麺屋 こはくの「こはく しおら〜めん」・・・その2


市原市北国分寺台の「麺屋 こはく」にお邪魔しました・・・

住所は 市原市北国分寺台1−8−1、市原市役所の南西側の「市役所通り」 を北西方向に約400m進み、「加茂坂上」交差点を右折し、約1km進んだ右側です・・・



こちらが、麺屋 こはく「こはく しおら〜めん」です・・・

メニューに「こはく」の名前が冠されたラーメンは、どうやら他店で指す所の「特製」の様で・・・チャーシューが増量で3枚となり、その他には白髪ネギと味玉がトッピングされます・・・

スープは透明感のある清湯タイプです・・・味付けの方は見た目とは異なり、しっかりした塩分も感じられますが、さっぱりとした後味が心地良い・・・なかなか魅力的なスープです・・・

白髪ネギの上には、醤の様な風味の辛味油「こはくのタレ」が掛けられています・・・にんにくを使ったこちらのタレを上手く使えば、スープの味わいの変化を楽しむ事が出来ます・・・

麺はどうやら自家製麺の様です・・・中太の麺と塩味の清湯スープという組み合わせは、若干珍しい様な気もしますが・・・こちらの場合はさほど違和感は感じられませんでした・・・

色が薄めの味玉は味付けも比較的薄めですが、清湯タイプのスープにはこれが良いのでは?・・・程良くボリュームがあり、柔らかく解れるチャーシュー・・・これがまた美味しい!

完成度・満足度共に高ポイントですが・・・何処か親しみ易さも感じられる一杯です・・・

営業は 11:00〜15:00(LO 14:30)、17:00〜21:30(LO 21:00)定休日は 木曜 です・・・

麺屋 こはくの「こはく しおら〜めん」・・・その1


市原市北国分寺台の「麺屋 こはく」にお邪魔しました・・・

住所は 市原市北国分寺台1−8−1、市原市役所の南西側の「市役所通り」 を北西方向に約400m進み、「加茂坂上」交差点を右折し、約1km進んだ右側です・・・



こちらが、麺屋 こはく「こはく しおら〜めん」です・・・

メニューに「こはく」の名前が冠されたラーメンは、どうやら他店で指す所の「特製」の様で・・・チャーシューが増量で3枚となり、その他には白髪ネギと味玉がトッピングされます・・・

スープは透明感のある清湯タイプ・・・味付けの方は見た目とは異なり、若干塩分が濃い目かもしれませんが、さっぱりとした後味が心地良い・・・なかなか魅力的なスープです・・・

白髪ネギの上には醤の様な風味の辛味油が掛けられています・・・食べ進めていく上でこれがスープに混ざると、繊細なスープの味わいに影響するので、一寸勿体ない気もしないではないのですが・・・味わいの変化を楽しむ事が出来ると考えれば・・・OK!!( ̄▽ ̄)δ⌒☆

麺はどうやら自家製麺の様です・・・中太の麺と塩味の清湯スープという組み合わせは、若干珍しい様な気もしますが・・・こちらの場合はさほど違和感は感じられませんでした・・・

色が薄めの味玉は、味付けも比較的薄めな気がしますが、こういったタイプのラーメンにはこれ位の味付けがベストではないかと・・・柔らかく解れるチャーシューがとても美味しい!

総じて完成度の高い・・・満足度の高い一杯が頂けるお店だと・・・そう感じました・・・

営業は 11:00〜15:00(LO 14:30)、17:00〜21:30(LO 21:00)定休日は 木曜 です・・・

大ちゃんらーめんの「とんしお」・・・


君津市常代の「大ちゃんらーめん」にお邪魔しました・・・

住所は 君津市常代5−4−2、国道127号線「内房なぎさライン」の「常代」交差点から南東方向に約300m進んだ右側で、市立「周南中学校」から北北西へ約800mの場所です・・・

私が最後にお邪魔したのが、かれこれ約7年前・・・その頃から人気店ではありましたが、長蛇の列という程ではなく・・・その後は行列が長くなったと聞き、足が遠のいておりました・・・

店内にはカウンター席が9席と、4人掛けの小上がり席が3つ・・・常連さんは席に着く前に、ラーメンを注文した際に無料で供される「ゆで卵」と紙コップの「お冷」を手に持ち、席へと移動・・・そしてティッシュペーパーの上で卵の殻を剥き、ラーメンに入れる下準備を・・・w

(ゆで卵をそのまま食べるよりも、スープに浸した方が美味しく頂けるのを知ってるのね・・・)



こちらが、大ちゃんらーめん「とんしお」です・・・

豚骨ベースの塩スープという事で「とんしお」という名前なのだと思いますが・・・スープを頂いてみると、意外としっかりとした甘みが・・・ハチミツを使っているそうですが、これが塩味の豚骨スープに円やかさと深いコクを与えていて・・・クセになる味とは、まさにこれでは・・・?

洗練された・・・といった表現とは対極の味ですが、人を惹きつける味である事は間違いない!・・・そんな味わいのラーメンだと思います・・・麺は黄色がかった中細のちぢれ麺で、加水率は若干低めかと・・・スープが濃厚な分、麺への絡み具合は全然申し分ありません・・・

チャーシューは豚バラ肉と思しき部位で、脂身がしっかりとしたタイプです・・・厚さは約1cmはあるのではないかと・・・ボリュームがあり、なかなか食べ応えがあります・・・その他には、モヤシやメンマがトッピングされていますが・・・スープのインパクトが強くて、印象が・・・

ラーメンが運ばれてくる前から一所懸命に剥いていたゆで卵は、こうして丼に乗せて・・・箸で半分に割って、スープを浸しながら・・・または麺を食べながら一緒に美味しく頂きます・・・

店内の方々の注文に耳を澄ましてみると・・・ギョーザを注文している方が多い事に気付きます・・・「Wギョーザ」(2人前)や「トリプルギョーザ」(3人前)というメニューがある事からも、ギョーザが人気メニューである事に対して疑う余地は無さそうで・・・こ、今度は是非!

平日のお昼時にさしかかろうという時間帯ですが、当たり前の様に行列が・・・な、納得!

定休日は 木曜(不定休有)営業時間は 11:00〜14:30頃(スープが無くなり次第終了) です・・・

らーめん 方雅の「にんたまチャーシューめん」・・・その2


富津市押切の「らーめん 方雅」にお邪魔しました・・・

住所は 富津市押切73−3、上総湊の「湊」交差点より、国道465号線を鴨川方面に向かって東へ約4.5km進むと「押切」という場所で道路が「L字クランク」状に右に曲がりますので、右にカーブしながら進み、すぐ先の交差点を左に曲がってすぐ左側です・・・

この日は、店内に常連とおぼしきご年配の方がお一人・・・そしてすぐに、もう一人のご年配の方がいらして・・・お店の方と世間話を・・・ゆったりとして、いい雰囲気ですねェ・・・



こちらが、らーめん 方雅「にんたまチャーシューめん」です・・・

スープ自体の粘度は低めで、さらっとしたタイプの醤油スープです・・・ニンニクとネギとゴマを揚げた香味油が、スープに程好いコクを与えています・・・風邪に効きそうだなァ・・・

丼の周囲に綺麗に並べられたバラ肉チャーシューは、表面の味付けは濃い目で、箸で摘むとほろりと崩れる柔らかさ・・・美味しい!・・・白いご飯の上に乗せても美味しそうで・・・

一見すると、かなり油がきついラーメンかと思いきや・・・スープがあっさりしているので、意外と食べ易いのが不思議で・・・唯一、ニンニクを使っているので、少し口臭が気になる?

新たに「塩にんたまチャーシューめん」が登場したそうで・・・次回は是非!・・・(*゜∀゜)=3!!

定休日は 水曜営業時間は 11:00〜14:00、17:00〜21:00 (スープ・麺・チャーシューがなくなり次第終了) です・・・

自家製麺 ばくばくの「特製濃厚つけめん」(大)・・・


木更津市塩見の「自家製麺 ばくばく」にお邪魔しました・・・

住所は 木更津市塩見5−1−30、JR内房線「木更津」駅西口から「富士見通」を木更津港方面に向かって西へ約800m進み、木更津港に面した交差点を左折して、県道90号線(木更津富津線)を南へ約1.5km進んだ右側です・・・駐車場は共用で約11台分です・・・



これが、自家製麺 ばくばく「特製濃厚つけめん」(大)です・・・
「特製」には、二種類のチャーシューとメンマ・・・そして味玉がトッピングされます・・・

自家製の極太麺には、ラーメンの麺とは異なる二種類の小麦粉が使われているそうです・・・麺の中には、小さな粒が・・・全粒粉かな?・・・心地良い弾力が魅力的な麺です・・・

豚骨を12時間以上強火で煮込んだというスープは、とても濃厚で・・・更に魚介出汁を加えたという「豚骨魚介」系スープは、かなりのインパクトが感じられます・・・お、美味しい・・・

濃厚なつけダレの中には、ざく切りにした「玉ねぎ」が・・・これが、濃厚なつけダレの強烈な個性を、いい按配に緩和しており・・・バランスの良い味わいを上手に演出していますね・・・

また、麺の水切りがとても丁寧で・・・そのお蔭で、麺が美味しく頂けます・・・そして、麺と海苔の間にレンゲをきちんと挟んでいるので、海苔がふやけずに・・・もしや、偶然ではない?

更に、特筆すべきは二種類の「チャーシュー」・・・左上の肩ロース肉のチャーシューが低温調理された物で、左下のバラ肉のチャーシューがじっくりと弱火で煮込まれた物かと・・・個々の魅力が光る、美味しいチャーシューでした・・・肉の特性を熟知した方ですね・・・

極太麺に豚骨魚介系・・・とくれば、ラーメンが好きな方にとっては食傷気味?・・・といった杞憂を払拭する程、輪郭がしっかりとした魅力的な「濃厚つけめん」だと・・・そう感じました・・・

我が家からは、かなり遠い場所にあるのですが・・・是非、またお邪魔したいですね・・・

営業時間は 11:00〜15:30、18:00〜21:00 (土 11:00〜15:00)
定休日は 日曜 です・・・

二代目らーめん処 まるは 旬の「濃厚鶏白湯味玉らーめん」・・・



市原市五井金杉の「二代目らーめん処 まるは 旬(しゅん)」にお邪魔しました・・・

住所は 市原市五井金杉1−7、JR内房線「五井」駅・西口ロータリーより北西方面に約600m進み、「市原マリンホテル」前の交差点を右折して、白金通を千葉方面に向かって約1.3km進んだ左側です・・・駐車場は少し先、左側の駐車場の利用が可能です・・・

習志野市大久保の「らーめん処 ○は」の流れを汲む、濃厚な鶏白湯ラーメンのお店です・・・



こちらが、二代目らーめん まるは 旬「濃厚鶏白湯味玉らーめん」です・・・

秋田・千葉のブランド鶏を強火で12時間炊き出したというスープはかなり濃厚で、鶏の旨味がたっぷり・・・コラーゲンも豊富だとの事ですので・・・私のお肌もツヤツヤに・・・w

スープの上には、卸し玉ねぎとガーリックチップ・・・濃厚な鶏白湯のスープにはピッタリではないかと・・・麺は中細と言うよりは、多少太めかと・・・もちろん、半熟味玉も美味・・・

チャーシューはバラ肉で、ボリュームは申し分なし・・・麺類を注文すると無料サービスとなるライスの上に乗せて、濃厚な鶏白湯のスープをかけて頂くと・・・泣くほど美味い!

唯一、ホウレン草が柔らかめな点が好みが分かれる所かもしれません・・・が、完成度の高いラーメンが頂けるという点に於いては、地域の方々も喜んでいらしゃるかと・・・

千葉・佐原の錦爽鶏(きんそうどり)を使った「唐揚げ」・・・次回は、それも狙おう・・・w

営業時間は 11:00〜15:00、17:00〜21:00(スープ切れの場合有)無休 です・・・

ぴかいちラーメンの「ぴかいちラーメン」・・・



勝浦市宿戸の「ぴかいちラーメン」にお邪魔しました・・・

住所は 勝浦市宿戸358、JR外房線「勝浦」駅より、小湊鐵道バス「大多喜車庫」行きに乗車し、「白木」停留所で下車してすぐの場所です・・・駐車スペースはかなり広め・・・

かん水を使わない自家製卵麺を使ったラーメンが頂けるお店です・・・



こちらが、ぴかいちラーメンの看板メニュー「ぴかいちラーメン」です・・・

かん水を使わずにホタテ貝のエキスや卵を練り込んだという自家製麺は、ほんの少し柔らかめです・・・プチッとした噛み応えが面白い、なかなか個性的な麺です・・・

澄んだ醤油スープは雑味が無く、とても親しみ易いスープだと思います・・・仄かな酸味と魚系の香りが感じられました・・・あっさりしている割には厚みが感じられます・・・ 

こちらの「角煮」は、豚バラ肉を干し椎茸・鰹節・鯖節・煮干し・アゴ・ホタテエキス・昆布・鶏丸・鶏ガラ・りんご・玉ねぎ・生姜等で3時間もかけて煮込んでいるとか・・・このホロリと煮崩れる柔らかさ・・・でもクドさが全く感じられず・・・ボリュームたっぷりの美味しい角煮です・・・

店内ではご夫婦で仲良く、のんびりとラーメンを作っていらっしゃる雰囲気が伝わって来て・・・でも決して手抜きではなく・・・それはラーメンを食べてみればお分かりかと・・・

勝浦の海を眺め・・・そして、朝市で買い物・・・その後でこちら・・・それっていいかも・・・

営業時間は 11:30〜20:30不定休です・・・

らーめん 方雅の「みそチャーシューめん」・・・


富津市押切の「らーめん 方雅」にお邪魔しました・・・

住所は 富津市押切73−3、上総湊の「湊」交差点より、国道465号線を鴨川方面に向かって東へ約4.5km進むと「押切」という場所で道路が「L字クランク」状に右に曲がりますが、そのすぐ先の交差点を左に曲がってすぐ左側・・・入口が瓦屋根のお店です・・・

店内はかなりの広さで、テーブル席の奥には小上がり席もあります・・・そして、メニューの種類はとても豊富で、17時以降は「揚げ物」等もメニューに並ぶようです・・・ 



こちらが、らーめん 方雅「みそチャーシューめん」です・・・

赤味噌がベースと思われるスープは親しみ易い味わいで、幅広い年齢の方々に美味しく味わって頂く事が大切・・・といったお店側のスタンスがしっかりと感じられる味です・・・加水率が高めの中細麺との相性もなかなか・・・なので、お昼時の店内は殆ど満席状態です・・・

そして、特筆すべきはこの「バラ肉チャーシュー」・・・厚さは2cm位はあるでしょうか・・・ご覧の通り、かなりのボリューム!・・・でも、これだけ厚みがあるのに、箸でつまみ上げるとホロリと崩れる柔らかさ・・・す、スゴイなァ・・・これだけでお腹がいっぱい・・・大満足っす・・・

お店のお姉さん方の、気さくで温かい接客も好印象・・・うん、また来ようっと・・・

定休日は 水曜営業時間は 11:00〜14:00、17:00〜21:00 (スープ・麺・チャーシューがなくなり次第終了) です・・・

らーめん 方雅の「チャーシューめん」・・・


富津市押切の「らーめん 方雅」にお邪魔しました・・・

住所は 富津市押切73−3、上総湊の「湊」交差点より、国道465号線を鴨川方面に向かって東へ約4.5km進むと「押切」という場所で道路が「L字クランク」状に右に曲がりますが、そのすぐ先の交差点を左に曲がってすぐ左側にあります・・・

店内はかなりの広さで、テーブル席の奥には小上がり席もあります・・・そして、メニューの種類はとても豊富で、17時以降は「揚げ物」もメニューに並ぶようです・・・ 



こちらが、らーめん 方雅「チャーシューめん」です・・・

シンプルな醤油味のスープは透明度が高く、チャーシューの煮汁をそのままカエシとして使っているものと思われます・・・そして、その上にはみじん切りの玉ねぎ・・・そう、これぞまさに「竹岡式」ラーメン・・・中細の麺も、比較的オーソドックスな印象が残ります・・・

そしてやはり、特筆すべきはこのバラ肉チャーシュー・・・厚さは2cm位はあるでしょうか・・・ご覧の通り、かなりのボリューム!・・・でも、これだけ厚みがあるのに、箸でつまみ上げるとホロリと崩れる柔らかさ・・・ううむ、これだけでお腹がいっぱい・・・大満足っす・・・

お店のお姉さん方の、気さくで温かい接客も好印象・・・うん、また来ようっと・・・

定休日は 水曜営業時間は 11:00〜14:00、17:00〜21:00 (スープ・麺・チャーシューがなくなり次第終了) です・・・ 
 

はらだの「つけめんチャーシュー」(2玉)・・・



勝浦市松野の「はらだ」にお邪魔しました・・・

住所は 勝浦市松野388、国道297号線(大多喜街道)「松野」交差点より大多喜方面に向かって約200m進むと左側に現れる細い路地へと入り、少し進むと右側にあります。現在はこの場所から移転してしまった「勝浦診療所」の跡地の手前になります・・・

ラー油の辛さを効かせた勝浦独特の「タンタンメン」(担々麺)が人気のお店です・・・

まずユニークなのが「お店の間取り」・・・建物の真ん中が「厨房」・・・そして厨房を挟むようにして、向かって左側が「ラーメン屋」・・・そして右側が「雑貨屋」・・・とまぁ、こんな間取りで・・・でも、雑貨屋のすぐ脇の小上がり席でラーメンを食べている方がいたりして・・・w

そして更に面白いのが「注文の方法」・・・初めて伺った私は、店内を覗いてみると、平日でありながらもほぼ満席・・・お店の外には数人の待ち人・・・でも、順番待ちの名前を書く紙はおろか、店外で注文を聞く人の姿も見えません・・・「はて、どうやって受付をするのだろう?」

そこで私は、お店の外で待っていた若い男性に伺った所・・・「お店の中に入って、厨房の女将さんに聞いてみるといいですよ」・・・と、笑顔で親切に教えて下さいました・・・m(_ _)m

言われた通りに、私は店内へお邪魔しました・・・そして厨房にいらした女将さんとおぼしき女性に人数を伝えた所・・・「1名なら、相席でよかったらそこに座っていてね・・・え〜と、注文は?」・・・私は何が何だか分からずに、とりあえずご年配のご夫婦と思しきお二人が食事をしていらっしゃる4人掛けのテーブル席のうちの1席に、ご承諾を頂いた後で腰掛けました・・・「私よりも先に待っていらっしゃる方がいるんだけど・・・いいのかなァ・・・?」

ここでの注文の方法は・・・まず始めに店内の厨房に行き、女将さんか他の従業員の方(この日は女性でした)に人数と注文するメニューを伝え、その人数が座れる席が空いた場合にはお店から呼ばれ、そこで初めて席に座る事が出来る・・・といった仕組みのようです・・・ですから、お店に初めてお邪魔した方が、何も知らずにお店の外で黙って待っていると、いつまでたってもラーメンとのご対面が出来ない危険性があるかも・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

・・・とは云っても、時々女将さんが外を覗いて、知らずに待っていらっしゃるであろう方々に親切に声をかけているから、その心配は少ないかもしれませんね・・・(((;-д- )=3 ホッ・・・



こちらが、はらだ「つけめんチャーシュー」(2玉)です・・・

麺は地元勝浦の製麺所による中細麺で、麺の茹で具合は比較的柔らかめです・・・その上には刻み海苔と、肉質がしっかりとしたタイプのチャーシューが5枚・・・

そして、何と言っても特筆すべきは・・・向こう側に鎮座している真っ赤な「つけダレ」!?
この真っ赤なつけダレの正体は・・・そう・・・あの「ラー油」・・・( ̄□ ̄;)ナント!!
そうなんです・・・なんと「ラー油」がたっぷりと使われた「つけダレ」・・・!

「さて、幹事長!・・・心の準備は出来ているかな・・・?」 ((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

では、いただきます・・・まず始めに麺を持ち上げて、真っ赤なつけダレに浸します・・・そして、真っ赤に染まった麺を、恐る恐る口の中へ・・・う、ウプッ・・・こりゃぁ辛いっ!!

ああ、よかった・・・麺を強く啜ると、たぶんラー油の影響で思いっきりむせて咳込んでしまっただろうなぁ・・・醤油ベースのつけダレは、ご覧の通りラー油で真っ赤・・・そしてつけダレの器の中には、ラー油で炒められた玉ねぎのみじん切りと挽き肉がたっぷり・・・いやぁ、スゴイなぁ・・・ズズッ・・・うん?・・・でも、思っていたよりも辛さがきつくないかも・・・なぜ?

その理由は、どうやら「玉ねぎのみじん切り」のお陰かな?・・・玉ねぎから染み出した野菜の自然な「甘み」が、ラー油の辛さを上手に緩和しているようです・・・う〜ん・・・こうしてみると、とても良く考えられたつけダレかもしれないなぁ・・・(それでも「辛い」けど・・・w)

食べ終えた後は、口の周りが痛くなります・・・が、また行きたくなってきちゃった・・・w

定休日は 火曜(不定休有)営業時間は 11:00〜18:30(麺切れで閉店)です・・・

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM