は絶品!・・・(。 ̄Д ̄)d□~~

 

営業時間は 9:00〜19:00 (土 9:00〜18:00 日 10:00〜17:00) 不定休 です・・・


ベルンの「ミルフィユ」(10個入)・・・


JR「東京」駅・八重洲北口改札を出てすぐ目の前・・・「大丸 東京店」にお邪魔しました・・・

この日は、1階「和洋菓子」(デパイチスイーツ)「ベルン」で、お土産を購入しました・・・



こちらが、大丸 東京店・ベルン「ミルフィユ」(10個入)です・・・

写真奥が「スイートチョコレート」(4個)、手前左が「ミルクチョコレート」(3個)、手前右が「ヘーゼルナッツチョコレート」(3個)・・・このミルフィユは、ベルンが日本で初めて創ったとか・・・

香ばしく焼いた3層のパイの間に、贅沢な味わいのクリームをサンドして、チョコレートで包んだベルンのミルフィユ・・・3種のチョコそれぞれに、異なった「魅力」が内包されています・・・

包みを解いて、そっと口に運ぶと・・・何だか、ちょっぴり懐かしい・・・でも、今風の洋菓子と比べても決して遜色の無い、洗練された甘さが口の中に広がって行きます・・・本当に美味しい物は、長い時代を経ても変わらずに、大勢の方から支持され続けて行くのでしょうね・・・

昨年、1987年より愛される「かすみ草」を継承したデザインに・・・(旧デザインはこちら・・・)

大丸 東京店のお休みは 元旦のみ1階の営業時間は 10:00〜21:00 (土・日・祝 〜20:00)です・・・(※詳細はこちらをご覧ください・・・)

ベルンの「ミルフィユ」(11個入)・・・


JR「東京」駅・八重洲北口改札を出てすぐ前にある「大丸 東京店」にお邪魔しました・・・

この日は、1階「スイーツフロア」にある「ベルン」で、家族にお土産を購入しました・・・



こちらが、大丸 東京店・ベルン「ミルフィユ」(11個入)です・・・

手前が「スイートチョコレート」(5個)・・・そして奥が「ミルクチョコレート」(3個)「ヘーゼルナッツチョコレート」(3個)です・・・この様なミルフィユは、ベルンが日本で初めて創ったとか・・・

香ばしく焼いた3層のパイの間に、贅沢な味わいのクリームをサンドして、チョコレートで包んだベルンのミルフィユ・・・3種のチョコそれぞれに、異なった「魅力」が内包されています・・・

包みを解いて、そっと口に運ぶと・・・何だか、ちょっぴり懐かしい・・・でも、今風の洋菓子と比べても決して遜色の無い、洗練された甘さが口の中に広がって行きます・・・本当に美味しい物は、長い時代を経ても変わらずに、大勢の方から支持され続けて行くのでしょうね・・・

濃い目の紅茶にも・・・勿論、コーヒーにも・・・いや、これは濃いお茶にも合うな・・・w

大丸 東京店のお休みは 元旦のみ1階の営業時間は 10:00〜21:00 (土・日・祝 〜20:00)です・・・(※詳細はこちらをご覧ください・・・)

浅草シルクプリンの「シルクプリン」・・・



台東区浅草のプリン専門店浅草シルクプリン」にお邪魔しました・・・

住所は 台東区浅草1−4−11、浅草「雷門」から西へ約80m進み、「JTB浅草支店」の手前を右折して少し進んだ左側・・・東京メトロ銀座線「浅草」駅から徒歩で約2分です・・・

とろりとした優しい口溶けが魅力的な「シルクプリン」のお店です・・・



こちらが、浅草シルクプリン「シルクプリン」です・・・

お店の紹介文にもありますが、「シルク」の名の通り、喉越しの良い絹の様な食感・・・そして、ビターキャラメルの大人のほろ苦さが楽しめる・・・これぞ本当の大人のスイーツ・・・

購入後は・・・店先のイスに腰掛けて・・・爽やかな風を受けながら、路地脇で頂きます・・・



では、スプーンで掬ってみましょう・・・おおっ、この柔らかさ・・・まるで、クリームを持ち上げているような・・・そんな感じです・・・それでは、いただきます・・・ハムッ・・・ゴクン・・・うわぁ、何て滑らかな口溶け・・・そして、この深い味わい・・・程好い甘さ・・・ああ、美味しい・・・

そして、食べ進めていくと・・・瓶の底から顔を覗かせるのは・・・ちょっとほろ苦い「ビターキャラメル」・・・このほろ苦さが、甘さに占められた口の中を、いい意味でリセットしてくれる様な・・・そんな感じがします・・・プリンとビターキャラメルのバランスも良いですねぇ・・・

卵は毎朝届けられる茨城の「奥久慈卵」・・・そして生クリームは北海道産だそうです・・・そして更に、このシルクの様な滑らかな食感を出すために、細かい温度調整をしながらスチームコンベクションオーブンで一気に加熱し・・・その後は専用の冷蔵庫で短時間冷却・・・

美味しいものが頂けるという事は・・・実は、裏で様々なご苦労があるという事で・・・感謝!

営業時間は 11:00〜21:00年中無休です・・・

乳糖製菓の「下町バームクーヘン」・・・その4



砂町の砂町銀座商店街にある「下町バームクーヘン」砂町銀座店にお邪魔しました・・・

住所は 江東区北砂5丁目1、「江東区立砂町図書館」のすぐ近くにある「販売店」です・・・



こちらは、砂町銀座店の店頭の様子です・・・お店の方に許可を頂いて、失礼ながら撮影させて頂きました・・・定番の「バニラ」の他には、特に「抹茶」が人気商品だそうです・・・

ほう・・・「もも」や「マロン」も美味しそうだなぁ・・・へ〜え、「コーヒー」というのは初めて見たなぁ・・・えっ!・・・し・・・「しょうが」???・・・乳糖製菓さん、ちょっと冒険したなぁ・・・w

では・・・今回は無難に・・・それに一寸疲れ気味だから、特に「甘い」モノが欲しいな・・・



こちらが、砂町銀座店で購入した乳糖製菓「下町バームクーヘン」(チョコがけ)です・・・

「下町バームクーヘン」は、砂町銀座商店街にお邪魔した際は必ず購入する逸品です・・・

手に持つと、ずっしりとした重さ・・・そして食べてみると、しっとりとした生地・・・そう、まるで「和菓子」の様なスタンスのバームクーヘンです・・・チョコのコーティングは大好き!・・・程好い甘さと、洋菓子でありながらも口の中でパサつかないのが、なんとも嬉しいですね・・・

コーヒーにも・・・紅茶にも・・・烏龍茶にも・・・もちろん、濃い目に淹れた日本茶とも相性は抜群です・・・砂町銀座に来たら・・・もうこれは絶対に買わなきゃ損でしょう・・・ね?
「下町バームクーヘンの作り方」をご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい・・・)

お店の写真を撮影する際、笑顔で店頭に立って下さった女性の店員さんに、感謝・・・

営業時間は 11:00〜19:00無休です・・・

日本橋錦豊琳の限定「ちょこかりんとう」・・・その3



こちらは、かりんとう専門店「日本橋錦豊琳」「ちょこかりんとう」(期間限定)です・・・

今回の販売期間は、2月1日(月)〜14日(日)の14日間になります・・・売り切れ御免・・・

原材料は、小麦粉・ココアパウダー・カカオマス etc・・・ごまや醤油も使われているそうで・・・それが、こんなにも美味しい「かりんとう」を作り出してしまうのですから・・・不思議だ・・・

こんなに美味しいものならば・・・少しでも他人よりも多く食べたいと思うのが自然・・・

我が家では、この「ちょこかりんとう」を頂く際・・・家族が殺気立ちます・・・w

営業時間は 8:00〜22:00 (日・祭 〜21:00)です・・・ 

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM