ラーメンショップ 大日店の「ネギラーメン」(中盛)と「煮たまご」・・・

 

四街道市大日の「ラーメンショップ 大日店」にお邪魔しました・・・

住所は 四街道市大日466−5県立盲学校のすぐ西側の大通りに面した場所にあり、創業は二十余年・・・大勢の方々から支持される人気のラーメンショップで・・・

 

 

こちらが、ラーメンショップ 大日店「ネギラーメン」(中盛)で、今回は「煮たまご」を追加・・・

 

スープはとてもバランスの良い豚骨スープです・・・くど過ぎず、でも物足りなさは感じられず・・・私にとっては味の濃さも丁度良く、非常に良く出来たスープだと思います・・・

麺は中細と言うよりも、ほんの少し細めの印象が残りますが、こちらのお店のスープとの相性はとても良い気がします・・・麺にしっかりと豚骨スープが絡んで・・・美味しい!

丼の上には、細かく刻まれた白髪ネギ・・・スープの熱でしんなりした部分は仄かに甘く、生に近い部分は辛く・・・ネギの様々な魅力が感じられます・・・ネギラーメン、最高!

その他は、肉質がしっかりしたタイプで、美味しいチャーシュー・・・そして、このスープに意外と合うのがワカメ・・・何と言うか、濃厚なワカメの味噌汁といった按配で・・・

 

今回は、カウンターの上で魅惑のボディーを晒し、我々を惑わす「煮たまご」をトッピング・・・どうですか、この色艶・・・固茹でですが、白身に味が染みていて・・・美味しい!

朝7時過ぎ、店内には数人の人影が・・・そしてお昼、店内はほぼ満席の状態・・・更に夕方、お昼程ではありませんが、半分ほどの席が埋まり、なかなかの盛況ぶりで・・・

 

良いお店の定義を一言で語る事は出来ませんが、ここは間違い無く「名店」です・・・

定休日は 日曜営業時間は 7:00頃〜21:00 です・・・


みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)の「元気豚の焼餃子」と「味噌らぁめん」(辛トッピング)・・・

 

香取郡多古町の「みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)」にお邪魔しました・・・

住所は 香取郡多古町3893−1、東関道「成田」ICより国道295号線へと入り、芝山鉄道沿いの道を八日市場方面に向かって進み、そこから国道296号線へと合流し、更に東に進み、エービン 多古店に面した「染井」交差点をそのまま直進し、千葉県道74号(多古笹本線)を更に東へ約800m進んだ左側で、JRバス関東「大原内」(だいばらうち)停留場の前です・・・店舗脇の敷地に広い駐車場がありますが、どうぞお静かに・・・

 

 

こちらが、みんなのらぁめんBAMBU「元気豚の焼餃子」です・・・

赤身に適度な筋間脂肪(サシ)が入り、肉質が柔らかくジューシーなのが「元気豚」の特徴で、品種・血統・飼育・飼料に拘り、厳しい基準を満たした物のみ出荷しているとか・・・素材の良さを活かす為、味付けは控えめ・・・素材の魅力+腕で勝負の一品・・・

 

餃子の皮が薄めで、焼き加減が丁度良く、香ばしい焦げ色が良い按配に付いているので、皮がパリッとしていて・・・餃子の中の具も、肉の旨味がぎっしりと詰まっていて・・・お酢とコショウで頂くと、肉の旨味がしっかり感じられて・・・お、美味し〜い!

 

このように餃子が美味しいお店は、それだけでも得した気分になりますね・・・

 

 

そしてこちらが、みんなのらぁめんBAMBU「味噌らぁめん」(辛トッピング)です・・・

鶏出汁をメインに、豚骨や魚介出汁を上手に併せた白濁スープは、圧力寸胴鍋で旨味を凝縮したスープだとか・・・濃厚で粘度が高めの、とても魅力的なスープです・・・今回は別料金で「辛トッピング」を追加しましたが、これがまた抜群の相性で・・・美味しい!

麺の上にトッピングされた「穂先メンマ」は殆ど味付けはしていない様子ですが、スープの個性が確立しておりますので、この方が美味しく頂ける気が・・・チャーシューには、しっかりと香ばしい焼き色が付いて・・・美味しいものは、最後の楽しみに・・・w


味噌らぁめん+辛トッピング・・・爽やかな辛さが後を引く、クセになる美味しさで・・・

 

 

テーブルの上の小さな箱には、髪の長い方が食べ易い様に、髪留めが用意され・・・

 

こういった気配りが出来るお店ですので、居心地がとても良いのでしょうね・・・

 

(私が自分勝手に解釈しておりますが、たぶん「髪留め」ですよね・・・?)

営業時間は 11:30〜15:00(LO 14:30)、17:30〜21:30(LO 21:00)定休日は 月曜・第4火曜(祝日の場合は翌日)です・・・


ゆで太郎 佐倉王子台店の「中華そば」と「カレールー」と「温泉玉子」・・・

 

佐倉市王子台のゆで太郎 佐倉王子台店」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市王子台6−26−10、京成線「臼井」(うすい)駅南口より南東方向に約200m進み、博全社臼井儀式殿の前の「臼井駅南口入口」交差点を右折し、国道296号線を東京方面に約700m進んだ左側で、駐車場は十数台程の広さです・・・

 

 

こちらが、ゆで太郎 佐倉王子台店「中華そば」「カレールー」「温泉玉子」です・・・
 

朱色の丼に満たされた円やかな味わいの醤油スープに漂うのは、プリッとした食感が心地良い中細のちぢれ麺・・・トッピングは、チャーシュー・メンマ・ワカメ・・・

 

ちなみに、中華そばのトッピングは煮玉子・メンマ・焼のり・チャーシュー・三陸わかめ・おつまみ3種盛り(チャーシュー・メンマ・煮玉子)等が別料金で可能です・・・

 

ま、待てよ・・・食券機で購入すれば「かき揚げ」をトッピングする事も可能ですし・・・「カレールー」を注文すれば「カレーラーメン」の完成!・・・と相成る訳で・・・

 

という訳で・・・今回はカレールーを追加注文して「カレーラーメン」を・・・そこに更に「温泉玉子」を加えて、カレーにコクをプラスしてちょっぴり贅沢な気分に・・・

 

温泉玉子ではなくて、生たまごでも良かったかも・・・でも、温泉玉子の円やかなコクがカレールーに加わり、これをラーメンの麺に絡めて頂く・・・これ、いいッス・・・

 

チェーン店のお蕎麦屋で、手軽にラーメンを頂く事が出来るのは有り難い・・・

営業時間は 7:00〜23:00 、無休 です・・・


珍来 米本店の「広島産 牡蠣豆乳タンメン」(期間限定)・・・

 

八千代市米本の「珍来 米本店」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市米本2163−2、千葉方面から国道16号線を柏方面に向かって北へ進み、右手に東葉高速鉄道「村上」駅やジョイフル本田・左手にドン・キホーテを眺めながら更に進み、道路が緩やかに左にカーブする「米本」交差点から約1km進んだ左側・新八千代病院入口手前で、千葉方面からは「道の駅やちよ」より手前です・・・

 

 

こちらは、珍来 米本店「広島産 牡蠣豆乳タンメン」(期間限定)です・・・
 

沢山の野菜を摂る事が出来るタンメンに豆乳を加えた「豆乳タンメン」は身体に優しいコクのある味わいが人気を呼び、2009年の初登場より多くの方々の支持を得ています・・・そしてこの冬、その豆乳タンメンに広島産の牡蠣が加わり、期間限定で新登場!
 

海のミルク「牡蠣」+豆のミルク「豆乳」の最高フュージョンを謳った店内のPOP広告には「豆乳タンメンに牡蠣を豆乳!じゃなくて投入(失笑)」の文字が・・・ううむ、一寸調子に乗っているぞ、珍来!・・・よし、そこまで言うのならオジサン注文しちゃうぞ!

 

私の席に運ばれてきた広島産 牡蠣豆乳タンメンはご覧の通り・・・予想以上に牡蠣が大きい!・・・2Lサイズの牡蠣が3つトッピングされていて、盛り付けも方も丁寧・・・そして丼をテーブルに置く際も、多忙にも関わらず丁寧に向きを揃える女性スタッフ・・・

 

綺麗にトッピングされた広島産の牡蠣は、2Lの名に恥じない存在感を示しており・・・お、美味しい!・・・身がしっかりしていて、食べ応えも文句無し!・・・身体に影響を及ぼす菌を失活させる条件で、加熱済みの春牡蠣のみを厳選して仕入れているそうで・・・

 

珍来製麺所製の太めのちぢれ麺は食べ応えがあり、嬉しい!・・・そしてタンメンと言えばやはり、キャベツ・人参・もやし・キクラゲ・ニラ・タケノコの野菜の存在を忘れてはなりませぬ!・・・強火で炒めた野菜は、心地良い歯応えや自然な甘さが魅力的で・・・

野菜の優しい旨味が、塩味のスープにいい按配に染み込み・・・そこに、豆乳の円やかな優しいコクが加わり・・・そして更に、広島産の牡蠣の濃厚な旨味がプラスされて・・・美味し〜い!・・・特に春牡蠣は、旨味成分のグリコーゲンを豊富に含むのだとか・・・


来年2月末迄の供給は難しい?・・・熱い御仁は急がれよ! ε≡≡((ε( o・ω・)o

営業時間は 11:00〜22:00(LO 21:45) 、無休 です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「ピリ辛みそ煮干つけ麺」(12/14、15、21、22の4日間:20食限定)・・・

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・


7周年の「魚介醤油らーめん 和屋」と、12周年の「千葉ラーメンをイタ車でGo!」を管理していらっしゃるらんちば氏とのコラボ企画で、4日間のみの限定メニューが登場・・・

その4日間とは、12/14(木)、15(金)、21(木)、22(金)・・・という事は・・・残す所、あと僅か!?・・・それも、1日20食のみ提供との事でして・・・Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン 

それでも、煮干しを中心としたスープに定評のある和屋さんの提供する「ピリ辛みそ煮干つけ麺」と聞いた日には、居ても立っても居られず、どうにか昨日伺う事が出来て・・・

 

開店の約10分前にお邪魔しましたが、お店の前には人影が・・・程なく開店となり、店内にお邪魔すると・・・ご主人と妹さん、お客さんに挨拶されるらんちば氏の姿が・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「ピリ辛みそ煮干つけ麺」(12/14、15、21、22の4日間:20食限定)です・・・
 

私の中では、和屋で味噌味のラーメンやつけ麺を頂いた記憶がございません・・・という事は、おそらく和屋にとっては初の試みなのではないでしょうか?・・・煮干しのスープとピリ辛の味噌との相性や如何に・・・期待と不安が入り混じった、何とも複雑な気分で・・・

 

細めのちぢれ麺は永福町大勝軒でお馴染み、昭和30年創業の老舗製麺所「草村商店」の麺です・・・細麺ですが、心地良い弾力が感じられます・・・トッピングは、チャーシュー・味玉・メンマ・青菜・ブロッコリー・プチトマトといった所かと・・・贅沢なラインアップ!

ピリ辛と言う名を冠した味噌味のつけダレは、程良い辛さが印象的な味わいで・・・どちらかと言えば、中華風の辛味と表現すれば良いかと・・・そう、担々麺の様なコクと辛さかな?・・・バランスが良いので、食後は岩ノリとネギが乗った「ちょい足しセット」が楽しみ!

程良く脂身があり、豚肉の持つ力強い旨味をしっかりと内包したチャーシュー・・・流れ出さない程度に半熟で、スープの味わいを壊さない程度に薄味の味玉・・・プチトマトは湯剥きで皮を取り除いてあるので、甘みが引き立ち・・・何とも良く考えられたトッピングで・・・

 

軽く茹でたブロッコリーは、つけダレの絡みが良い食材で・・・麺を食べ終えた後は、ピリ辛の味噌味のつけダレをそのまま「ちょい足しセット」のご飯の上に・・・つけ麺に浸して頂いても、ご飯の上からかけて頂いても丁度良い味わいと言うのが何とも不思議で・・・

いやぁ、美味しい!・・・残す所、本日のみ!・・・限定20食ですので、お早めに・・・

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


麺者屋 ちくわの「特製らぁめん」(味玉入り)・・・

 

富里市七栄の「麺者屋 ちくわ」にお邪魔しました・・・

 

住所は 富里市七栄646−135「フジキ薬局」富里店の道路を挟んだ向かい側です・・・

 

 

こちらが、麺者屋 ちくわ「特製らぁめん」(味玉入り)です・・・

 

ご覧の通り、綺麗に澄んだ清湯スープです・・・が、いざ頂いてみると深みが感じられる味わいで・・・所謂、最後まで飲み干したいタイプの魅力的なスープです・・・

 

スープの表面を、サニーレタスや玉ネギのざく切りが覆います・・・しっかりした旨味を内包したスープですので、予想以上に野菜との相性が良く・・・美味しい・・・

 

スープが程良く染みた玉ねぎが、これまた美味しい・・・レモンの輪切りも、スープに爽やかな酸味を与えてくれます・・・味玉の味付けが控えめで、これも嬉しい・・・

 

程良い焼き色が付いたチャーシューは、クドさが感じられない程度に脂身があり、ボリュームもなかなか・・・柔らかい歯応えが心地良い「穂先メンマ」も美味し〜い!

 

麺は定評のある菅野製麺所製の様で、加水率が低めと思しきストレートの中細麺・・・この麺と清湯スープとの相性がとても良く・・・(替え玉すれば良かった・・・)

 

私以外のお客さんは、会話から察するに殆ど常連さんの様で・・・店内には、良いお店特有の温かい雰囲気が・・・嗚呼、ここから遠くに住む私はちょっぴり不幸・・・w

 

ホワイトボードには、夜限定の魅力的な料理がズラリと勢揃い・・・またお邪魔しよう!

 

営業時間は 11:30〜14:00、18:00〜23:00定休日は 火曜 です・・・


ゆで太郎 佐倉王子台店の「中華そば」(コロッケ)・・・

 

佐倉市王子台のゆで太郎 佐倉王子台店」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市王子台6−26−10、京成線「臼井」(うすい)駅南口より南東方向に約200m進み、博全社臼井儀式殿の前の「臼井駅南口入口」交差点を右折し、国道296号線を東京方面に約700m進んだ左側で、駐車場は十数台程の広さです・・・

 

挽きたて・打ちたて・茹でたてに拘る蕎麦の専門店が、遂にこのメニューの販売を・・・

 

 

こちらが、ゆで太郎 佐倉王子台店「中華そば」(コロッケ)です・・・
 

朱色の丼に満たされた円やかな味わいの醤油スープに漂うのは、プリッとした食感が心地良い中細のちぢれ麺・・・トッピングは、チャーシュー・メンマ・ワカメ・・・

 

ちなみに、中華そばのトッピングは煮玉子・メンマ・焼のり・チャーシュー・三陸わかめ・おつまみ3種盛り(チャーシュー・メンマ・煮玉子)等が別料金で可能です・・・

 

ま、待てよ・・・食券機で購入すれば「かき揚げ」をトッピングする事も可能ですし・・・「カレールー」を注文すれば「カレーラーメン」の完成!・・・と相成る訳で・・・

 

コロッケは、お店の方が「揚げたてが宜しければ、少しお時間を頂きますが?」と訊ねて下さるので、時間が許す方は揚げたてをお願いしてみては如何かと・・・

 

今日もまた、12月末日まで使用可能な「無料トッピング券」を頂きました・・・

営業時間は 7:00〜23:00 、無休 です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「スペシャルつけめん」(並)・・・

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「スペシャルつけめん」(並)です・・・

細めのちぢれ麺は栄福町大勝軒でお馴染み「草村商店」製の無添加麺で、プッツリとした噛み応えが心地良い麺です・・・長ネギやチャーシュー片が入ったつけダレは、煮干しの個性を前面に出しながらも上品な味わいで、そのまま頂く事も可能です・・・

 

チャーシュー片は器の大きさの割には意外と量が入っている気が・・・う、嬉しい!・・・つけめんの場合は脂身が多い部分を意識して使っていらっしゃる様で、その影響で上品ながらも、以前よりも力強い味わいになっている様な気がします・・・

 

今回はスペシャルですので、更に麺の上にもチャーシューが・・・チャーシューは厚みの割には肉質が柔らかく、食感が心地良く・・・これまた美味しい・・・サービスでカボスが付いた場合には、食べている途中で麺の上からかけて頂くのがお勧め・・・
 

味付玉子の卵は、豊かな自然に囲まれた場所で育てられたニワトリが産んだ「とよんちのたまご」・・・抗生剤や抗菌剤は使用せず、カルシウムイオン水と自家配合の餌をたっぷりと食べたニワトリの卵からは濃厚な旨味が感じられ・・・美味しい!

 

上品で粘度が低めのつけダレですので、麺への絡み具合は他店ほど強く無い気がしますが、つけダレの器から立ち昇る魚介系の香りが、私たちの食欲をそそります・・・その他のトッピングは、ナルト・かいわれ・刻み海苔・岩海苔・・・そしてメンマ・・・

 

ご主人のからお話を伺いましたが、こちらのメンマは九州の専門店から取り寄ていて、4〜5日かけて丁寧に戻したメンマだそうです・・・上品な味付けですが、これがまた美味しい・・・素材に必要以上の味付けをしていないのが何とも嬉しいですね・・・


麺を食べ終えた後は、是非「スープ割り」をお願いしましょう・・・そば湯を供する際に使われる、小さな朱塗りの丸湯筒(ゆとう)に入れられて運ばれて来ます・・・千葉産・青森産の煮干しを中心としたスープですが、これがまた絶品の味わいで・・・

 

中盛・大盛も魅力的ですが、様々な具材を十分に堪能するのも乙なもので・・・

 

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)の「秋のクリーミー味噌つけめん」(限定)と「お土産チャーシュー1本」(プレゼント!?)・・・

 

香取郡多古町の「みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)」にお邪魔しました・・・

住所は 香取郡多古町3893−1、東関道「成田」ICより国道295号線へと入り、芝山鉄道沿いの道を八日市場方面に向かって進み、そこから国道296号線へと合流し、更に東に進み、エービン 多古店に面した「染井」交差点をそのまま直進し、千葉県道74号(多古笹本線)を更に東へ約800m進んだ左側で、JRバス関東「大原内」(だいばらうち)停留場の前です・・・店舗脇の敷地に広い駐車場がありますが、どうぞお静かに・・・

 

今日は秋季限定のつけめんを頂く為に、こちらにお邪魔しました・・・

 

 

こちらが、みんなのらぁめんBAMBU「秋のクリーミー味噌つけめん」(限定)です・・・
 

仄かにバジルが香るクリーミーな味噌スープのつけダレには豆乳が使われていて、頂いてみると、優しいながらも深いコクが感じられます・・・つけダレの器には、しめじ・さつまいも・ほうれん草がいっぱい入っていて・・・秋の魅力が満載のつけダレです・・・

 

そして、ボリューム満点のトッピングは何と云っても・・・香取市の「権兵弥のハム」さんの特製ベーコン!・・・スモーキーな燻製の薫りが何とも魅力的なベーコンで、そして何よりも脂の旨味が強い!・・・ベーコンの肉の旨味が、つけダレを更に最強の味に・・・

 

心地良い食感が嬉しい中太の麺に、コクのある味噌スープがしっかりと絡みます・・・お、美味し〜い!・・・麺は評判の高い京都市の製麺所「麺屋 棣鄂(ていがく)」製の卵未使用の麺・・・これは、アレルギーをお持ちのお子さん方へのご配慮だそうで・・・

少し辛めの味噌スープのつけダレの箸休めの役割を果たすのが、多古町の「もっこり農園」さんのさつまいも・・・失礼ながら、最初は店名はジョークかと思いましたが・・・さつまいもの味わいは冗談では無く、力強い甘さが何とも魅力的で・・・す、スゴイ!

 

個性的で魅力的な食材が勢揃いしているにも係わらず、それらがとても良いバランスを保っていて・・・〆は勿論、多古米のライスを注文し、つけダレの器に入れて頂きます・・・(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!! ・・・な、泣きそうな位に美味しい・・・

 

そして更に・・・今日はこれだけでは済まない、素晴らしいサプライズが・・・

 

 

こちらが、みんなのらぁめんBAMBU「お土産チャーシュー」(プレゼント!?)・・・
 

BAMBUさんのファンキー☆クラブ会員である私の下に、BAMBUさんから息子宛てに誕生日のお祝いの葉書が届きました・・・このバースデーカードを持参すると、スペシャルガチャに挑戦できるのですが・・・息子がガチャを回すと、バッジと一緒に一枚の紙が・・・

 

お店の方にお渡しすると・・・そこには何と!・・・「お誕生日おめでとう!!なんと!!!お土産チャーシュー1本プレゼント!」の文字が!?・・・

 

マァァァ━━━(゜Д゜;ノ)ノ━━━ジデェェェ!??

 

ご覧の通り、何とも食欲を刺激する色合いをした・・・これで殴打されて死んでも悔いは無い!と言っても決して過言では無い程の大きさのチャーシューで・・・そして更に、容器に入ったつけダレまで用意されて・・・美味しく頂く為の丁寧なレクチャーまで付いて・・・

 

す、すみません!・・・こんな大それたお土産を頂くとは!・・・手渡されたカミさんも、その重さにビックリ!・・・自宅に帰って重さを量った所・・・何と680g!?・・・美味しく頂く為の方法を丁寧に教えて下さる所に、食材に愛情を注ぐBAMBUさんらしさが垣間見え・・・

 

チャーシューは幸運によって有り難くゲット出来ましたが、他にも色々な種類が・・・

 

奥のテーブル席の壁には、懐かしい家族の写真が・・・この温かさが好きです・・・

営業時間は 11:30〜15:00(LO 14:30)、17:30〜21:30(LO 21:00)定休日は 月曜・第4火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「味付玉子らーめん」(中)・・・その6

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「味付玉子らーめん」(中)です・・・

お店の片隅に小さな黒板があり、そこには「本日の煮干」の文字が・・・それによると「カタクチイワシ」は香川(伊吹)・長崎・青森産だとか・・・試食の煮干しを頂くと伊吹産の煮干しは上品で、青森産は力強さが・・・最近は更に鳥取産の「アジ」の煮干しも・・・

スープの表面をしっかりと油が覆うので、スープが冷めにくいのも嬉しいですね・・・細めのちぢれ麺は、大勝軒でお馴染み・・・昭和30年創業「草村商店」製の無添加麺です・・・プッツリとした噛み応えが心地良く、こちらの魚介系スープとの相性も文句なし・・・

乾燥メンマを丁寧に戻したという歯応えの心地良いメンマは、スープに雑味を与えない味加減が何とも嬉しいですね・・・以前よりもボリュームが感じられる様になったチャーシューは、厚みの割には肉質が柔らかく、食感が心地良く・・・これもまた美味しい・・・

 

新しいトッピングは、カイワレから代わった小松菜・・・カルシウムが豊富で、栄養価が高いのも嬉しいですね・・・そして、ふんわりとした食感が心地良いとろろ昆布・・・食物繊維を豊富に含んだ健康食品です・・・昆布独特の香りと芳醇な優しい旨味が感じられ・・・

 

味付玉子の卵は、豊かな自然に囲まれた場所で育てられたニワトリが産んだ「とよんちのたまご」・・・抗生剤や抗菌剤は使用せず、カルシウムイオン水と自家配合の餌をたっぷりと食べたニワトリの卵からは濃厚な旨味が感じられ・・・これまた美味しい!

 

今年9月に7周年を迎え、8年目へと歩みを進めた和屋ですが、お一人での営業には限界があり・・・苦渋の決断により、10月より平日の営業時間が11:00〜16:00となります・・・が、営業時間だけがお仕事では無く、仕込みや清掃等、仕事は多岐に亘り・・・

 

平日の営業時間の変更は、10月から・・・という事は、平日夜の営業は今晩が最後・・・という事で、久し振りに夜の部にお邪魔しました・・・一人でも多くの方に召し上がって頂きたいというご主人が、この様な決断をなされたという事を考えると、少し胸が痛みます・・・

 

私は長時間の営業より、永い歳月の営業を願っております・・・無理なさらずに・・・

 

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM