大勝軒 てつの「濃厚牡丹海老のつけ麺」(12/16(土)17(日)・1日50食限定)・・・

 

柏市藤ヶ谷新田の「大勝軒 てつ」にお邪魔しました・・・

住所は 柏市藤ヶ谷新田21、東武野田線「高柳」駅より約400m東に進み、「高柳駅入口」交差点を左折し、県道8号「船橋我孫子線」(船取線)を北に約1.2km進み、「沼南消防署高柳分署」を過ぎてすぐの十字路を右折して、国道16号線方面に向かって約1.8km進んだ左側です・・・国道16号線に面した場所で、広い駐車場があります・・・

 

今日は、大つけ麺博にて食数1位に輝いた「つけ麺」のアレンジ版(限定)を頂きに・・・

 

 

こちらが、大勝軒 てつ「濃厚牡丹海老のつけ麺」(12/16(土)17(日)・1日50食限定)です・・・
 

チャーシューは、煮豚(バラ)グリル(ロース)の2種類・・・今回選択したグリルチャーシューは、肩ロースを特製ダレに一晩漬けて、オーブンで焼き上げた逸品です・・・

 

今回は煮豚(バラ)を選択した場合はつけダレに沈んでいた様ですが、なかなかのボリュームで・・・カロリーが気になる私は、グリル(ロース)が正解だったかも・・・w

 

自己主張の強いもっちりした太麺に、牡丹海老の旨味が凝縮された濃厚なつけダレがしっかり絡む・・・何とも危険な魅力を帯びたつけ麺です・・・お・・・美味し〜い!

 

海老の風味が濃厚なつけダレは、甲殻類独特の深みのある旨みが魅力的で・・・このつけダレを持ち帰って、水炊きの鍋で火が通った白菜や油揚げを浸して食べたい・・・w

 

濃厚なつけダレからほんの少し顔を覗かせているのは、具がたっぷり入った海老のワンタン・・・みっちりと具が入っているので、つけダレから顔を出す事が出来ず・・・

 

この海老ワンタンが、これまたなかなかのボリュームで・・・よくぞここまで海老の身を入れたものだと、思わずうなり声が出そうな位の逸品で・・・お・・・美味しい!

 

今回は辛い揚げ玉が別の器で供されます・・・食べている途中でつけダレに入れれば、心地良い辛さが加わり、更にヒートアップ!・・・冷えた身体の芯から温まり・・・

 

食後は小さな保温ポットで運ばれて来たスープ割りを・・・熱いスープで牡丹海老のつけダレを割ると、牡丹海老の香りが立ち昇り・・・勿論、文句無しの美味しさで・・・

 

言うまでも無く・・・スタッフの方々の細やかな心配りは健在です・・・ヽ(*´∀`*)ノ

いやはや、贅沢の極み!・・・(※こちらは12/16(土)17日(日)のみの提供です)

営業時間は 11:00〜23:00 (スープがなくなり次第終了)不定休 です・・・


匠神 角ふじの「みそ麺」・・・

 

柏市柏の「匠神 角ふじ」(しょうじん かどふじ)にお邪魔しました・・・

住所は 柏市柏4−9−11、JR常磐線「柏」駅東口ロータリーより「サンサン通り」へ入る手前の交差点を左折し、柏そごう・線路沿いの道を茨城方面に向って直進して約200m進んだ左側・・・麺屋こうじグループのラーメン店です・・・

 

 

こちらは、匠神 角ふじ「みそ麺」です・・・

トッピングの野菜の量は、普通で200g・・・食べ切る事が出来れば、増し(600g)増し増し(1kg)も可能ですが、普通でもこのボリューム・・・勿論、文句無しの食べ応え!
 

野菜の上にトッピングされているのは、細かく刻まれた玉ねぎ・・・この薬味にスープが染みると、これまた美味しい・・・醤油漬けの刻みニンニクは、各自お好きな量を・・・

 

チャーシューの厚みは、おそらく5mm以上はありそう・・・それが2枚もトッピングされるのですから、こちらのボリュームも文句無し!・・・美味しいチャーシューです・・・

 

麺は極太のちぢれ麺で、こちらの食べ応えも文句無し!・・・多少芯を残した茹で加減の麺は、極太麺ならではの噛み応えが楽しめますが、箸で持ち上げるのが大変・・・

細かい背脂が浮いたスープの粘度は低めで、見た目よりも親しみ易いスープです・・・背脂のコクとバターの旨味がプラスされたスープが、極太麺に程良く絡みます・・・

 

別料金で「小ブタ」「バカブタ」を注文すれば、チャーシューが増量となりますが、こちらもかなりのボリュームになりますので、券売機を押す前に覚悟を決めましょう・・・w

 

こちらも、開店して早や10年以上の歳月が・・・あの頃はよくお邪魔したなァ・・・

営業時間は 11:00〜翌0:00不定休 です・・・


大勝軒 てつの「背脂煮干しらーめん」(期間限定・1日30食限定)と「半熟味玉」・・・

 

柏市藤ヶ谷新田の「大勝軒 てつ」にお邪魔しました・・・

住所は 柏市藤ヶ谷新田21、東武野田線「高柳」駅より約400m東に進み、「高柳駅入口」交差点を左折し、県道8号「船橋我孫子線」(船取線)を北に約1.2km進み、「沼南消防署高柳分署」を過ぎてすぐの十字路を右折して、国道16号線方面に向かって約1.8km進んだ左側です・・・国道16号線に面した場所で、広い駐車場があります・・・

 

 

こちらが、大勝軒 てつ「背脂煮干しらーめん」(期間限定・1日30食限定)「半熟味玉」です・・・
 

ご覧の通り、スープの表面には背脂がびっしりと浮いて・・・でも、いざ頂いてみると、その味わいのバランスの良さにビックリ!・・・ガツンとした煮干しの個性はしっかりと感じられるものの、予想以上に親しみ易い味わいで・・・正直言って、これはクセになりそう・・・

 

加水率は若干低めと思われる自己主張の強い太麺に、煮干しの旨味が凝縮されたスープがしっかりと絡んで・・・こ、これは美味しい!・・・インパクトはあるものの、この親しみ易い味わい・・・いやはや、何とも不思議で・・・スープが染みたざく切りの玉ネギが絶品!

 

チャーシューは、煮豚(バラ)グリル(ロース)の2種類・・・煮豚チャーシューは、豚バラ肉をスープで長時間煮込み、タレに漬け込んで味を染み込ませ・・・一方のグリルチャーシューは、肩ロースを特製ダレに一晩漬けて、オーブンでじっくり焼き上げた逸品・・・
 

表面に香ばしい焼き色が付き、ほろりと崩れる柔らかさが嬉しい煮豚チャーシュー・・・しっかりした食感を楽しむ事が出来、肉の旨味を十分に堪能出来るグリルチャーシュー・・・甲乙付け難いとは、まさにこの事・・・勿論、スタッフの嬉しい心配りは今日も健在・・・

 

スープにトッピングされている黒みがかった海苔は、岩海苔でしょうか?・・・仄かに立ち上る磯の香りが、これまた心地良く・・・この岩海苔が背脂煮干しのスープの個性に相殺されない点から見ても、このスープのバランスの良さが証明されているのでは・・・?


いやはや、大満足!・・・が、こちらの提供期間は残り僅かかと・・・諸君、急がれよ!

営業時間は 11:00〜23:00 (スープがなくなり次第終了)不定休 です・・・


大勝軒 てつの「濃厚魚介海老油そば」(期間限定〜6/20(火)・平日18:00〜・1日15食限定:中盛 200g)・・・

 

柏市藤ヶ谷新田の「大勝軒 てつ」にお邪魔しました・・・

住所は 柏市藤ヶ谷新田21、東武野田線「高柳」駅より約400m東に進み、「高柳駅入口」交差点を左折し、県道8号「船橋我孫子線」(船取線)を北に約1.2km進み、「沼南消防署高柳分署」を過ぎてすぐの十字路を右折して、国道16号線方面に向かって約1.8km進んだ左側です・・・国道16号線に面した場所で、広い駐車場があります・・・

 

 

こちらが、大勝軒 てつ「濃厚魚介海老油そば」(期間限定〜6/20(火)・平日18:00〜・1日15食限定:中盛 200g)です・・・
 

自己主張の強いガッツリ太麺に、甲殻類の旨味が凝縮された濃厚なタレがしっかりと絡んだ・・・何とも危険な魅力を帯びた油そばで・・・でも、味付けは見た目よりは意外と控えめで・・・ゆでもやしや玉ネギが、濃厚な味わいを程良く緩和しているのかも・・・

 

その優しさを逆手に取り、ここぞとばかりにこちらを責めて来るのが、トッピングされた揚げネギや粉チーズ・・・これらのトッピングは、味わいを更に濃厚にするだけでなく、魚介系の旨味に溢れたタレを自己主張の強い太麺にしっかりと絡めるという役割を果たし・・・

 

そして、これだけ食べ応えのある油そばを更にボリュームアップするのが、バラ肉のブロックチャーシュー・・・ご覧の通り、ブロックの名を冠するのは伊達ではございません・・・そして、これがまた肉質が柔らかくて・・・お、美味しい・・・やばい、負けそう・・・w

今回は更に、濃厚海老ダレが別の器で供されます・・・途中で加えれば、甲殻類特有の濃厚さが更にパワーアップ!・・・そして更に、山葵を加えればより刺激的な味わいに・・・お、恐るべし・・・勿論、スタッフの方々の嬉しい心配りは健在です・・・ヽ(*´∀`*)ノ

いやはや・・・大満足!・・・(※こちらのメニューは6月19日(月)・20日(火)のみの提供です)

営業時間は 11:00〜23:00 (スープがなくなり次第終了)不定休 です・・・


中華 みのりやの「カレーラーメン」・・・その3

 

我孫子市岡発戸の老舗ラーメン屋「中華 みのりや」にお邪魔しました・・・

住所は 我孫子市岡発戸556、JR成田線「湖北」駅北口より利根川方面に向かって北へ約300m進み、国道356線に出た所で左折し、柏方面に約1.5km程進んだ左側で、阪東バス「岡戸坂上」停留所の近所です・・・JR「東我孫子」駅からは、国道356線に出て右折し、木下方面に約1.6km程進んだ右側で、岡発戸は『おかぼっと』と読みます・・・

こちらのお店は、昭和43年(1968年)より営業していらっしゃる、地元の方々に長きに亘り親しまれている老舗のラーメン店です・・・ご主人は小岩の「源来軒」で修行をされたそうで、スープには豚・昆布・煮干し等の素材が使われており、昔ながらの懐かしいラーメンを供してくれます・・・常連の方々を筆頭に、大勢の方々がこちらのお店を訪れます・・・

 

実に2年ぶりの訪問ですので、正直営業をしていらっしゃるかも定かではなく・・・お忙しいでしょうから、特にご連絡はせず・・・恐る恐る伺ってみると・・・ご主人が赤い暖簾を掲げていらっしゃる最中で、まずはひと安心・・・お店の中にお邪魔すると、女将さんの「あら・・・久しぶり!」という元気な声が店内に響き・・・これでふた安心・・・ε-(´∀`*)ホッ

 

女将さんが仰るには・・・「ごめんなさい、今年の1月に50円値上げして・・・」と、さも申し訳なさそうに・・・でも、お話を伺った所、実に25年ぶりの値上げだったそうで・・・ご主人曰く「書き直すのが面倒」だったそうですが、壁に掲げられていた25年前の紙製のメニューは、壁から外す際は切れるというよりも、紙質が変化し「折れる」感じだったそうで・・・

 

でも、メニューを見る度に常連さんからは・・・「そろそろ値上げしなよ!」と言われていたそうで・・・それにしても、お客さんから値上げを勧められるお店というのもなかなかお目にかかれない気が・・・個人的には、私も値上げには賛成です・・・それでも、ラーメンが何と「500円」!・・・では、4年半ぶりにご主人、あの一杯をお願い致します・・・

 

 

こちらは、中華 みのりや「カレーラーメン」です・・・

豚・昆布・煮干し等を素材としたシンプルなスープの表面を、豚肉・人参・玉ネギが入った粘度の高いカレーが覆いつくしています・・・ご覧の通り、余分なトッピングを一切省いた・・・これぞまさに、正真正銘の「カレーラーメン」・・・こ、この一杯が食べたかった!

 

ストレートの細麺に、もったりとしたカレーのルーがしっかり絡みます・・・そのお蔭で、麺が重くてなかなか持ち上がりません・・・カレーの中には豚肉・人参・玉ネギがしっかり入っているのですが、カレーの存在感に圧倒され、具を確認する事が出来ません・・・

カレーがしっかりと絡み、重くなった細麺を、やっとの思いで口へと運び・・・では、頂きます・・・おお、これは!・・・これこれ、この味!・・・これぞまさに、みのりやの「カレーラーメン」!・・・実に4年半ぶりの対面ですが、良い意味で変わらない味で・・・

 

辛さは控えめで、スパイスも抑えめ・・・子供からお年寄りまで、幅広い年齢の方々が安心して頂ける・・・そんなカレーラーメンです・・・でも、麺を食べ終えた後のカレーが勿体ない・・・という方には、ライスを注文して上からカレーをかけて頂くのがお勧め・・・


ご主人のお話によると・・・出版社から取材の依頼があったそうですが、お二人とも高齢の為、この先いつまで営業出来るか分からないので、お断りしているとか・・・そして最近は、子供の頃にいらしたお客さんが大人になり、数十年ぶりに来店する事も・・・

25年ぶりに値上げした、半世紀近く営業するこちらは、常連さんが一番大事!

定休日は 月曜営業時間は 11:00〜14:00 です・・・


寺子屋 麺倶楽部の「塩らーめん」と「光麺」・・・その5

 

我孫子市東我孫子の「寺子屋 麺倶楽部」にお邪魔しました・・・

住所は 我孫子市東我孫子2−34−8、JR常磐線「天王台」駅南口より、我孫子郵便局方面へ真っ直ぐ南下し、我孫子郵便局を通り過ぎて、一つ目の交差点を過ぎてしばらく進んだ右側です・・・駅からは約700mで、店舗脇に3台分の駐車場があります・・・ 

 

 

こちらが、寺子屋 麺倶楽部「塩らーめん」です・・・

丼の中は、透明感のあるスープと麺のみ・・・強いて挙げれば、長ネギと白ゴマ・・・何とも潔い、至ってシンプルなラーメンです・・・これは、スープの繊細な味わいを他の具材によって邪魔させない様にという、ご主人の意図では?・・・まさに、スープと麺で勝負!

澄んだスープの味わいは、とても上品で・・・且つ非常に繊細ですが、その優しい味わいの中に、何とも奥深い・・・しみじみとした旨味を感じる事が出来ます・・・ああ、美味しい!・・・至福!・・・これぞまさに「黄金のスープ」と、私は勝手に呼んでいます・・・

スープと麺のみで供されるラーメン・・・まさに、ご主人の「自信の一杯」です・・・ 

 

 

そしてこちらが、寺子屋 麺倶楽部「光麺」です・・・

沙茶醤(サーチャージャン:材料は干し海老、魚の乾物、ニンニク、ネギ、唐辛子、上品な辛さが特徴の調味料)が乗った汁なし麺で、麺と沙茶醤を混ぜて頂きます・・・仄かに五香粉(ウーシャンフェン)の香りが・・・麺の味わいと醤の香りが魅力的な一杯です・・・


「塩らーめん」と「光麺」のお勧めの食べ方・・・

\茲剖,気譴襦岷らーめん」を頂く際、スープを半分ほど残しておく・・・

➁後から供される「光麺」を、半分ほどそのまま「汁なし」の状態で頂く・・・

➂「光麺」に「塩らーめん」のスープをかけて、趣の異なる味わいを堪能する・・・



麺もスープも至って上品なスタンスを保ちながらも、しなやかな力強さが感じられる・・・そこがこのお店のラーメンの一番の魅力ではないかと思います・・・ゆっくりと味わって頂くと、より一層その魅力が分かる・・・そんなラーメンではないかと私は思います・・・

他にもメニューはございますが、麺とスープをシンプルに堪能したい方には・・・

営業時間は 11:30〜14:00、17:30〜20:30(土・日・祝 11:30〜16:00、17:00〜20:00)定休日は 火・水曜 です・・・


寺子屋 麺倶楽部の「つけ麺」・・・その3

 

我孫子市東我孫子の「寺子屋 麺倶楽部」にお邪魔しました・・・

住所は 我孫子市東我孫子2−34−8、JR常磐線「天王台」駅南口より、我孫子郵便局方面へ真っ直ぐ南下し、我孫子郵便局を通り過ぎて、一つ目の交差点を過ぎてしばらく進んだ右側です・・・駅からは約700m・・・現在は店舗脇に3台分の駐車場があります・・・

 

 

こちらが、寺子屋 麺倶楽部「つけ麺」です・・・

自家製の極細麺は、細い割には意外としっかりとしたコシが感じられます・・・ご主人が茹で上げた麺を、女性が丁寧に水に晒します・・・器に盛る際の手際も良く、丁寧な仕事ぶりが伺えます・・・普通盛でも300gとの事なので、食べ応えに関しても十分に満足です・・・

つけダレの味は最初は濃い目に感じますが、食べ進めていく内に丁度良い気がしてくるのは何故?・・・つけダレの表面には「一味」が確認出来ます・・・器の中の「穂先メンマ」や「チャーシュー」の味付けは、繊細なつけダレに雑味を加えない程度に抑えられている気が・・・

麺もつけダレも上品なスタンスを保ちながらも、決してそこに弱さが感じられない・・・そこに仄かに垣間見える、ご主人の良い意味での頑固さが伺える様な気が・・・麺を食べ終えた後は、「スープ割り」をお願いしましたが、何とも滋味深い魅力的なスープで・・・美味しい・・・

カウンターの向こう側には、真剣な表情で鍋と対峙するご主人の姿が・・・そして、温かい接客を心掛けている奥様と思しき女性の姿・・・このお二人のお人柄が反映されるのでしょうか、こういった表現の方法が適切かどうかは分かりませんが、客層もどこか上品な気が・・・

いつもと変わらない味がそこにある・・・そんな大事な事を再認識させてくれるお店で・・・

営業時間は 11:30〜14:00、17:30〜20:30、(土・日・祝 11:30〜16:00、17:00〜20:00)定休日は 火・水曜です・・・


大勝軒 てつの「野菜つけ麺」(中盛・煮豚チャーシュー)・・・


柏市藤ヶ谷新田の「大勝軒 てつ」にお邪魔しました・・・

住所は 柏市藤ヶ谷新田21、東武野田線「高柳」駅より約400m東に進み、「高柳駅入口」交差点を左折し、県道8号「船橋我孫子線」(船取線)を北に約1.2km進み、「沼南消防署高柳分署」を過ぎてすぐの十字路を右折して、国道16号線方面に向かって約1.8km進んだ左側です・・・国道16号線に面した場所で、広い駐車場があります・・・



こちらが、大勝軒 てつ「野菜つけ麺」(中盛・煮豚チャーシュー)です・・・

自社製麺所から毎日届けられる太麺は、山岸氏オリジナルの小麦「誠麺」と北海道産の小麦をブレンドしたそうです・・・粉の配分や加水率等、様々な試行錯誤を経た上で完成した麺は、もちっとした食感と、つるっとした喉越しが心地良く・・・とても魅力的な麺です・・・

麺の量は「ラーメン」並(150g)、中(200g)、大(300g +100円)、特(400g +150円)、メガ(500g +200円)・・・「つけめん」並(200g)、中(300g)、大(400g +100円)、特(500g +150円)、メガ(600g +200円)で、中は無料サービスとの事で・・・

つけダレの器には、炒めたモヤシ・キャベツがたっぷり・・・豚骨魚介系の濃厚なつけダレは粘度が高めで、太麺にしっかり絡みます・・・ほんの少し甘さが勝った印象が残りますが、大勝軒の流れをしっかりと踏襲している証ではないかと・・・途中でお酢を加えても良し・・・

チャーシューは、煮豚チャーシュー(バラ)グリルチャーシュー(ロース)の中から選ぶ事が出来るという嬉しいサービスが・・・私が選んだ「煮豚」は、脂が乗った豚バラ肉をスープで長時間煮込み、その後タレに漬け込んで味を染み込ませた、柔らかさに拘った逸品で・・・
 
しかし・・・「野菜」の量がこれ程までに多かったとは、流石に食べ過ぎ・・・(* ̄◇)=3 ゲプッ

営業時間は 11:00〜23:00 (スープがなくなり次第終了)不定休 です・・・

大勝軒 てつの「野菜つけ麺」(中盛・グリルチャーシュー)・・・


柏市藤ヶ谷新田の「大勝軒 てつ」にお邪魔しました・・・

住所は 柏市藤ヶ谷新田21、東武野田線「高柳」駅より約400m東に進み、「高柳駅入口」交差点を左折し、県道8号「船橋我孫子線」(船取線)を北に約1.2km進み、「沼南消防署高柳分署」を過ぎてすぐの十字路を右折して、国道16号線方面に向かって約1.8km進んだ左側です・・・国道16号線に面した場所で、広い駐車場があります・・・



こちらが、大勝軒 てつ「野菜つけ麺」(中盛・グリルチャーシュー)です・・・

自社製麺所から毎日届けられる太麺は、山岸氏オリジナルの小麦「誠麺」と北海道産の小麦をブレンドしたそうです・・・粉の配分や加水率等、様々な試行錯誤を経た上で完成した麺は、もちっとした食感と、つるっとした喉越しが心地良く・・・とても魅力的な麺です・・・

麺の量は「ラーメン」並(150g)、中(200g)、大(300g +100円)、特(400g +150円)、メガ(500g +200円)・・・「つけめん」並(200g)、中(300g)、大(400g +100円)、特(500g +150円)、メガ(600g +200円)で、中は無料サービスとの事で・・・

つけダレの器には、炒めたモヤシ・キャベツがたっぷり・・・豚骨魚介系の濃厚なつけダレは粘度が高めで、太麺にしっかり絡みます・・・ほんの少し甘さが勝った印象が残りますが、大勝軒の流れをしっかりと踏襲している証ではないかと・・・途中でお酢を加えても良し・・・

チャーシューは、煮豚チャーシュー(バラ)グリルチャーシュー(ロース)の2種類の中から選ぶ事が出来るという、何とも嬉しいサービス・・・私が選んだ「グリル」は、肩ロースを特製ダレに一晩漬けて、オーブンでじっくり低温で焼き上げたという逸品・・・勿論、美味しい!
 
しかし・・・「野菜」の量がこれ程までに多かったとは、流石に食べ過ぎ・・・(* ̄◇)=3 ゲプッ

営業時間は 11:00〜23:00 (スープがなくなり次第終了)不定休 です・・・

大勝軒 てつの「濃厚煮干しらーめん」(3/25〜31限定・1日20食限定・中盛)・・・


柏市藤ヶ谷新田の「大勝軒 てつ」にお邪魔しました・・・

住所は 柏市藤ヶ谷新田21、東武野田線「高柳」駅より約400m東に進み、「高柳駅入口」交差点を左折し、県道8号「船橋我孫子線」(船取線)を北に約1.2km進み、「沼南消防署高柳分署」を過ぎてすぐの十字路を右折して、国道16号線方面に向かって約1.8km進んだ左側です・・・国道16号線に面した場所で、広い駐車場があります・・・
 
3/25(金)〜31(木)の7日間限定一日20食限定のメニューを頂きました・・・



こちらが、大勝軒 てつ「濃厚煮干しらーめん」(3/25〜31限定・一日20食限定・中盛)です・・・

豚ガラ・鶏ガラ・サバ節・煮干し等を丸1日・・・24時間以上強火で炊き込み、濃厚なスープを仕上げ・・・更にそこに追い鰹ならぬ「追い煮干し」を行い、煮干しを強くしたこちらのスープ・・・煮干しの個性が前面に出た、かなりインパクトの強い濃厚な煮干しスープです・・・

これだけ煮干しを使っているのですから、もう少し煮干しの苦みや臭みが強いイメージでしたが・・・そういった欠点は上手にクリアしている気がします・・・ぷっつりとした芯が感じられる、噛み応えが心地良い中太麺は、どうやら加水率が低めな気が・・・お、美味しい・・・

そして、特に私が感心したのは・・・チャーシューの上にトッピングされた、このみじん切りの「玉ねぎ」・・・軽く水に晒してある様ですが、この玉ねぎのみじん切りが、濃厚な煮干しの突出した個性を上手に緩和して・・・濃厚なスープを親しみ易くしている様な気がします・・・

今回のチャーシューは、国産豚の肩ロース肉の「低温チャーシュー」がトッピングされます・・・低温チャーシューは、断面が仄かにピンク色で、しっかりした歯応えが魅力的で・・・レアな感じが苦手な方は、バラ肉の煮豚チャーシューに変更する事も可能だそうです・・・

メニューには、「煮干しが苦手なお客様にはオススメ出来ません」の但し書きが・・・確かに、それだけ煮干しの個性が突出した一杯ですが、私は煮干しの魅力を十分堪能させて頂きました・・・言うまでも無く、スタッフの方々の嬉しい心配りは健在です・・・ヽ(*´∀`*)ノ

いやはや・・・大満足!・・・(※こちらのメニューは3月31日(木)迄の7日間の提供です)

営業時間は 11:00〜23:00 (スープがなくなり次第終了)不定休 です・・・

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM