魚介醤油らーめん 和屋の「つけめん」(並)と「味付けたまご」・・・

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「つけめん」(並)「味付けたまご」です・・・

細めのちぢれ麺は栄福町大勝軒でお馴染み「草村商店」製の無添加麺で、プッツリとした噛み応えが心地良い麺です・・・長ネギやチャーシュー片が入ったつけダレは、煮干しの個性を前面に出しながらも上品な味わいで、そのまま頂く事も可能です・・・

 

チャーシュー片は小さいながらも、器の大きさにしては意外と量が入っている気が・・・これは素直に嬉しい!・・・脂身が多い部分を意識して使っていらっしゃる様で、その影響で上品ながらも、以前よりも力強い味わいになっている様な気がします・・・

上品で粘度が低めのつけダレですので、麺への絡み具合は他店ほど強く無い気がしますが、つけダレの器から立ち昇る魚介系の香りが、私たちの食欲をそそります・・・トッピングは、ナルト・青菜・刻み海苔・・・それに、歯応えの心地良いメンマ・・・

 

丁寧に戻した歯応えが心地良いメンマは上品な味付けですが、これがまた美味しい・・・素材に必要以上の味付けをしていないのが何とも嬉しいですね・・・そしてこちらも、必要以上に味が濃い目では無い「味付けたまご」・・・これもまた美味しい・・・

麺を食べ終えた後に、絶妙のタイミングで運ばれて来るスープ割り・・・そば湯を供する際に使われる、小さな朱塗りの丸湯筒(ゆとう)に入れられて運ばれて来ます・・・千葉産・香川(伊吹)産の煮干しを中心としたスープですが、これがまた絶品の味わいで・・・

ワンタン麺の販売が終了し、そろそろあの「冷し中華」の販売が待ち遠しく・・・

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


みどり食堂の「Aセット」(半チャーハン+半ラーメン)・・・その5

 

四街道市大日の「みどり食堂」にお邪魔しました・・・

住所は 四街道市大日465、県立盲学校のすぐ西側の大通りをJR「四街道」駅方面に少し進んだ左側・・・洋服の青山 四街道店の隣になります・・・

 

 

こちらが、みどり食堂「Aセット」(半チャーハン+半ラーメン)です・・・

手前が「半ラーメン」ですが、半ラーメンの割には食べ応えがあり・・・スープの味わいは優しく、中細の麺はプリッとした心地良い歯応え・・・チャーシューは肉質がしっかりしたタイプで、素朴な味わいで・・・その他には、海苔・ナルト・メンマ・カイワレが・・・

その向こう側にはサラダと「半チャーハン」・・・厨房から鍋を振るう小気味良い音が聞こえると、自ずと期待が高まります・・・ハム・ナルト・玉子が入った懐かしいタイプのチャーハンですが、塩加減が絶妙で・・・レンゲで掬うと、ご飯がパラリと解れて・・・

いやぁ・・・相変らず美味しいなァ・・・お昼時はテーブル席だけでなく、カウンター席も殆ど満席状態で・・・ですから、座る場所を探すのもひと苦労・・・が、それだけ大勢の方々に支持されているという訳ですから、これはもう致し方ない・・・人気店の宿命・・・

値段が安くて美味しい・・・そしてこの落ち着いた雰囲気・・・ε-(´∀`*)ホッ​

定休日は 日曜営業時間は 11:00〜22:00 です・・・


みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)の「スタミナつけ麺」(限定)と「いちご牛乳ぷりん」・・・・・・

 

香取郡多古町の「みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)」にお邪魔しました・・・

住所は 香取郡多古町3893−1、東関道「成田」ICより国道295号線へと入り、芝山鉄道沿いの道を八日市場方面に向かって進み、そこから国道296号線へと合流し、更に東に進み、エービン 多古店に面した「染井」交差点をそのまま直進し、千葉県道74号(多古笹本線)を更に東へ約800m進んだ左側で、JRバス関東「大原内」(だいばらうち)停留場の前です・・・店舗脇の敷地に広い駐車場がありますが、どうぞお静かに・・・

 

 

こちらが、みんなのらぁめんBAMBU「スタミナつけ麺」(限定)です・・・
 

ちょっぴり辛めで濃厚なつけダレは、醤油魚介ベースだそうで・・・キャベツ・ニラ・もやし等の野菜がたっぷり入った、満足度の高いつけダレだと思います・・・

 

野菜だけでなく、焦げ目の付いた香ばしいチャーシューもたっぷり入っていて・・・チャーシューは細かく刻んであるので、麺にしっかりと絡み・・・美味しい!

 

麺は評判の高い京都市の製麺所「麺屋 棣鄂(ていがく)」製の卵未使用の太縮れ麺・・・これは、アレルギーをお持ちのお子さん方へのご配慮だそうで・・・

 

ニンニクが入っていますので、身体がポカポカと温まり・・・いやぁ、肌寒い日には嬉しいなァ・・・スープ割りは、わざわざ熱々にして供して下さいました・・・

 

スープ割りと言えども、決して手間を省かず・・・バンブーらしさが垣間見えます・・・

 

 

そしてこちらが、みんなのらぁめんBAMBU「いちご牛乳ぷりん」です・・・

 

山武市の「順子の苺園」さんのイチゴは、農薬を殆ど使用していないそうで・・・仄かな酸味と、新鮮なイチゴならではの優しい甘さとのバランスが絶妙で・・・

 

私個人の感想としては、プリンというよりはババロアのイメージに近いかも・・・だからこそ、イチゴ本来の甘さがしっかりと感じられるデザートだと思います・・・

 

こちらのデザートは季節限定かと・・・旦那、これは食べなきゃ損でっせ・・・

 

時々耳にする、お客様と奥様達との間で交わされる、ほのぼのした会話が好き・・・w

営業時間は 11:30〜15:00(LO 14:30)、17:30〜21:30(LO 21:00)定休日は 月曜・第4火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


中華ソバ 篤々 TOKU-TOKUの「本日の裏煮干し」(裏ニボ:限定)と「あえ玉」・・・

 

八千代市勝田台の「中華ソバ 篤々 TOKU-TOKU」にお邪魔しました・・・

 

住所は 八千代市勝田台1−5−27、京成本線・東葉高速線「勝田台」駅南口ロータリーより、線路沿いの道を上野方面に向かって約200m進み、「太陽の森勝田台マンション」奥の丁字路を左折して約40m進んだ左側です・・・車でお越しの際は、近隣のコインパーキングのご利用を・・・

 

 

こちらが、中華ソバ 篤々 TOKU-TOKU「本日の裏煮干し」(裏ニボ:限定)です・・・

 

運が良ければ頂けるという限定の中華そば・・・通称「裏ニボ」は、かなり濃厚な煮干しスープの中華そばで、この日の素材となる煮干しは背黒・平子・潤目(千葉産)と背黒(小:青森産)だそうで・・・黒板には「お好きな方だけどうぞ」という但し書きが・・・

 

私自身、裏ニボは初めての注文ですが・・・定評のある煮干しスープのお店ですので、心配は杞憂かと思い、こちらを・・・食券機の「限定A」のボタンを押して・・・せっかく濃厚な煮干しスープを頂くのですから、今日は「あえ玉」もお願いしてみましょう・・・

 

この時季は、希望すれば「柚子皮」を入れて下さるそうで、そちらもお願いします・・・ご覧の通り、煮干しの色が前面に出た、いかにも濃厚な煮干しスープです・・・が、いざ頂いてみると・・・確かに濃厚ですが、煮干しのクセは皆無で・・・こ、これは美味しい!

 

これだけ濃厚なのに、煮干しのクセが全く感じられず・・・煮干しの長所のみを増幅したかの様な・・・そんなスープだと思います・・・加水率が低めと思しき、菅野製麺所製の細麺との相性も良く・・・麺を噛みしめる楽しさが十分に味わえる麺だと思います・・・

 

トッピングは、低温調理されたと思しき、綺麗な色をしたチャーシュー・・・そして、玉ねぎのみじん切りに、薄切りのアーリーレッド・・・また、三つ葉に海苔・・・更に今回は、細かく刻んだ柚子が・・・これらを盛り付ける際のご主人の所作は、真剣そのもの・・・

 

スープと麺がしっかりと自己主張しながらも、バランスの良い一杯だと思います・・・

 

 

こちらが、中華ソバ 篤々 TOKU-TOKU「あえ玉」です・・・

 

こちらの主役は菅野製麺所製の細麺・・・そして、その魅力を支えるのは、濃厚な煮干しと醤油のカエシ・・・更に、水に晒した玉ねぎのみじん切りに三つ葉・・・更に、麺の上に帯状に振り掛けられた煮干し粉・・・可愛らしいあられも、丼に華を添えて・・・

 

食券機には「あえ玉」「生姜あえ玉」の2つが・・・ご主人に伺った所、あえ玉は「醤油煮干し」で、生姜あえ玉は「生姜煮干し」と、味わいは個々・・・特にソバに合わせる必要は無く、例えば「煮干しソバ」に「生姜あえ玉」でも、味の変化が楽しめるとか・・・

 

心地良い食感が魅力的な麺に、煮干しの風味が感じられる醤油のかえしがしっかりと絡み・・・相変らず美味しい!・・・途中でちょっぴり柚子酢をかけたり、山椒を加えたり・・・最後は煮干しのスープを・・・思った以上にボリュームもあり、大満足の一杯!

 

いつお邪魔しても、魅力的な一杯が頂けるというのは、大変に有り難い・・・

 

定休日は 月曜(定休日が祝祭日の場合は翌日が振休) 営業時間は 11:00〜14:30、18:00〜20:00(スープがなくなり次第終了) です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「ワンタン麺」(並・冬期限定)・・・その2

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「ワンタン麺」(並・冬期限定)です・・・

お店の片隅に小さな黒板があり、そこには「本日の煮干」の産地が記されて・・・最近は香川(伊吹)・千葉産が多い様な気が・・・試食の煮干しを頂くと伊吹産の煮干しは上品で、千葉産は力強さが感じられます・・・時には鳥取産の「アジ」の煮干しも・・・


スープの表面を覆う油のお蔭で、スープが冷めにくいのも嬉しいですね・・・細めのちぢれ麺は、あの大勝軒でお馴染み・・・昭和30年創業「草村商店」製の無添加麺です・・・プッツリとした噛み応えが心地良く、こちらの魚介系スープとの相性も文句なし・・・

トッピングは、チャーシュー・ナルト・小松菜・とろろ昆布・・・乾燥メンマを丁寧に戻したメンマは歯応えが心地良く、スープに雑味を与えない味加減が嬉しいですね・・・冬期限定「ワンタン」は、エビのプリッとした心地良い食感が魅力的で・・・お、美味し〜い!

 

確か・・・ワンタン麺は3月末頃迄の限定メニューかと・・・い、急がねば・・・


営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


らーめん 松信の「らーめん」(普通盛り)・・・その8

 

佐倉市鏑木町の「らーめん 松信」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市鏑木町491−2、JR「佐倉」駅北口より北へ約500m進み、国道296号線を右折して約200m進んだ左側、スーパーいなげやの手前です・・・

まず食券(麺の量・ヤサイ増しの有無を選択)を購入しその後「脂少なめ」「味薄め」を希望する場合は先にご主人に伝えて、直前にご主人に「ニンニク入れますか?」と訪ねられたら「脂多め」「味濃いめ」「ニンニクの有無」をご主人に伝えます・・・

 

 

こちらが、らーめん 松信「らーめん」(普通盛り:麺250g・ニンニク)です・・・

粘度が低めですので、一寸あっさりした印象の豚骨スープですが、物足りなさは感じさせず・・・バランスが良いので、つい飲み干してしまいたくなるのですが・・・ガマン!

 

歳が歳ですので、私は「脂少なめ」でお願いしていますが、この日は「ニンニク」コールのみ・・・平打ちの自家製麺に、良い按配に豚骨スープが絡みます・・・美味しい!

 

チャーシューは脂身が少なめなので、くどさが感じられないのが嬉しい・・・なかなか美味しいチャーシューです・・・スープに絡めて頂く「ヤサイ」も、これまた美味しい!

味の濃さといい、量といい、私の好みにピッタリ!・・・そして、安易にメニューを増やさず、常に「二郎インスパイア系」を提供し続ける・・・その潔さも大きな魅力で・・・

食後に丼をカウンターへ上げると、そこにご主人の笑顔が・・・また来よう・・・w

定休日は 火・水曜 、営業時間は 12:00〜14:00頃、18:00〜19:00頃 (材料切れで閉店) です・・・


夢天下(むてんか)佐倉本店の「春タンメン」・・・

 

佐倉市寺崎北の「夢天下(むてんか)佐倉本店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 佐倉市寺崎北2−3−7、JR「佐倉」駅北口より北へ約200m進み、「JR佐倉駅前」交差点を左折し、四街道方面に西へ約800m進んだ左側で、店舗の両側に駐車場があります・・・

 

化学調味料や添加物を一切使用しないスープには、煮干しが主な素材として使われている様で、まさに「無添加」・・・そしてスープや飲料水にはアルカリイオン水が使われているとか・・・

 

この日は、低カロリーの春雨を使った新メニューを頂きました・・・

 

 

こちらが、夢天下 佐倉本店「春タンメン」です・・・

 

タンメンに使われている細めのちぢれ麺を使わずに、低カロリーの春雨を使った新メニューだそうで・・・ラーメン好きでも、カロリーが気になる方には何とも嬉しい・・・

 

券売機でタンメンの食券を購入し・・・お店の方に食券をお渡しする際に「春タンメンでお願いします」と口頭でお伝えします・・・春雨のタンメンは初体験です・・・

 

先程も申しましたが、化学調味料や添加物は一切使用せず、スープの素材のメインは煮干し・・・煮干しに含まれるDHAは血液を綺麗にする効果が期待出来るそうで・・・

 

国産の野菜が500gも使われているというタンメンは、なかなかの食べ応えで・・・お値段が若干安い「野菜半分」というメニューも用意されていて、お店の心遣いが・・・

 

火の通り具合が絶妙で、野菜の仄かな甘さが十分に引き出されていると思います・・・煮干しがメインの軽く白濁したスープもクセがなく、美味しく頂く事が出来ます・・・

 

春タンメンには、ご覧の通り小海老が使われています・・・野菜は、キャベツ・人参・もやし・ニラ・きくらげ等・・・ボリュームがありますが、とても美味しいので完食!

 

意外とコシのある春雨は、程良くスープを吸い・・・これまた美味しい・・・野菜や春雨をほぼ食べ終え、丼の底の方のスープを頂くと、強い煮干しの風味が・・・

 

2人掛けテーブル席が4つに、4人掛けのテーブル席が3つ・・・カウンター席が10席・・・土日には、これらの席があっと言う間に満席に・・・人気店です・・・

 

お客さんが大勢いる割に、従業員さんの対応が丁寧で・・・名店の証!

 

営業時間は 11:30〜15:30(L.O.15:00)、17:00〜21:30(L.O.21:00) (土・日・祝 11:30〜21:30(L.O.21:00))不定休 です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「ワンタン麺」(並・冬期限定)・・・その1

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

寒さは苦手な私ですが・・・寒い季節、嬉しい事もあるものでして・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「ワンタン麺」(並・冬期限定)です・・・

お店の片隅に小さな黒板があり、そこには「本日の煮干」の産地が記されて・・・最近は香川(伊吹)・千葉産が多い様な気が・・・試食の煮干しを頂くと伊吹産の煮干しは上品で、千葉産は力強さが感じられます・・・時には鳥取産の「アジ」の煮干しも・・・


スープの表面を覆う油のお蔭で、スープが冷めにくいのも嬉しいですね・・・細めのちぢれ麺は、あの大勝軒でお馴染み・・・昭和30年創業「草村商店」製の無添加麺です・・・プッツリとした噛み応えが心地良く、こちらの魚介系スープとの相性も文句なし・・・

トッピングは、チャーシュー・ナルト・小松菜・とろろ昆布・・・乾燥メンマを丁寧に戻したメンマは歯応えが心地良く、スープに雑味を与えない味加減が嬉しいですね・・・冬期限定「ワンタン」は、エビのプリッとした心地良い食感が魅力的で・・・お、美味し〜い!

 

ワンタン麺は、3月までの限定メニューの予定で・・・皆様、お見逃しの無い様・・・


営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


らーめん 松信の「らーめん」(普通盛り・アブラ少なめ)・・・その4

 

佐倉市鏑木町の「らーめん 松信」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市鏑木町491−2、JR「佐倉」駅北口より北へ約500m進み、国道296号線を右折して約200m進んだ左側、スーパーいなげやの手前です・・・

まず食券(麺の量・ヤサイ増しの有無を選択)を購入しその後「脂少なめ」「味薄め」を希望する場合は先にご主人に伝えて、直前にご主人に「ニンニク入れますか?」と訪ねられたら「脂多め」「味濃いめ」「ニンニクの有無」をご主人に伝えます・・・

 

 

こちらが、らーめん 松信「らーめん」(普通盛り:麺250g・アブラ少なめ)です・・・

 

粘度が低めで、さらっとしたタイプの豚骨スープですが、カエシとのバランスが良い・・・親しみ易いスープなので、お客様の中には時々ご年配の方の姿もお見受けします・・・「アブラ少なめ」を注文しても美味しく頂く事が出来・・・~▽ヽ(*´ω`)人(*´ω`)ノ▽~

太めの自家製麺は一見柔らかめの茹で具合に見えますが、しっかりとした歯応えが感じられ、スープの絡み具合も良い按配で・・・美味しい・・・チャーシューは脂の乗りが良い割にはしつこさが感じられず、ご年配の方でも美味しく頂く事が出来ます・・・

スープの個性は一見控えめですが、決して物足りなさは感じられず・・・味は濃すぎず薄すぎず・・・相変わらずブレは感じられず・・・安易にメニューを増やさずに、常に一本筋の通った「二郎インスパイア系」を提供し続ける潔さもこのお店の魅力かと・・・

 

限定メニューが登場する訳でなく、同じ種類のラーメンを何年も提供しているにもかかわらず、客足が途切れず・・・平日の夜にもかかわらず、シャッター前に自ずと伸びる行列・・・これら全てが、このお店の魅力を如実に物語っている様な気が・・・

翌日は仕事でしたが、思わずニンニクコールを・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク

定休日は 火・水曜 、営業時間は 12:00〜14:00頃、18:00〜19:00頃 (材料切れで閉店) です・・・


ラーメンショップ 大日店の「ネギラーメン」(中盛)と「煮たまご」・・・

 

四街道市大日の「ラーメンショップ 大日店」にお邪魔しました・・・

住所は 四街道市大日466−5県立盲学校のすぐ西側の大通りに面した場所にあり、創業は二十余年・・・大勢の方々から支持される人気のラーメンショップで・・・

 

 

こちらが、ラーメンショップ 大日店「ネギラーメン」(中盛)で、今回は「煮たまご」を追加・・・

 

スープはとてもバランスの良い豚骨スープです・・・くど過ぎず、でも物足りなさは感じられず・・・私にとっては味の濃さも丁度良く、非常に良く出来たスープだと思います・・・

麺は中細と言うよりも、ほんの少し細めの印象が残りますが、こちらのお店のスープとの相性はとても良い気がします・・・麺にしっかりと豚骨スープが絡んで・・・美味しい!

丼の上には、細かく刻まれた白髪ネギ・・・スープの熱でしんなりした部分は仄かに甘く、生に近い部分は辛く・・・ネギの様々な魅力が感じられます・・・ネギラーメン、最高!

その他は、肉質がしっかりしたタイプで、美味しいチャーシュー・・・そして、このスープに意外と合うのがワカメ・・・何と言うか、濃厚なワカメの味噌汁といった按配で・・・

 

今回は、カウンターの上で魅惑のボディーを晒し、我々を惑わす「煮たまご」をトッピング・・・どうですか、この色艶・・・固茹でですが、白身に味が染みていて・・・美味しい!

朝7時過ぎ、店内には数人の人影が・・・そしてお昼、店内はほぼ満席の状態・・・更に夕方、お昼程ではありませんが、半分ほどの席が埋まり、なかなかの盛況ぶりで・・・

 

良いお店の定義を一言で語る事は出来ませんが、ここは間違い無く「名店」です・・・

定休日は 日曜営業時間は 7:00頃〜21:00 です・・・


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
  • 成田山の「紅葉」・・・その10
    幹事長 (12/03)
  • 成田山の「紅葉」・・・その10
    末吉 (12/02)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM