中華蕎麦 ます嶋の「中華蕎麦」と「ばけ」(替え玉)小・・・

 

千葉市中央区の「中華蕎麦 ます嶋」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区富士見2−14−4 バーニングビル1F、JR「千葉」駅前ロータリーから、JR外房線の高架沿い北側の道を本千葉方面に向かって約600m進み、富士見本通り入口の交差点を横断し、千葉EXビル脇の細い路地へと左折して約30m進んだ左側です・・・細い路地沿いですので一見目立たない立地ですが、赤い提灯が目印です・・・

 

L字型のカウンター席が9席のお店です・・・入口の食券機で食券を購入します・・・

 

 

こちらが、中華蕎麦 ます嶋「中華蕎麦」です・・・

 

以前厨房にいらした方に伺った所、2種類のガラと3種類の煮干しを使っていらっしゃるとのお話でした・・・ご覧の通り、綺麗に澄んだ清湯スープですが、いざ頂いてみるとこれがなかなか・・・上品な中にも、しっかりとした強さが感じられ・・・こ、これは・・・お、美味しい!

 

味わいに深みが感じられる、とても魅力的な清湯スープです・・・清湯スープが満たされた丼の中を揺蕩うのは、香りが豊かな北海道小麦「春よ恋」を使用した極細麺ですが、これまた・・・極細麺とは思えない、プッツリとした心地良い歯応えが魅力的な麺で・・・美味しい!

 

トッピングは、これまた心地良い食感が魅力的な、とても美味しい穂先メンマ・・・繊細なスープの味わいを損なわない程度に味付けされたチャーシューの上には、青菜とナルトがトッピングされて・・・後は、細かく刻まれた長ネギ・・・このシンプルさが何とも心地良い・・・

 

複雑な旨味の中に、素材の魅力が見え隠れしている・・・そんな一杯かと・・・

 

 

こちらが、中華蕎麦 ます嶋「ばけ」(替え玉)小 です・・・

 

替え玉というと、スープを少し残した丼に茹でたての麺を投入して頂く・・・そんなイメージですが、こちらはしっかりと味が付けられていて・・・どちらかと言えば「和え玉」と言えるかもしれません・・・魚粉に刻んだチャーシュー・・・玉ねぎのみじん切りも添えられて・・・

 

細麺にタレをしっかりと絡めて、まずはそのまま・・・なかなかオイリーな、力強い味わいのタレです・・・その次は、少しのお酢を投入して・・・力強い味わいのタレですので、お酢を加えてもなかなか・・・最後に、スープを加えて・・・これも美味し〜い!・・・大満足!

 

ううむ・・・看板に偽り無し・・・味わいの変化「化け」を十分に堪能致しました・・・

 

定休日は 日曜・祝日 営業時間は 11:30〜15:00、17:30〜24:00 です・・・


中国料理 桂林餃子 満足 大久保店の「Cランチ」(タンタン麺・半チャーハン・サラダ・漬物・デザート)・・・

 

習志野市大久保の中国料理 桂林餃子 満足 大久保店にお邪魔しました・・・

 

住所は 習志野市大久保1−23−11、京成本線「大久保」駅の改札口を出て右に進み、交差点を横断せずに右折し、大通りを八千代方面に向かって東方向に約120m進んだ右側・線路沿いのお店です・・・

 

初めて伺いましたが、店内はなかなかの賑わいぶりで・・・最初に熱いお茶か、冷たいお茶かを訊ねられたので、冷たいお茶をお願いしたら、何と小さめのジョッキで提供!?

 

 

こちらが、中国料理 桂林餃子 満足 八千代店「Cランチ」(タンタン麺・半チャーハン・サラダ・漬物・デザート)です・・・

 

Cランチは、五目そばタンタン麺チャーシュー麺の中から一品を選び、半チャーハン小ライスのどちらかを選ぶ事が出来る、ボリュームのある人気メニューです・・・

 

まずはタンタン麺から頂きます・・・擂り胡麻の風味が豊かな芝麻醤で、仄かな甘さが感じられます・・・ラー油が辛めですので、個性的でバランスの取れた味わいで・・・

 

芝麻醤の甘さと、ラー油と肉味噌の辛さとの調和が取れた、個性的ですが美味しいタンタン麺です・・・それにしても、タンタン麺も凄いボリュームで・・・ま・・・満足!

 

麺は新潟から取り寄せたという特注の多加水麺で、不純物を丁寧に濾過した新潟の天然水に高品質の小麦粉を加え、コシを出す為にタンパク質も多く含んでいるとか・・・

 

そして、半チャーハン・・・こちらで使われているチャーシューは、特製のタレが使われた、ほんのりと赤いあの本格的な正真正銘の「叉焼」です・・・お、美味し〜い!

 

食べているこちらのお腹が、はち切れそうでござる・・・( ̄▽ ̄)=3 プハァー

 

営業時間は 11:00〜22:00 (※平日ランチ 11:00〜15:00 ディナー 17:00〜22:00)年中無休 です・・・


麺屋 時茂 京成大久保店の「鶏白湯ラーメン 醤油」(味玉)・・・

 

習志野市大久保の「麺屋 時茂」京成大久保店にお邪魔しました・・・

 

住所は 習志野市大久保1−18−9 ライズインハウス1F、京成本線「大久保」駅改札口より、東邦大学・日本大学に向かって伸びる道路を、北北東に向かって約200m進んだ左側です・・・周囲にはコインパーキングが点在しています・・・

 

2ヶ月半程前に開店した新店で、店内はカウンター席が8席です・・・

 

 

こちらが、麺屋 時茂 京成大久保店「鶏白湯ラーメン 醤油」(味玉)です・・・

 

ご主人からお話を伺いましたが、鶏白湯でも醤油と塩とでは素材が異なり、醤油は若鶏の胴ガラを炊き出して作っており、老鶏の手羽先を炊いた塩の方が濃厚なのだとか・・・

 

トッピングは数種類のチャーシュー・・・焦げ目の無い鶏胸肉のチャーシューが印象的で、濃厚な鶏白湯スープとの相性もとても良い気が・・・チャーシューの上には青菜が・・・

 

丼の中央のトッピングは玉ネギのみじん切りですが、臭みは全く感じられず、仄かな甘味が・・・但し、スープの温度が低くなるので、最初から混ぜない方が良いそうで・・・

 

頂いてみると、何とも濃厚な鶏白湯スープで・・・お、美味しい・・・手間暇かけた鶏白湯スープといった印象で・・・途中で、玉ネギが程良い按配に濃厚さを抑えてくれます・・・

 

軽くちぢれが入った中細の麺は心地良い食感が印象的で、濃厚な鶏白湯スープの絡み具合も上々・・・途中で宗田鰹・本鰹・鯖節の魚粉を加えても、濃厚スープは負けず・・・

 

ご主人とほんの少しお話をさせて頂きましたが、2019年2月現在は土曜をお休みにしているそうですが、これから先は様子を見ながら定休日は変えていくお考えの様で・・・

 

そして近い内に、魚粉を強めにアレンジした鶏白湯のつけ麺もメニューに加えるお考えの様で・・・カウンター席から顔を出した電源コードは、その際に使う為なのだとか・・・

 

今後の展開に目が離せない、期待が持てるお店が、またもや大久保に登場・・・

 

定休日は 土曜(※2019年2月現在)営業時間は 11:00〜21:00 です・・・


横浜ラーメン武蔵家 西千葉店の「角煮丼」(2018. 12. 9 限定)と「らーめん」(並)・・・

 

千葉市中央区の「横浜ラーメン武蔵家 西千葉店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−19−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、正面の「西友 西千葉店」に向かって斜め右側の道路を少し右側に進んだ左側で、「日高屋 西千葉南口店」と「生香園」に挟まれた場所です・・・

 

 

こちらが、横浜ラーメン武蔵家 西千葉店「角煮丼」(2018. 12. 9 限定)「らーめん」(並)です・・・

 

今年の10月31日に11周年を迎えた、こちらの横浜ラーメン武蔵家 西千葉店ですが、この度はお客様への感謝の意を込めて、大感謝スペシャルを企画されたそうで・・・

 

今回の角煮も、あの山形県鶴岡市の「すたんど割烹みなぐち」直伝の豚の角煮で、使われる豚肉は銘柄豚のSPFポーク美明豚だそうで・・・これはもう、行くしかない・・・

 

茨城が誇る銘柄豚「美明豚SPF」は最上級の配合飼料に乳酸菌・ビフィズス菌・納豆菌・海藻・パイナップル粉末・ウコン・酒粕等をバランス良く与え、育てた豚だとか・・・

 

まず最初に運ばれたのが、手前の「角煮丼」・・・ご覧下さい、美明豚SPFを使った、この角煮の見事な色合い!・・・肉の部分も脂身の部分も、どちらも大変に美味しそう・・・

 

いざ頂いてみると、やはり・・・甘辛い味わいが魅力的な美明豚の角煮は、とても柔らかく・・・お、美味し〜い!・・・でも、クドさが無いのが不思議で・・・勿論、ご飯にピッタリ!

 

今回も前回同様、約20kgの豚肉を仕込まれた様で・・・ご主人とお話をさせて頂きましたが、採算度外視のサービスメニューですが、お客様の喜んだ顔が見たかったと・・・

 

手が掛けられた高価な原材料の事や、調理にかかる手間暇等を考えると、年に4回程しか提供出来ないというお話も尤もで・・・おっと、ラーメンの事にも触れなければ・・・

 

スープはご覧の通り・・・家系の看板に偽り無しの、濃厚な豚骨スープです・・・が、濃厚な割にはしつこさは感じさせず・・・バランスの良い、とても魅力的なスープです・・・

 

家系と言えば、皆様も良くご存知の酒井製麺・・・麺の長さが少し短めの、平打ちの中太麺です・・・濃厚な豚骨スープが、とてもいい按配に麺に絡みます・・・お、美味しい!

 

この時季お勧めのトッピングはやはり、京都産の「九条ネギ」・・・標高が高い場所で育つので、味が濃いのが特徴で、風味が強く、スープの熱が加わると更に美味しく・・・

 

活気のある厨房に、笑顔が満ち溢れるカウンター席・・・地域一番の人気店です・・・

 

営業時間は 11:00〜25:00 (日・祝 11:00〜24:00)無休 です・・・


横浜ラーメン武蔵家 西千葉店の「京都産 産地直送 九条ネギらーめん」(並・味玉)・・・

 

千葉市中央区の「横浜ラーメン武蔵家 西千葉店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−19−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、正面の「西友 西千葉店」に向かって斜め右側の道路を少し右側に進んだ左側で、「日高屋 西千葉南口店」と「生香園」に挟まれた場所です・・・

 

 

こちらが、横浜ラーメン武蔵家 西千葉店「京都産 産地直送 九条ネギらーめん」(並・味玉)です・・・

 

スープはご覧の通り・・・家系の看板に偽り無しの、濃厚な豚骨スープです・・・が、濃厚な割にはしつこさは感じさせず・・・バランスの良い、魅力的なスープです・・・

 

家系と言えば、皆様も良くご存知の酒井製麺・・・麺の長さが少し短めの、平打ちの中太麺です・・・濃厚な豚骨スープが、とてもいい按配に麺に絡みます・・・お、美味しい!

 

京都産の九条ネギは、標高が高い場所で育つので味が濃いのが特徴だとか・・・緑色が鮮やかな九条ネギは風味が強く、程良くスープの熱が加わると更に美味しく・・・ 


今回トッピングした味玉は、程良く流れ出る程度の茹で加減が嬉しいですね・・・これを無料の「ライス」の上でほぐし、濃厚なスープをかけて頂くと・・・これまた美味しい!

活気のある厨房に、笑顔が満ち溢れるカウンター席・・・地域一番の人気店です・・・

 

営業時間は 11:00〜25:00 (日・祝 11:00〜24:00)無休 です・・・


蒙古タンメン中本 船橋店の「五目蒙古タンメン」・・・

 

船橋市浜町 ビビット南船橋の蒙古タンメン中本 船橋店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 船橋市浜町2−2−7・ビビット南船橋1Fvivit(ビビット)南船橋の1階になります・・・

 

vivit南船橋の駐車場は最初の2時間が無料ですので、安心して駐車する事が出来ます・・・蒙古タンメン中本 船橋店の入口は外側ですので、一旦店舗の外へ出ます・・・

 

そして京成本線「船橋競馬場」駅方向の入口から入店し、食券を購入・・・お店の方の案内に従って着席・・・カウンター席が18席に、2人掛けのテーブル席が3つかと・・・

 

 

こちらが、蒙古タンメン中本 船橋店「五目蒙古タンメン」です・・・

 

人気 No.1の蒙古タンメンに、辛し肉と茹で玉子がトッピングされたスペシャル版だそうで・・・初めてとは言え、折角蒙古タンメンに来たのですから、やはり辛いメニューを・・・

 

辛さのレベルは、全く辛くない「辛さ0」から、激辛の「辛さ10」まで・・・流石に「辛さ10」は無謀ですので・・・今回は、そこそこ辛そうな「辛さ6」のこちらをお願いしてみました・・・

 

人気 No.1の「蒙古タンメン」は、肉野菜を中華鍋で炒め、そこにスープと秘伝の味噌ダレを加えて煮込み、更に大鍋に移し、弱火でじっくり煮込み、トロトロにさせるそうで・・・

 

肉野菜の具材から溶け出した旨味のお蔭で、スープは濃厚に・・・そして「特製辛し麻婆豆腐」を乗せたのが「蒙古タンメン」だそうで、辛さはメニューの中では中位だとか・・・

 

麺はどのメニューも中太のストレート麺・・・ちなみに、蒙古タンメンに冷し味噌ラーメンのスープと肉を加えた、やや辛めの味噌ラーメンが「五目蒙古タンメン」だとか・・・

 

野菜がたっぷりの味噌味のタンメンに、辛い餡がたっぷり使われた特製辛し麻婆豆腐・・・中太のストレート麺にがっつりと絡み・・・確かに辛いが・・・お、美味し〜い!

 

肉や野菜の旨味が十分に染みた濃厚な味噌味のスープと、辛めの餡がたっぷり使われた特製麻婆豆腐との相性の良さを再確認する事が出来た・・・そんな一杯で・・・

 

茹で玉子が、辛さを程良く中和するのにとても良い働きをしてくれます・・・

 

営業時間は 10:00〜22:00不定休 です・・・


自家製手打ち麺 粋や(いなせや)の「正油らぁめん」・・・

 

千葉市中央区の「自家製手打ち麺 粋や」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−26−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、線路沿いの道を稲毛方面に北西方向に約250m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが 自家製手打ち麺 粋や「正油らぁめん」です・・・

 

お店の説明文を引用させて頂きますと・・・千葉県産にこだわった醤油を3種類ブレンドし、芳醇な香りを纏った自家製手打ち手もみ麺・・・というラーメンとの事です・・・

 

ご覧の通り、かなり濃い色をしたスープですが、いざ頂いてみると下総醤油の円やかな旨味がしっかりと顔を覗かせた、とても魅力的な味わいのスープだと思います・・・

 

驚く程のスープの色の割には、角が取れた醤油の魅力がきちんと感じられる味わいで・・・そして、手打ち手もみ麺がしっかりスープ色に染まり・・・お、美味しい・・・

 

自家製の手打ち麺は、北海道産の小麦「春よ恋」と千葉県産小麦「有芽小麦」を使った自家製手打ちだそうで、もっちりとした食感が心地良いちぢれの入った麺です・・・

 

トッピングされたチャーシューは、柔らかい肉質とジューシーな味わいが魅力的な鶏チャーシューと、軽く焦げ目を付けた香ばしい豚バラ肉のチャーシューの2種類・・・

 

乾燥メンマを丁寧に戻して作られたと思しきメンマは、歯応えが心地良く・・・総じて、上質な素材を素に丁寧に作られた事が見て取れる魅力的な一杯だと思います・・・

 

10月下旬より、同店にて夜の部「煮干し中華そば 一二三屋」がスタートしましたが、こちらは九十九里産の煮干しをベースとした細麺で、いわば「二毛作」だとか・・・

 

平日の昼過ぎでしたが、10席のカウンター席は満席・・・納得の一杯でした・・・

 

営業時間は 11:00〜14:30(※麺・スープ売り切れ終了) 、定休日は 日曜 です・・・

 

※煮干し中華そば「一二三屋」営業時間は 18:00〜20:00(※麺・スープ売り切れ終了) 、定休日は 土・日・月曜 です・・・


ラーメン 杉田家 千葉店の「チャーシューメン」(並・青菜増し)・・・

 

千葉市中央区の「横浜家系総本山直系 ラーメン 杉田家 千葉店にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市中央区祐光4−17−7、総武本線「東千葉」駅より、万葉軒のある「椿森陸橋」を渡り、線路沿いの道路を都賀方面に向かって約1km進み、「高品」交差点を右折して約200m進んだ右側です・・・店舗脇には駐車場があります・・・

 

 

こちらは、横浜家系総本山直系 ラーメン 杉田家「チャーシューメン」(並・青菜増し)です・・・

 

豚骨と鶏ガラをベースとしたスープは濃厚で、粘度が高めでパンチのある味わいが魅力的です・・・カエシとのバランスも良く、しっかりと麺に絡んでくれるスープです・・・

酒井製麺の特注品の中太麺は、少し平打ちのストレート麺で、もっちりした心地良い食感が印象的で・・・しっかりとしたコシが感じられ、食べ応えがある麺だと思います・・・


国産豚のモモ肉を専用の大型窯でじっくりと燻しながら焼き上げたチャーシュは、肉質がしっかりしたタイプで・・・燻製独特の心地良い風味を楽しむ事が出来ます・・・

 

そのチャーシューが5枚もトッピングされているのがこちらのチャーシューメンで、かなりのお得感が・・・硬めの茹で具合の味玉は、白身に味が染みたタイプで・・・

ほうれん草と小松菜を使った青菜は、地元の契約農家からの取り寄せ・・・スープが染みると、魅力が倍増し・・・そして使われる海苔は、最高級の新海苔だとか・・・

開店前には、早朝にもかかわらず行列が・・・押しも押されぬ家系の名店です・・・

営業時間は 早朝5:00〜翌1:00(LO 0:50) 定休日は 月曜(祝日の場合は翌日) です・・・


自家製手打ち麺 粋や(いなせや)の「塩ワンタンめん」・・・

 

千葉市中央区の「自家製手打ち麺 粋や」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−26−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、線路沿いの道を稲毛方面に北西方向に約250m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが 自家製手打ち麺 粋や「塩ワンタンめん」です・・・

 

お店の説明文を引用させて頂きますと、塩のスープは沖縄やフランス等の3種類の塩を使った、鶏節の旨味が拡がるタイプのスープだそうで・・・(期待が高まる!)

 

綺麗に澄んだスープを頂いてみると、優しい味わいの中にも深みが感じられる・・・とても魅力的な味わいです・・・所謂、最後まで飲み干したくなるスープです・・・

 

自家製の手打ち麺は、北海道産の小麦「春よ恋」と千葉県産小麦「有芽小麦」を使った自家製手打ちだそうで、もっちりとした食感が心地良いちぢれの入った麺です・・・

 

ワンタンの皮に包まれているのは、上品な味わいながらもボリュームのある鶏つくね・・・これがまた美味しい!・・・微かな生姜の風味が心地良いアクセントに・・・

 

トッピングされたチャーシューは、柔らかい肉質とジューシーな味わいが魅力的な鶏チャーシューと、軽く焦げ目を付けた香ばしい豚バラ肉のチャーシューの2種類・・・

 

乾燥メンマを丁寧に戻して作られたと思しきメンマは、歯応えが心地良く・・・総じて、上質な素材を素に丁寧に作られた事が見て取れる魅力的な一杯だと思います・・・

 

平日の昼でしたが、カウンター席はほぼ満席・・・それすらも納得出来る一杯で・・・

 

営業時間は 11:00〜14:30(※麺切れで終了の場合有) 、定休日は 日曜 です・・・


横浜ラーメン武蔵家 西千葉店の「特製つけ麺」(ほうれん草増し)・・・

 

千葉市中央区の「横浜ラーメン武蔵家 西千葉店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−19−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、正面の「西友 西千葉店」に向かって斜め右側の道路を少し右側に進んだ左側で、「日高屋 西千葉南口店」と「生香園」に挟まれた場所です・・・

 

 

こちらが、横浜ラーメン武蔵家 西千葉店「特製つけ麺」(ほうれん草増し)です・・・

 

約2年ぶりに復活したというつけ麺は、厳選した魚粉が多く使われ、この日はゆずに代わって清涼感の強いライムが使われていました・・・食後にはスープ割りが・・・嬉しい!

 

厳選された魚粉の旨味が利いたつけダレに、酒井製麺製の少し短めの平打ちの中太麺・・・濃厚ですがクドさが無く、バランスの良いつけダレで・・・ライムの風味が嬉しい・・・

 

美味しく頂く事が出来る、何とも有り難いつけ麺で・・・つけダレに仄かに酸味を感じるのは、武蔵家の特徴なのかも知れませんね・・・「ほうれん草増し」は私の好みで・・・

 

それにしても、このチャーシューのボリューム!・・・食べ応えがあるので、満腹中枢が・・・少し硬めの味玉も、武蔵家のメニューには外せない魅力的なトッピングで・・・

 

つけ麺は在庫が無くなり次第終了との事・・・皆様、急がれよ・・・

 

営業時間は 11:00〜25:00 (日・祝 11:00〜24:00)無休 です・・・


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 74回目の「終戦の日」・・・
    幹事長 (08/17)
  • 74回目の「終戦の日」・・・
    末吉 (08/16)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    幹事長 (07/14)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    幹事長 (07/14)
  • 洋食や 三代目 たいめいけんの「たいめいけんの朝食セット」(オムレツ・ドリンク付)・・・その2
    やま (07/13)
  • 「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」と「ピーター・ドラッカー・コレクション 水墨画名品展」・・・
    幹事長 (05/07)
  • 「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」と「ピーター・ドラッカー・コレクション 水墨画名品展」・・・
    末吉 (05/07)
  • 2019年の「福袋」・・・
    幹事長 (01/02)
  • 2019年の「福袋」・・・
    末吉 (01/02)
  • みどり食堂の「梅セット」(半ら〜めん+半オムライス)・・・その2
    幹事長 (12/30)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM