らぁめん つけめん 粋やの「生姜鶏白湯らぁめん」(期間限定)・・・

 

千葉市中央区都町の「らぁめん つけめん 粋(いなせ)や」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市中央区都町3−21−4、京成千原線「千葉中央」駅方面より国道126号線(東金街道)を坂月方面に向かって進み、都町五差路の約300m手前の右側です・・・向かい側には「ヤックスドラッグ千葉都町店」があり、駐車場は店舗前に3台分と、店舗脇の道路を少し進んだ右側に4台分用意されています・・・

 

 

こちらが らぁめん つけめん 粋や「生姜鶏白湯らぁめん」(期間限定)です・・・

 

鶏白湯にしょうがを併せ、鶏挽肉の生姜煮をトッピングしたという・・・聞いただけでも身体の芯からポカポカと温まりそうな・・・冬にはもってこいのメニューですね・・・

 

こちらのお店は細麺・太麺を選ぶ事が出来ますが、このメニューは加水率が低めのストレート細麺の様です・・・ぷっつりとした食感が心地良い細麺だと思います・・・

 

鶏挽肉の生姜煮の味付けは控えめですが、その方が濃厚な鶏白湯スープの味わいが引き立つ気が・・・そしてご覧の通り、卸し生姜もしっかりトッピングされて・・・

 

鶏白湯スープは非常に濃厚で、細麺にしっかりと絡んでくれます・・・ですので、青じそをトッピングしても風味を損なわずに、味の変化を楽しむ事が出来ます・・・

 

ご店主と思しきお店の方に伺った所・・・こちらの生姜鶏白湯らぁめんは、年内は頂く事が可能との事で・・・ただし、来年については現在の所は考え中との事・・・

 

鶏白湯スープが染みたみじん切りの玉ねぎ・・・これがまた美味しい!

 

営業時間は 11:30〜23:00 (日・祝 11:30〜20:00)定休日は 月曜 です・・・


松戸富田製麺 (ららぽーとTOKYO-BAY)の「濃厚特製つけ麺」(220g)・・・

 

船橋市浜町の「ららぽーとTOKYO―BAY」南館の「松戸富田製麺」にお邪魔しました・・・

 

住所は 船橋市浜町2-1-1「ららぽーとTOKYO―BAY」の南館1Fです・・・

 

食券機で食券を購入後、お店の方に席に案内され・・・着席後、お店の方に食券をお渡しする際「チャーシューはレアのタイプでも大丈夫ですか?」と訊ねられましたので「大丈夫です」とお答えしました・・・苦手な方もいらっしゃるので、この様に訊ねるのでしょうね・・・

 

 

こちらが、松戸富田製麺(ららぽーとTOKYO-BAY)「濃厚特製つけ麺」(220g)です・・・

 

麺は国産小麦のみを素材としているそうで、ご覧の通り濃い茶色をした太麺です・・・しっかりとしたコシがあり、口当たりは滑らか・・・とても魅力的な自家製麺です・・・低温調理と思しきチャーシューはレアタイプで、柔らかい鶏肉と歯応えのある豚肉の2種類・・・

 

チャーシューの味付けはどちらも薄めで、これは濃厚なつけダレに浸して頂く事を前提として作られているのではないかと・・・味玉は黄身が流れ出さない程度の半熟で、程良い味付けが印象的・・・豚骨魚介スープをベースとしたつけダレは超濃厚で、粘度は高め・・・

 

粘度がかなり高めのつけダレですので、自家製の太麺にしっかりと絡んで行きます・・・刻んだ柚子の仄かな香りが良いなァ・・・スープ割りは小さめの保温ポットで供されますので、好みの濃さにしてつけダレを頂く事が出来ます・・・総じて完成度が高い・・・

 

退店時には、お店の方が出口まで丁寧なお見送りを・・・も、申し訳ない・・・

 

営業時間は 11:00〜22:00 定休日は「ららぽーとTOKYO―BAY」に準ずる です・・・


らぁめん つけめん 粋やの「味噌らぁめん」・・・

 

千葉市中央区都町の「らぁめん つけめん 粋(いなせ)や」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市中央区都町3−21−4、京成千原線「千葉中央」駅方面より国道126号線(東金街道)を坂月方面に向かって進み、都町五差路の約300m手前の右側です・・・向かい側には「ヤックスドラッグ千葉都町店」があり、駐車場は店舗前に3台分と、店舗脇の道路を少し進んだ右側に4台分用意されています・・・

 

 

こちらが らぁめん つけめん 粋や「味噌らぁめん」です・・・


粘度が高い濃厚な鶏白湯スープをベースとした、力強い味わいが魅力的な味噌ラーメンです・・・玉ネギのみじん切りの横には、フライドオニオンがトッピングされ・・・

 

軽く茹でたキャベツにはマー油が回し掛けられていて、これがスープに香ばしい風味を与えて・・・鶏白湯スープが濃厚なので、これらをしっかり受け止めています・・・

 

トッピングされたチャーシューは、柔らかい肉質とジューシーな味わいが魅力的な鶏チャーシューと、軽く焦げ目を付けた香ばしい肩ロースのチャーシューの2種類・・・

 

こちらのお店は細麺・太麺を選ぶ事が出来ますが、このメニューは太麺・・・とは言っても、ちぢれが入った平打ち麺と表現した方がイメージに近いかもしれません・・・

 

こうして味わってみると、味噌ラーメンにはやはり太麺が相性が良い気がします・・・つるんとした口当たりの良さが印象的な平打ちのちぢれ麺に程良くスープが絡み・・・

 

力強さの影に、仄かに繊細さが垣間見え・・・このお店の魅力の一部かと・・・

 

営業時間は 11:30〜23:00 (日・祝 11:30〜20:00)定休日は 月曜 です・・・


中華そば 青葉(東武百貨店 船橋店)の「ずんだ風つけめん」(期間・数限定)・・・

 

船橋市本町の「東武百貨店 船橋店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 船橋市本町7−1−1、東武「船橋」駅やJR総武本線「船橋」駅のすぐ目の前です・・・

 

この日は、B1Fのお店で買い物をする為にお邪魔しました・・・買い物を済ませ、何気なくぶらぶら歩いていると・・・偶然、B1Fの4番地に「中華そば 青葉」の店舗を見つけ・・・

 

券売機近くの看板を見ると、開店は10:30との事・・・開店まで時間があるので、船橋駅周辺を散策し・・・開店して間もない時間にお邪魔すると、既に数人のお客様が・・・

 

平日のお昼時までまだ時間があるというのに、もうお客様の姿が・・・そして券売機には「ずんだ風つけめん太麺・期間および数限定」の文字が記されたポスターが・・・

 

これにしましょう・・・券売機で食券を購入し、カウンター席に腰掛けて待ちます・・・

 

 

こちらが、中華そば 青葉(東武百貨店 船橋店)「ずんだ風つけめん」(期間・数限定)です・・・

 

奥の器に盛られたのが、ずんだ風の太麺です・・・ほうれん草を練り込んだ「翡翠麺」の様な色合いです・・・枝豆の風味はさほど感じず、色合いを楽しませて頂きました・・・

 

太麺と言うよりも平打ち麺に近い麺は、つるんとした口当たりが印象的で・・・つけ汁は、鰹節・鯖節・煮干し等の魚介系と、豚骨・鶏ガラ等の動物系を併せたWスープ・・・

 

こちらのスープはさほどクセが無く、親しみ易いのが魅力的ですね・・・万人受けしそうな、基本に忠実な味わいだと思います・・・柔らかいチャーシューが美味しい・・・

 

余分な脂を取り除いている影響か、クドさが感じられない美味しいつけ麺で・・・

 

営業時間は 11:30〜20:30(LO 19:30) ※日〜19:30(LO 18:30)不定休 です・・・


屋台拉麺 一’s 稲毛本店の「 一’sセット」(M:牛骨塩ラーメン+すじこん飯M)・・・

 

千葉市稲毛区の「屋台拉麺 一's」(いちず)稲毛本店 にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市稲毛区小仲台2−3−3、JR総武線「稲毛」駅を下車し、東口から駅前ロータリーへ出て右側へ進み、千葉銀行稲毛東口支店の手前の一本目の路地を右折し、少し進むと左側にあります・・・

 

 

こちらが、屋台拉麺 一’s 稲毛本店「一’sセット」(M:牛骨塩ラーメン+すじこん飯 M)です・・・

 

 一’sの看板メニューと言えば、やはりこの「牛骨塩ラーメン」・・・あっさりしたスープですが、決して物足りなさは感じられず・・・しっかりした旨味を内包した、とても魅力的なラーメンです・・・そしてそのスープをきちんと受け止めるのが、この細麺・・・美味しい!

 

スープの旨味が染み込んだ白髪ネギと、牛骨スープに仄かな風味を与えてくれる青じそ・・・トッピングの野菜たちも、きちんと名脇役を演じております・・・表面にしっかりと焼き色が付いたチャーシューも、程良いほぐれ具合で・・・おっと、スープを少し残して・・・

 

その理由は、奥の「すじこん飯」・・・じっくり煮込んだ柔らかい牛スジとこんにゃくを、甘辛いコチュジャンダレで味付けした魅力的な一品・・・このご飯を半分ほど楽しんだ後、旨味をたっぷり内包した牛骨塩ラーメンのスープをかけて・・・美味しい「おじや」の完成!

 

柔らかく解れた牛スジに、スープがじんわり染みて・・・これでご飯を頂く・・・至福!

 

3月より2階で「焼肉Dining 一's」の営業が始まり・・・(どちらに行くか迷う・・・w)

 

営業時間は 11:30〜14:30、17:30〜24:00(金 〜25:30) (土 11:00〜25:30、日・祝  11:00〜24:00、祝前日は25:30まで営業)不定休 です・・・


中華そば 亀喜屋の「油そば」(並)・・・

 

千葉市若葉区上泉町の「中華そば 亀喜屋」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市若葉区上泉町616−4、車以外での訪問は困難と思われる場所で、入口は道路から向かって右側・・・カウンター席が10席に、奥に4人掛けのテーブル席と小上がり席があります・・・お冷やはセルフですが、熱いおしぼりがあるのが嬉しい・・・

 

 

こちらが、中華そば 亀喜屋「油そば」(並)です・・・
 

トッピングは、海苔・チャーシュー・メンマ・長ネギ・玉ネギ・ショウガの千切り・生卵といったラインアップです・・・食べ応えのある中太麺は、麺箱から察するに、どうやら浅草開花楼製の様で・・・麺の底の方に箸を入れ、思いっ切りかき回してから頂きます・・・

 

おお・・・味付けはさほど濃い目ではなく、思っていたよりも食べ易い味わいだと思います・・・最初から生卵が入っているので、そう感じるのかも知れません・・・では、麺を海苔で巻いて、千切りのショウガを挟んで頂きます・・・これがなかなか美味しい!

 

勿論、麺だけを頂いても十分に美味しいのですが・・・せっかく海苔とショウガがトッピングされているのですし、この様に食べてもちょっぴり面白いのでは?・・・そして、タレが染みた長ネギの小口切りや玉ネギのみじん切りも、これまた美味しい・・・

 

麺の上に2枚トッピングされた香ばしいチャーシューは脂身が少なめで、肉質がしっかりしたタイプです・・・チャーシューの厚さは、厚い部分は多分5〜6mmはあろうかと・・・かなりの食べ応えがあり、なかなかのボリュームでございます・・・

 

お店の場所は、はっきりと申し上げて車以外の訪問はなかなか難しい場所だと思います・・・が、ご主人を始めとするお店の方々の努力次第で、ここまで繁盛する事が出来る!・・・そういったお手本となる様な、そんな魅力のあるお店です・・・

材料切れで早めに閉店する場合もあるので、ご来店の際はSNS等でご確認を・・・

営業時間は 11:00〜17:00 定休日は 月曜(祝日の場合は翌日) です・・・


(麺)並木商事GRANDEの「カレーラーメン」(限定)・・・

 

千葉市若葉区若松の「(麺)並木商事GRANDE」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市若葉区若松531−200総武本線「都賀」駅西口より、西へ約450m進み、県道64号線「佐倉街道」と交わる「都賀駅西口入口」交差点を右折して、県道64号線「佐倉街道」を四街道方面に約1.1km進んだ左側で、駐車場は21台分と広めです・・・

 

 

こちらが、(麺)並木商事GRANDE「カレーラーメン」(限定)です・・・ 

 

程良く濃厚ですが意外と親しみ易く、バランスの良い白湯スープのラーメンがメインで・・・更にその上にカレーやざく切りの玉ねぎやフライドガーリックがトッピングされます・・・そして更に、チャーシューの代わりに鶏胸肉が2枚トッピングされます・・・

 

加水率が低めと思しき中細麺は、全粒粉の麺の様です・・・白湯スープとの絡みも良く、歯応えも心地良い麺だと思います・・・カレーの味付けは辛さが突出したものではなく、程良くマイルドで程良くスパイシー・・・ざく切りの玉ねぎと一緒に頂きます・・・

 

玉ねぎとカレーの相性が良く、大きめのざく切りの玉ねぎを美味しく頂く事が出来ます・・・香ばしいフライドガーリックが食欲を刺激し・・・お、美味しい・・・予想以上にジューシーで柔らかい鶏胸肉以外にも、大きめのチャーシュー片が沈んでいます・・・

自虐的なご店主のコメント「お下品カレーラーメン」・・・いやいや、良く出来ています・・・

営業時間は 11:30〜22:00(LO)年中無休 です・・・


かじろう ramen7の「つけ麺 小」(生玉子・ニンニク)・・・

 

千葉市若葉区都賀の「かじろう ramen7」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市若葉区都賀3−25−7、総武本線「都賀」駅東口より、「若葉区役所」方面に向かって進み、2つ目の信号のある「家具のかねたや」前の交差点を左折して、約100m進んだ左側にあります・・・駐車場はありませんので、コインパーキングのご利用を・・・

食券購入後、まず始めに「麺半分」「麺少な目」「麺かため」「味うすめ」「野菜」(マシ・マシマシ)を注文の方は、食券を渡す際にお店の方に伝え・・・そしてラーメンが運ばれる少し前に、お店の方に訊ねられたら「ニンニク」「アブラ」「カラメ」(味濃いめ)を伝えます・・・

 

現在は火曜〜土曜昼のみ注文が可能な「つけ麺」ですが、小の麺の量は約240g、始めの注文はどうやら「野菜」(マシ・マシマシ)の注文が可能の様で・・・

 

 

こちらが、かじろう ramen7「つけ麺 小」(生玉子・ニンニク)です・・・ 
 

ご覧の通り、つけダレの器は予想以上に大きめ・・・中には解れた豚肉がたっぷり入っており、かなりのボリューム・・・今回は「生玉子」を追加注文しました・・・

 

つけダレの味は若干濃い目ですが、さほど気にならない程度・・・しっかり水で締められた平打ちの太麺は文句無しの食べ応えで、つけダレがしっかり絡みます・・・
 

麺の上にトッピングされた、茹でられた沢山のもやしやキャベツ・・・いわゆる「ヤサイ」は、つけダレに沈めながら、麺と一緒に頂くと、自然な甘みが感じられます・・・

 

ブタと呼ばれるチャーシューは、つけ麺の場合はしっかりと解れた状態で供されます・・・こちらは麺と一緒に頂いたり、そのまま頂いたり・・・嬉しいボリュームで・・・

 

途中で生玉子をつけダレに加えます・・・生玉子は味の濃さを調節する役目を果たすのと同時に、つけダレに優しいコクを与えてくれる気が・・・味わいが円やかになり・・・

 

平打ちの太麺に、味が濃い目のつけダレがしっかりと絡む、とても魅力的なつけ麺です・・・解れたブタを絡めながら頂いたり、自然な甘みが嬉しいヤサイと頂いたり・・・

 

いつ来ても、店内はほぼ満席状態・・・美味しいものは、皆さん良くご存知で・・・(∀`*ゞ)

営業時間は 11:15〜14:15 (日 11:30〜14:30)17:30〜20:15(LO 10分前)
定休日は 月曜・木曜夜・日曜夜(※臨時休業・材料切れ早閉め有)です・・・


麺屋 ことぶきの「濃厚鶏白湯 こってりらーめん」(追加 玉ネギ:細麺)・・・

 

千葉市中央区中央の「麺屋 ことぶき」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市中央区中央1−2−11 ニュー千葉ビル1階、千葉モノレール「タウンライナー」1号線「葭川公園」(よしかわこうえん)駅より、線路沿いの道を北へ向かって約200m進み、「りそな銀行千葉支店」の前を右折して約150m進んだ左側、「三井ガーデンホテル千葉」の向かいです・・・車でお越しの際は、コインパーキングのご利用を・・・

千葉港のホテルニュー塚本の地下1階「炭火焼 寿」という焼鳥屋が母体ですが、本格的なラーメンが頂ける嬉しいお店です・・・ラーメンのスープは、コラーゲンが豊富な「濃厚鶏白湯 こってり」と、鶏と昆布の旨味を活かした「淡麗 あっさり」の2種類を柱として、更に「熟成醤油」等のメニューが増えていました・・・ま、迷う・・・( ̄へ ̄|||) ウ〜ム・・・

 

お一人で厨房を仕切っていらした店長さんに、写真撮影の許可を頂く為に話しかけたのですが、最初は一寸緊張感が漂い・・・「まずかったかな?」・・・最初はそう感じましたが、話をしていくにつれ、お互いの気持ちが次第に解れて行き・・・お店の成り立ちから始まり、芸能人や政治家の話等・・・話題が豊富で、軽快な話術が魅力的な店長さんで・・・

 

 

こちらが、麺屋 ことぶき「濃厚鶏白湯 こってりらーめん」(追加 玉ネギ:細麺)です・・・

横芝光町の「みのり農場」で育てられた純国産鶏「岡崎おうはん」は、弾力のある肉質と深いコクが特徴だとか・・・抗生物質や抗菌剤を一切使用せずに育てられた鶏のガラを炊いて作られたスープは濃厚で、コラーゲンがたっぷり!・・・深い味わいが魅力的です・・・

 

とても濃厚なスープですが、味が濃い目ではないので思わず飲んでしまいたくなり・・・今回は細麺を選択しましたが、これならば太麺でも相性はとても良いのではないかと・・・そして濃厚なスープには合うと予想して「玉ネギ」を追加しましたが、これが大正解で・・・

 

SPF種豚を親に持つ肉豚に、抗生物質を出来るだけ抑えたビタミン豊富な飼料を与えたという安心・安全な健康豚「林SPF」のチャーシューは、ご覧の通り綺麗な肉で・・・肌理が細やかな豚肉は、あまり厚みが無い方がより美味しく頂く事が出来る気がします・・・
 

驚いたのは、メンマの太さ・・・例えるならば、まるで箸置きの様な・・・いや、あれ位太い箸置きは今時珍しいかも・・・でも、太さの割にはとても柔らかく、食べ応えがあります・・・食べ終えると、濃厚なスープの影響で、口の周りがテカテカと光っている様な気が・・・w

 

今度お邪魔した際は、太麺か・・・いや、淡麗鶏塩の「あっさり」か・・・迷うなァ・・・


定休日は 日曜(日曜祝日の場合は翌月曜) 、営業時間は 11:30〜14:00、17:00〜23:00(金 〜24:00) です・・・


らぁめん つけめん 粋やの「ワンタン麺」(細麺)・・・

 

千葉市中央区都町の「らぁめん つけめん 粋(いなせ)や」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市中央区都町3−21−4、京成千原線「千葉中央」駅方面より国道126号線(東金街道)を坂月方面に向かって進み、都町五差路の約300m手前の右側です・・・向かい側には「ヤックスドラッグ千葉都町店」があり、駐車場は店舗前に3台分と、店舗脇の道路を少し進んだ右側に4台分用意されています・・・

 

 

こちらが らぁめん つけめん 粋や「ワンタン麺」(細麺)です・・・

 

ワンタン麺のベースとなるのは、富津市「宮醤油店」の濃口醤油と香取市「ちば醤油」の再仕込み醤油を併せた、豊かな香りが魅力の「醤油らぁめん」だそうです・・・

 

今回は加水率が低めのストレート細麺を選びましたが、ぷっつりとした食感が心地良い細麺だと思います・・・麺をよく見ると、全粒粉と思しき粒が確認出来ます・・・

 

雑味が感じられず円やかな味わいが魅力的な醤油味のスープに、心地良い食感の全粒粉の細麺・・・まるで老舗蕎麦屋の上質な蕎麦を頂いている様な気分で・・・

 

もっちりとした食感を楽しむ事が出来る、厚みのあるワンタンの皮で包まれているのは、上品な味わいながらもボリュームのある鶏つくね・・・これがまた美味しい!

 

トッピングされたチャーシューは、柔らかい肉質とジューシーな味わいが魅力的な鶏チャーシューと、軽く焦げ目を付けた香ばしい肩ロースのチャーシューの2種類・・・

 

乾燥メンマを丁寧に戻して作られたと思しきメンマは、歯応えが心地良く・・・総じて、上質な素材を素に丁寧に作られた事が見て取れる魅力的な一杯だと思います・・・

 

お昼時を少し過ぎた時間でしたが、客足は絶える事無く・・・(な・・・納得!)

 

営業時間は 11:30〜23:00 (日・祝 11:30〜20:00)定休日は 月曜 です・・・


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM