魚介醤油らーめん 和屋の「冷し中華」(夏期限定)・・・その9

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「冷し中華」(夏期限定)です・・・

千葉(白子)香川(伊吹)産の煮干しや鰹節・鯖節等を使用し、化学調味料は不使用のスープです・・・魚介系の風味が豊かで、スープを最後まで美味しく頂く事が出来ます・・・

麺は「永福町大勝軒」でお馴染み「草村商店」製の無添加麺です・・・中細のちぢれ麺は、もちもちっとした食感が何とも心地良く・・・口当たりの良い、大変美味しい麺です・・・

チャーシューは焦げ目が無く、冷し中華のトッピングに合う様に調理されているのでは?・・・脂の部位はあるものの、クドさは無く、最後まで美味しく頂く事が出来ます・・・

 

麺にトッピングされている半透明の物は、柑橘系のジュレ・・・爽やかな酸味が魅力的ですが、例年よりも酸味を多少抑えているかも・・・その分、魚介系を強めに感じます・・・

 

私の乏しい経験の中の「冷し中華」のイメージは、くどい酸味と腰の無い麺・・・そんな宜しくないイメージを払拭してくれる、レベルの高い「冷し中華」だと私は思います・・・

 

スープを頂く事が出来る様に添えられたスプーンは、お盆に直接乗せられるのではなく、きちんと下に小皿が敷かれ・・・こういった心遣いにも、お店の姿勢が良く表れて・・・

 

スプーンが付くという事は、きちんと味わう事が出来るスープだという事で・・・冷たいスープが麺に絡む様、ラーメンと比較すると味付けは若干濃い目ですが・・・美味しい!


今年の冷し中華の提供はそろそろ終了との事・・・季節は夏から秋へ・・・

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)
定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)の「旨辛ネギ餃子」と「スタミナつけ麺」(限定:中盛・味玉)・・・

 

香取郡多古町の「みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)」にお邪魔しました・・・

住所は 香取郡多古町3893−1、東関道「成田」ICより国道295号線へと入り、芝山鉄道沿いの道を八日市場方面に向かって進み、そこから国道296号線へと合流し、更に東に進み、エービン 多古店に面した「染井」交差点をそのまま直進し、千葉県道74号(多古笹本線)を更に東へ約800m進んだ左側で、JRバス関東「大原内」(だいばらうち)停留場の前です・・・店舗脇の敷地に広い駐車場がありますが、どうぞお静かに・・・

 

 

そしてこちらが、みんなのらぁめんBAMBU「旨辛ネギ餃子」です・・・

赤身に適度な筋間脂肪(サシ)が入り、柔らかくジューシーなのが「元気豚」の特徴で、飼育方法や飼料等に拘り、厳しい基準を満たした物のみ出荷しているとか・・・

 

胡麻油をたっぷりと使い、特製銅板で焼き上げた餃子の表面には香ばしい焼き色が・・・そして餃子の上には、心地良い食感のラー油がトッピングされています・・・

 

カリッとした歯応えが心地良い、餃子の皮の焼き目・・・そして、ネギ特有の臭みが無い、堀澄氏の手による小ネギ・・・更に、爽やかな辛さのラー油とのコラボ・・・

 

変化球の餃子でありながらも、その完成度の高さに思わず唸ってしまう一皿で・・・

 

 

こちらが、みんなのらぁめんBAMBU「スタミナつけ麺」(限定:中盛・味玉)です・・・
 

ちょっぴり辛めで濃厚な旨味を含んだつけダレは、醤油魚介ベースだそうで・・・キャベツ・ニラ・もやし等の野菜がたっぷり入った、満足度の高いつけダレだと思います・・・

 

勿論野菜だけではなく、焦げ目の付いた香ばしいチャーシューもたっぷり入っていて・・・チャーシューは細かく刻んであるので、麺にしっかりと絡みます・・・お、美味しい!

 

麺は評判の高い京都市の製麺所「麺屋 棣鄂(ていがく)」製の卵未使用の太縮れ麺・・・これは、アレルギーをお持ちのお子さん方へのお店側のご配慮だそうで・・・

 

ニンニクが入っていますので、身体がポカポカと温まります・・・まだまだ残暑が厳しい時季ですが、冷房で参った身体にも良さげな一杯で・・・中盛で注文して大正解!

 

白しょうゆで味付けされた、上品な味わいが魅力的な「味玉」は、黄身が流れ出すギリギリの茹で加減で・・・スープに浸さずに、蓮華の上で頂きます・・・美味しい!

 

小さなお子様がいらっしゃるご家庭の方は、子供が落ち着かないとどうしても周囲の方に気を遣いますが・・・お店側の温かいご配慮があるので、どうぞご安心を・・・

 

繁盛していらっしゃるお店には、ひと言で語れない複数の要因があるのですね・・・

営業時間は 11:30〜15:00(LO 14:30)、17:30〜21:30(LO 21:00)定休日は 月曜・第4火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


らー麺 つけ麺 おぐりの「濃厚鶏白湯つけ麺」(2018. 9. 4〜7 限定)・・・

 

佐倉市王子台の「らー麺 つけ麺 おぐり」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市王子台3−26−12、京成線「臼井」(うすい)駅南口より南東方向に約200m進み、博全社臼井儀式殿の前の「臼井駅南口入口」交差点を右折し、国道296号線を東京方面に約500m進んだ右側・・・駐車場は、大通りから一本入った通り沿いにも・・・

 

 

こちらは、らー麺 つけ麺 おぐり「濃厚鶏白湯つけ麺」(2018. 9. 4〜7 限定)です・・・

 

麺量はお店側のご厚意に因り「つけ麺」普通盛り(200g)、中盛り(300g)、大盛り(400g)が無料サービスですが、最後まできちんと食べ切れる量を注文しましょう・・・

 

こちらのお店では初めての提供となる「濃厚鶏白湯」ですが、看板に偽り無しの濃厚な鶏白湯のつけダレです・・・魚粉の旨味と柚子と思しき爽やかな酸味も感じられて・・・

 

つけ麺の「中盛り」の麺の量は300gですので、私にとっては食べ応えは十分・・・船橋の山田食品(株)製の太麺は、つるんとした心地良い喉越しが魅力的な麺です・・・

 

熱々の鶏白湯のつけダレは、嫌みの無い濃厚さが魅力的です・・・つけダレの粘度が高いので、喉越しの良い太麺にもしっかり絡んでくれます・・・お、美味しい・・・

 

表面を軽く炙ってあるチャーシューは、ホロリと解れる柔らかさが嬉しい・・・デフォで付く味玉は、黄身が流れ出す程の茹で加減で、つけダレに円やかさを加え・・・

 

こちらのメニューは、本日が最後の提供で・・・ギリギリ間に合ったァ・・・


営業時間は 11:00〜翌1:00 、不定休(※正月休み有) です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「らーめん」(中)・・・その6

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「らーめん」(中)です・・・

お店の片隅に小さな黒板があり、そこには「本日の煮干」の産地が記されて・・・最近は香川(伊吹)・千葉産が多い様な気が・・・試食の煮干しを頂くと伊吹産の煮干しは上品で、千葉産は力強さが感じられます・・・時には鳥取産の「アジ」の煮干しも・・・


スープの表面を覆う油のお蔭で、スープが冷めにくいのも嬉しいですね・・・細めのちぢれ麺は、あの大勝軒でお馴染み・・・昭和30年創業「草村商店」製の無添加麺です・・・プッツリとした噛み応えが心地良く、こちらの魚介系スープとの相性も文句なし・・・

トッピングは、チャーシュー・ナルト・小松菜・とろろ昆布・・・とろろ昆布は宮城県産の荒削りとろろ昆布で、食べ進める上で味の変化を楽しむ事が・・・乾燥メンマを丁寧に戻したメンマは歯応えが心地良く、スープに雑味を与えない味加減が嬉しいですね・・・

 

化学調味料を使用せず、この味を生み出すには様々なご苦労がおありかと・・・

 

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


中華ソバ 篤々 TOKU-TOKUの「特製煮干しソバ」・・・

 

八千代市勝田台の「中華ソバ 篤々 TOKU-TOKU」にお邪魔しました・・・

 

住所は 八千代市勝田台1−5−27、京成本線・東葉高速線「勝田台」駅南口ロータリーより、線路沿いの道を上野方面に向かって約200m進み、「太陽の森勝田台マンション」奥の丁字路を左折して約40m進んだ左側です・・・車は近隣のコインパーキングへ・・・

 

 

こちらが、中華ソバ 篤々 TOKU-TOKU「特製煮干しソバ」です・・・

 

煮干し等の乾物の魅力を十分に活かしたスープは、優しいながらも深い味わいが感じられる美味しいスープで・・・(白醤油を使った「生姜煮干しソバ」も捨て難い・・・)

 

カエシの濃口醤油は、数種類の醤油をブレンドしているとか・・・そして、そのカエシをしっかり受け止めるのが、旨味を内包した味わい深いスープ・・・美味しさ必然!

 

中央のトッピングは、玉ねぎと三つ葉・・・玉ねぎにスープがじんわりと染みて、美味しい!・・・加水率が低めの細麺は、スープの魅力を十分活かしてくれる麺です・・・

 

低温調理のチャーシュ−に焦げ目が無いのは、繊細なスープに雑味を与えない為のご配慮かと・・・味付けが控えめの味玉も、ラーメンとの調和が取れている様に感じ・・・

 

海苔の間に挟まれているのが「たたみいわし」・・・魚介系の風味が強い食材ですが、芯が通ったスープとの相性は大変に宜しく、味わいの変化を楽しむ事が出来ます・・・

 

相変らず、良く考えられた・・・寸分の隙も無い、完成度の高い一杯だと思います・・・

 

定休日は 月曜(定休日が祝祭日の場合は翌日が振休)  営業時間は 11:00〜14:30、18:00〜20:00(スープがなくなり次第終了) です・・・


麺処 丹治の「味玉醤油ラーメン」・・・

 

佐倉市表町の「麺処 丹治(たんじ)」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市表町3−21−5 、JR「佐倉」駅北口より北へ約200m進み、「JR佐倉駅前」交差点を右折し、成田方面に向かって約400m進んだ右側です・・・駐車場は店舗脇に2台分と、道路の反対側・道路に面した側に数台分・・・店名のプレートの場所に駐車を・・・

 

 

こちらが、麺処 丹治「味玉醤油ラーメン」です・・・

 

鶏と魚介をベースとしたスープは、口当たりが優しくとても円やかで・・・でも、決して物足りなさは感じさせず・・・じんわりと旨味が口の中に拡がる・・・そんな味わいで・・・

 

このメニューに使われる麺は細麺で、北海道麦を素材とした自家製麺だとか・・・細いながらも、プッツリとした噛み応えが心地良い、とても魅力的な麺で・・・美味しい!

 

ご覧の通り、チャーシューは焦げ目が無いタイプで、繊細なスープに雑味を与えない為のご配慮かと・・・ボリュームがあり、ホロリと解れる柔らかさが魅力的で・・・

 

今回は「味玉」を追加しましたが、黄身がギリギリ流れ出す程度の茹で加減で、味付けが控えめなのが嬉しい・・・丁寧に戻されたメンマの心地良い食感も印象的で・・・

 

ご主人のお話によると、人気 癸韻蓮峽槐鯏鮠潴」だそうですが、本当は「醤油」や「塩」がお勧めだそうで・・・私は人気 癸 → 癸 → 癸 の順で頂く予定で・・・

 

私は「鶏白湯醤油」は未食ですが、おそらく醤油や塩よりも濃厚かと・・・まずはご主人お勧めの「醤油」と「塩」を十分に堪能し、その後で「鶏醤油」を頂こうかと・・・

 

丁寧に作られたラーメンとは、かくあるべき・・・そんなお手本の様な一杯で・・・

 

定休日は 水曜 営業時間は 11:30〜15:00、17:00〜21:00 (土・日・祝 11:30〜21:00)(スープが無くなり次第終了) です・・・


ラーメンショップ 大日店の「ネギラーメン」・・・その9

 

四街道市大日の「ラーメンショップ 大日店」にお邪魔しました・・・

住所は 四街道市大日466−5、県立盲学校のすぐ西側の大通りに面した場所にあります・・・創業三十余年・・・大勢の方々から支持される、人気のラーメンショップです・・・

 

 

こちらが、ラーメンショップ 大日店「ネギラーメン」です・・・

 

スープの方は、相変わらずバランスの良い豚骨スープで・・・くど過ぎず、且つあっさりし過ぎず・・・私にとっては味の濃さも丁度良く、非常に良く出来たスープだと思います・・・

麺は中細と言うより、ほんの少し細めの印象・・・が、こちらのお店のスープとの相性はとても良い気が致します・・・麺にしっかりと豚骨スープが絡んで・・・お、美味しい・・・

丼の上には、細かく刻まれた白髪ネギ・・・スープの熱でしんなりした部分は仄かに甘く、それ以外の部分は辛く、ネギの魅力が十分感じられます・・・ネギラーメン、最高!

ボリュームは普通ですが、何気に美味しいチャーシュー・・・そして、こちらのスープと相性が良いのがワカメ・・・何と言うか、濃厚なワカメの味噌汁といった按配でして・・・

 

更にこちらのお店には、具入りラー油や自家製ラージャンが用意されていて、お好みの辛さにカスタマイズ出来るのが有り難い・・・但し、入れ過ぎにはどうぞご注意を・・・

AM7:00過ぎ、カウンターにはお客さんの姿が・・・そしてお昼時、店内はほぼ満席状態で・・・そして夜、お昼程ではありませんが、店内はお客さんで賑わっています・・・

34年前の10月にオープンしたそうですので、腰の据わり方が違います・・・

定休日は 日曜営業時間は 7:00頃〜21:00 (※昼過ぎから17:00頃まで中休み)です・・・


らー麺 つけ麺 おぐりの「夏の終わりの恋する塩バターまぜそば」(2018. 8. 20〜23 限定)・・・

 

佐倉市王子台の「らー麺 つけ麺 おぐり」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市王子台3−26−12、京成線「臼井」(うすい)駅南口より南東方向に約200m進み、博全社臼井儀式殿の前の「臼井駅南口入口」交差点を右折し、国道296号線を東京方面に約500m進んだ右側・・・駐車場は、大通りから一本入った通り沿いにも・・・

 

 

こちらは、らー麺 つけ麺 おぐり「夏の終わりの恋する塩バターまぜそば」(2018. 8. 20〜23 限定)です・・・

 

こちらの通常メニューの「台湾まぜそば」は醤油ベースですが、こちらは初の塩ベース・・・食券機の「限定850」ボタンを押して食券を購入し、カウンター席に座ります・・・

 

まぜそばの麺の量は、300gが上限の無料サービスですので、300gでお願いしました・・・麺の下へ箸を入れ、塩ダレと太麺をがっつり混ぜて・・・では、頂きます・・・

 

塩ダレは太麺に負けない様、濃い目の味付けです・・・船橋の山田食品(株)製の太麺は、つるんとした心地良い口当たりが魅力的な麺です・・・食べ応えも文句無し!

 

そして温泉玉子をしっかりと混ぜれば、円やかなコクが麺に加わり・・・これまた美味しい!・・・更にバターを混ぜて・・・塩バター味って、何でこんなに美味しいの?

 

麺の上には、挽肉がたっぷりトッピングされ・・・ボリュームに関しても満足度が高く・・・カイワレは心地良い歯応えを、レモンは柑橘系の爽やかな酸味を与えてくれます・・・

 

こちらのメニューは、本日が最後の提供かと・・・皆様、急がれよ・・・


営業時間は 11:00〜翌1:00 、不定休(※正月休み有) です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「冷し中華」(夏期限定)・・・その8

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「冷し中華」(夏期限定)です・・・

千葉(白子)香川(伊吹)産の煮干しや鰹節・鯖節等を使用し、化学調味料は不使用のスープです・・・魚介系の風味が豊かで、スープを最後まで美味しく頂く事が出来ます・・・

麺は「永福町大勝軒」でお馴染み「草村商店」製の無添加麺です・・・中細のちぢれ麺は、もちもちっとした食感が何とも心地良く・・・口当たりの良い、大変美味しい麺です・・・

チャーシューは焦げ目が無く、冷し中華のトッピングに合う様に調理されているのでは?・・・脂の部位はあるものの、クドさは無く、最後まで美味しく頂く事が出来ます・・・

 

麺にトッピングされている半透明の物は、柑橘系のジュレ・・・爽やかな酸味が魅力的ですが、例年よりも酸味を多少抑えているかも・・・その分、魚介系を強めに感じます・・・

 

私の乏しい経験の中の「冷し中華」のイメージは、くどい酸味と腰の無い麺・・・そんな宜しくないイメージを払拭してくれる、レベルの高い「冷し中華」だと私は思います・・・

 

スープを頂く事が出来る様に添えられたスプーンは、お盆に直接乗せられるのではなく、きちんと下に小皿が敷かれ・・・こういった心遣いにも、お店の姿勢が良く表れて・・・

 

スプーンが付くという事は、きちんと味わう事が出来るスープだという事で・・・冷たいスープが麺に絡む様、ラーメンと比較すると味付けは若干濃い目ですが・・・美味しい!


今年の夏は、あと何回この「冷し中華」を頂く事が出来るだろうか・・・?

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)
定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


ラーメン ヨシベーの「肉味噌ゴマダレ冷やし担々麺」(夏季限定)と「滋養餃子」・・・

 

八千代市大和田新田の「ラーメン ヨシベー」にお邪魔しました・・・

住所は 八千代市大和田新田138−74、東葉高速鉄道「村上」駅より、八千代市役所の北側を通り船橋方面に向かって伸びる「新川大橋通り」と国道296号線「成田街道」が交わる丁字路に面した場所で、駐車場有・・・駅から徒歩では一寸厳しいかと・・・

 

 

こちらが、ラーメン ヨシベー「肉味噌ゴマダレ冷やし担々麺」(夏期限定)「滋養餃子」です・・・

焦げない様に注意しながら白ゴマを炒り、更に漢方を素材とした自家製ラー油と本場の黒酢等を加えたスープは、濃厚なゴマの風味と爽やかな辛さが魅力的です・・・

この担々麺に使われる麺は、香り發だ賤僂料肝格瓦鮖箸辰拭¬鵤隠磽輊の自家製の平打ち麺です・・・厚みが薄い割にはなかなかの歯応えで、個性的な麺です・・・

麺の上にはサニーレタスがたっぷりトッピングされ、更にその上には甘辛い味わいの「肉味噌」が乗り・・・辛いゴマダレのスープに甘辛い肉味噌・・・お、美味しい!

 

ゴマダレのスープは粘度が高く、しっかりと平打ち麺に絡み・・・辛くて美味しい!・・・そして甘辛い味付けの、ボリュームのある肉味噌・・・バランスが良い一品!


 手前の「滋養餃子」はその名の通り、漢方薬が使われている餃子です・・・豚肉・牛肉の他には、万能ネギ・ニラ・生姜・ニンニク等が使われ・・・スタミナが付くぞ!

 

ニンニクを使用しない、春雨入りの「ヨシベー焼餃子」もあります・・・


営業時間は 11:00〜23:00無休 です・・・


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM