横浜ラーメン武蔵家 西千葉店の「角煮丼」(2018. 12. 9 限定)と「らーめん」(並)・・・

 

千葉市中央区の「横浜ラーメン武蔵家 西千葉店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−19−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、正面の「西友 西千葉店」に向かって斜め右側の道路を少し右側に進んだ左側で、「日高屋 西千葉南口店」と「生香園」に挟まれた場所です・・・

 

 

こちらが、横浜ラーメン武蔵家 西千葉店「角煮丼」(2018. 12. 9 限定)「らーめん」(並)です・・・

 

今年の10月31日に11周年を迎えた、こちらの横浜ラーメン武蔵家 西千葉店ですが、この度はお客様への感謝の意を込めて、大感謝スペシャルを企画されたそうで・・・

 

今回の角煮も、あの山形県鶴岡市の「すたんど割烹みなぐち」直伝の豚の角煮で、使われる豚肉は銘柄豚のSPFポーク美明豚だそうで・・・これはもう、行くしかない・・・

 

茨城が誇る銘柄豚「美明豚SPF」は最上級の配合飼料に乳酸菌・ビフィズス菌・納豆菌・海藻・パイナップル粉末・ウコン・酒粕等をバランス良く与え、育てた豚だとか・・・

 

まず最初に運ばれたのが、手前の「角煮丼」・・・ご覧下さい、美明豚SPFを使った、この角煮の見事な色合い!・・・肉の部分も脂身の部分も、どちらも大変に美味しそう・・・

 

いざ頂いてみると、やはり・・・甘辛い味わいが魅力的な美明豚の角煮は、とても柔らかく・・・お、美味し〜い!・・・でも、クドさが無いのが不思議で・・・勿論、ご飯にピッタリ!

 

今回も前回同様、約20kgの豚肉を仕込まれた様で・・・ご主人とお話をさせて頂きましたが、採算度外視のサービスメニューですが、お客様の喜んだ顔が見たかったと・・・

 

手が掛けられた高価な原材料の事や、調理にかかる手間暇等を考えると、年に4回程しか提供出来ないというお話も尤もで・・・おっと、ラーメンの事にも触れなければ・・・

 

スープはご覧の通り・・・家系の看板に偽り無しの、濃厚な豚骨スープです・・・が、濃厚な割にはしつこさは感じさせず・・・バランスの良い、とても魅力的なスープです・・・

 

家系と言えば、皆様も良くご存知の酒井製麺・・・麺の長さが少し短めの、平打ちの中太麺です・・・濃厚な豚骨スープが、とてもいい按配に麺に絡みます・・・お、美味しい!

 

この時季お勧めのトッピングはやはり、京都産の「九条ネギ」・・・標高が高い場所で育つので、味が濃いのが特徴で、風味が強く、スープの熱が加わると更に美味しく・・・

 

活気のある厨房に、笑顔が満ち溢れるカウンター席・・・地域一番の人気店です・・・

 

営業時間は 11:00〜25:00 (日・祝 11:00〜24:00)無休 です・・・


横浜ラーメン武蔵家 西千葉店の「京都産 産地直送 九条ネギらーめん」(並・味玉)・・・

 

千葉市中央区の「横浜ラーメン武蔵家 西千葉店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−19−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、正面の「西友 西千葉店」に向かって斜め右側の道路を少し右側に進んだ左側で、「日高屋 西千葉南口店」と「生香園」に挟まれた場所です・・・

 

 

こちらが、横浜ラーメン武蔵家 西千葉店「京都産 産地直送 九条ネギらーめん」(並・味玉)です・・・

 

スープはご覧の通り・・・家系の看板に偽り無しの、濃厚な豚骨スープです・・・が、濃厚な割にはしつこさは感じさせず・・・バランスの良い、魅力的なスープです・・・

 

家系と言えば、皆様も良くご存知の酒井製麺・・・麺の長さが少し短めの、平打ちの中太麺です・・・濃厚な豚骨スープが、とてもいい按配に麺に絡みます・・・お、美味しい!

 

京都産の九条ネギは、標高が高い場所で育つので味が濃いのが特徴だとか・・・緑色が鮮やかな九条ネギは風味が強く、程良くスープの熱が加わると更に美味しく・・・ 


今回トッピングした味玉は、程良く流れ出る程度の茹で加減が嬉しいですね・・・これを無料の「ライス」の上でほぐし、濃厚なスープをかけて頂くと・・・これまた美味しい!

活気のある厨房に、笑顔が満ち溢れるカウンター席・・・地域一番の人気店です・・・

 

営業時間は 11:00〜25:00 (日・祝 11:00〜24:00)無休 です・・・


蒙古タンメン中本 船橋店の「五目蒙古タンメン」・・・

 

船橋市浜町 ビビット南船橋の蒙古タンメン中本 船橋店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 船橋市浜町2−2−7・ビビット南船橋1Fvivit(ビビット)南船橋の1階になります・・・

 

vivit南船橋の駐車場は最初の2時間が無料ですので、安心して駐車する事が出来ます・・・蒙古タンメン中本 船橋店の入口は外側ですので、一旦店舗の外へ出ます・・・

 

そして京成本線「船橋競馬場」駅方向の入口から入店し、食券を購入・・・お店の方の案内に従って着席・・・カウンター席が18席に、2人掛けのテーブル席が3つかと・・・

 

 

こちらが、蒙古タンメン中本 船橋店「五目蒙古タンメン」です・・・

 

人気 No.1の蒙古タンメンに、辛し肉と茹で玉子がトッピングされたスペシャル版だそうで・・・初めてとは言え、折角蒙古タンメンに来たのですから、やはり辛いメニューを・・・

 

辛さのレベルは、全く辛くない「辛さ0」から、激辛の「辛さ10」まで・・・流石に「辛さ10」は無謀ですので・・・今回は、そこそこ辛そうな「辛さ6」のこちらをお願いしてみました・・・

 

人気 No.1の「蒙古タンメン」は、肉野菜を中華鍋で炒め、そこにスープと秘伝の味噌ダレを加えて煮込み、更に大鍋に移し、弱火でじっくり煮込み、トロトロにさせるそうで・・・

 

肉野菜の具材から溶け出した旨味のお蔭で、スープは濃厚に・・・そして「特製辛し麻婆豆腐」を乗せたのが「蒙古タンメン」だそうで、辛さはメニューの中では中位だとか・・・

 

麺はどのメニューも中太のストレート麺・・・ちなみに、蒙古タンメンに冷し味噌ラーメンのスープと肉を加えた、やや辛めの味噌ラーメンが「五目蒙古タンメン」だとか・・・

 

野菜がたっぷりの味噌味のタンメンに、辛い餡がたっぷり使われた特製辛し麻婆豆腐・・・中太のストレート麺にがっつりと絡み・・・確かに辛いが・・・お、美味し〜い!

 

肉や野菜の旨味が十分に染みた濃厚な味噌味のスープと、辛めの餡がたっぷり使われた特製麻婆豆腐との相性の良さを再確認する事が出来た・・・そんな一杯で・・・

 

茹で玉子が、辛さを程良く中和するのにとても良い働きをしてくれます・・・

 

営業時間は 10:00〜22:00不定休 です・・・


自家製手打ち麺 粋や(いなせや)の「正油らぁめん」・・・

 

千葉市中央区の「自家製手打ち麺 粋や」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−26−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、線路沿いの道を稲毛方面に北西方向に約250m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが 自家製手打ち麺 粋や「正油らぁめん」です・・・

 

お店の説明文を引用させて頂きますと・・・千葉県産にこだわった醤油を3種類ブレンドし、芳醇な香りを纏った自家製手打ち手もみ麺・・・というラーメンとの事です・・・

 

ご覧の通り、かなり濃い色をしたスープですが、いざ頂いてみると下総醤油の円やかな旨味がしっかりと顔を覗かせた、とても魅力的な味わいのスープだと思います・・・

 

驚く程のスープの色の割には、角が取れた醤油の魅力がきちんと感じられる味わいで・・・そして、手打ち手もみ麺がしっかりスープ色に染まり・・・お、美味しい・・・

 

自家製の手打ち麺は、北海道産の小麦「春よ恋」と千葉県産小麦「有芽小麦」を使った自家製手打ちだそうで、もっちりとした食感が心地良いちぢれの入った麺です・・・

 

トッピングされたチャーシューは、柔らかい肉質とジューシーな味わいが魅力的な鶏チャーシューと、軽く焦げ目を付けた香ばしい豚バラ肉のチャーシューの2種類・・・

 

乾燥メンマを丁寧に戻して作られたと思しきメンマは、歯応えが心地良く・・・総じて、上質な素材を素に丁寧に作られた事が見て取れる魅力的な一杯だと思います・・・

 

10月下旬より、同店にて夜の部「煮干し中華そば 一二三屋」がスタートしましたが、こちらは九十九里産の煮干しをベースとした細麺で、いわば「二毛作」だとか・・・

 

平日の昼過ぎでしたが、10席のカウンター席は満席・・・納得の一杯でした・・・

 

営業時間は 11:00〜14:30(※麺・スープ売り切れ終了) 、定休日は 日曜 です・・・

 

※煮干し中華そば「一二三屋」営業時間は 18:00〜20:00(※麺・スープ売り切れ終了) 、定休日は 土・日・月曜 です・・・


ラーメン 杉田家 千葉店の「チャーシューメン」(並・青菜増し)・・・

 

千葉市中央区の「横浜家系総本山直系 ラーメン 杉田家 千葉店にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市中央区祐光4−17−7、総武本線「東千葉」駅より、万葉軒のある「椿森陸橋」を渡り、線路沿いの道路を都賀方面に向かって約1km進み、「高品」交差点を右折して約200m進んだ右側です・・・店舗脇には駐車場があります・・・

 

 

こちらは、横浜家系総本山直系 ラーメン 杉田家「チャーシューメン」(並・青菜増し)です・・・

 

豚骨と鶏ガラをベースとしたスープは濃厚で、粘度が高めでパンチのある味わいが魅力的です・・・カエシとのバランスも良く、しっかりと麺に絡んでくれるスープです・・・

酒井製麺の特注品の中太麺は、少し平打ちのストレート麺で、もっちりした心地良い食感が印象的で・・・しっかりとしたコシが感じられ、食べ応えがある麺だと思います・・・


国産豚のモモ肉を専用の大型窯でじっくりと燻しながら焼き上げたチャーシュは、肉質がしっかりしたタイプで・・・燻製独特の心地良い風味を楽しむ事が出来ます・・・

 

そのチャーシューが5枚もトッピングされているのがこちらのチャーシューメンで、かなりのお得感が・・・硬めの茹で具合の味玉は、白身に味が染みたタイプで・・・

ほうれん草と小松菜を使った青菜は、地元の契約農家からの取り寄せ・・・スープが染みると、魅力が倍増し・・・そして使われる海苔は、最高級の新海苔だとか・・・

開店前には、早朝にもかかわらず行列が・・・押しも押されぬ家系の名店です・・・

営業時間は 早朝5:00〜翌1:00(LO 0:50) 定休日は 月曜(祝日の場合は翌日) です・・・


自家製手打ち麺 粋や(いなせや)の「塩ワンタンめん」・・・

 

千葉市中央区の「自家製手打ち麺 粋や」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−26−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、線路沿いの道を稲毛方面に北西方向に約250m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが 自家製手打ち麺 粋や「塩ワンタンめん」です・・・

 

お店の説明文を引用させて頂きますと、塩のスープは沖縄やフランス等の3種類の塩を使った、鶏節の旨味が拡がるタイプのスープだそうで・・・(期待が高まる!)

 

綺麗に澄んだスープを頂いてみると、優しい味わいの中にも深みが感じられる・・・とても魅力的な味わいです・・・所謂、最後まで飲み干したくなるスープです・・・

 

自家製の手打ち麺は、北海道産の小麦「春よ恋」と千葉県産小麦「有芽小麦」を使った自家製手打ちだそうで、もっちりとした食感が心地良いちぢれの入った麺です・・・

 

ワンタンの皮に包まれているのは、上品な味わいながらもボリュームのある鶏つくね・・・これがまた美味しい!・・・微かな生姜の風味が心地良いアクセントに・・・

 

トッピングされたチャーシューは、柔らかい肉質とジューシーな味わいが魅力的な鶏チャーシューと、軽く焦げ目を付けた香ばしい豚バラ肉のチャーシューの2種類・・・

 

乾燥メンマを丁寧に戻して作られたと思しきメンマは、歯応えが心地良く・・・総じて、上質な素材を素に丁寧に作られた事が見て取れる魅力的な一杯だと思います・・・

 

平日の昼でしたが、カウンター席はほぼ満席・・・それすらも納得出来る一杯で・・・

 

営業時間は 11:00〜14:30(※麺切れで終了の場合有) 、定休日は 日曜 です・・・


横浜ラーメン武蔵家 西千葉店の「特製つけ麺」(ほうれん草増し)・・・

 

千葉市中央区の「横浜ラーメン武蔵家 西千葉店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−19−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、正面の「西友 西千葉店」に向かって斜め右側の道路を少し右側に進んだ左側で、「日高屋 西千葉南口店」と「生香園」に挟まれた場所です・・・

 

 

こちらが、横浜ラーメン武蔵家 西千葉店「特製つけ麺」(ほうれん草増し)です・・・

 

約2年ぶりに復活したというつけ麺は、厳選した魚粉が多く使われ、この日はゆずに代わって清涼感の強いライムが使われていました・・・食後にはスープ割りが・・・嬉しい!

 

厳選された魚粉の旨味が利いたつけダレに、酒井製麺製の少し短めの平打ちの中太麺・・・濃厚ですがクドさが無く、バランスの良いつけダレで・・・ライムの風味が嬉しい・・・

 

美味しく頂く事が出来る、何とも有り難いつけ麺で・・・つけダレに仄かに酸味を感じるのは、武蔵家の特徴なのかも知れませんね・・・「ほうれん草増し」は私の好みで・・・

 

それにしても、このチャーシューのボリューム!・・・食べ応えがあるので、満腹中枢が・・・少し硬めの味玉も、武蔵家のメニューには外せない魅力的なトッピングで・・・

 

つけ麺は在庫が無くなり次第終了との事・・・皆様、急がれよ・・・

 

営業時間は 11:00〜25:00 (日・祝 11:00〜24:00)無休 です・・・


麺家 西陣の「肉そば」(塩・快速 1.5玉)・・・

 

習志野市大久保の「麺家 西陣」にお邪魔しました・・・

住所は 習志野市大久保3−13−4 大久保ビル1F  、京成本線「大久保」駅より、東邦大学・日本大学に向かって伸びる道路を、北北東に向かって約600m進んだ右側、日大生産工学部の手前です・・・駐車場はありませんので、コインパーキングのご利用を・・・ 

 

 

こちらが、麺家 西陣「肉そば」(塩・快速 1.5玉)です・・・

 

麺の量は「普通」「快速」(1.5玉 +50円)「特急」(2玉 +100円)という増量の注文も可能だそうで・・・こちらのおすすめのトッピングは「味玉」「しらがネギ」との事で・・・
 

人気 癸韻痢崙そば」はご覧の通り・・・豚バラ肉のチャーシューによって丼が覆い尽くされ、麺が見えない!・・・ホロリと崩れる程に柔らかい、美味しいチャーシューです・・・

 

澄んだスープの味加減は、あっさりした一般的な塩ラーメンよりは若干濃い目かも・・・以前ご主人に伺った所、こちらは魚介系と動物系を併せたスープとの事です・・・

香ばしいチャーシューの旨味が、じんわりとスープに染み込んで・・・お、美味し〜い!・・・柔らかい食感が魅力的な「穂先メンマ」も、脇役ながらもなかなかの美味しさで・・・

お店のご主人の温かさが感じられる接客が好印象で・・・ポイント高し!

営業時間は 11:00〜21:00 (日・月 11:00〜16:00)定休日は 火曜・卓球試合日 です・・・


ラーメン 杉田家 千葉店の「チャーシューメン」(中盛・青菜増し)・・・

 

千葉市中央区の「横浜家系総本山直系 ラーメン 杉田家 千葉店にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市中央区祐光4−17−7、総武本線「東千葉」駅より、万葉軒のある「椿森陸橋」を渡り、線路沿いの道路を都賀方面に向かって約1km進み、「高品」交差点を右折して約200m進んだ右側です・・・店舗脇には駐車場があります・・・

 

 

こちらは、横浜家系総本山直系 ラーメン 杉田家「チャーシューメン」(中盛・青菜増し)です・・・

 

豚骨と鶏ガラをベースとしたスープは粘度が高めで、かなり濃厚でスープの味わいに厚みがあります・・・カエシとのバランスも良く、しっかりと麺に絡んでくれるスープです・・・

酒井製麺の特注品という中太の麺はもっちりとした心地良い食感が印象的な、少し平打ちのストレート麺です・・・かなり食べ応えがあり、しっかりとした腰が感じられます・・・


国産豚のモモ肉を専用の大型窯でじっくりと燻しながら焼き上げたチャーシュは、肉質がしっかり感じられるタイプで・・・燻製独特の心地良い香りを楽しむ事が出来ます・・・

 

チャーシューメンには、その魅力的なチャーシューが5枚もトッピングされていて、なかなかのお得感が・・・家系の場合、味玉に関してはこれ位味付けが薄めの方が好き・・・

ほうれん草と小松菜を使った青菜は、地元の契約農家から取り寄せたとか・・・茎の部分が入っているのが嬉しいですね・・・使われる海苔は最高級の新海苔だそうで・・・

5時の開店前には、お店の外に行列が・・・駐車場の空きを探すのにも一苦労・・・

営業時間は 早朝5:00〜翌1:00(LO 0:50) 定休日は 月曜(祝日の場合は翌日) です・・・


横浜ラーメン武蔵家 西千葉店の「超特製つけ麺」(2018. 7. 31 限定)・・・

 

千葉市中央区の「横浜ラーメン武蔵家 西千葉店」にお邪魔しました・・・

 

住所は 千葉市中央区春日2−19−9、JR総武本線「西千葉」駅南口ロータリーより、正面の「西友 西千葉店」に向かって斜め右側の道路を少し右側に進んだ左側で、「日高屋 西千葉南口店」と「生香園」に挟まれた場所です・・・

 

 

こちらが、横浜ラーメン武蔵家 西千葉店「超特製つけ麺」(2018. 7. 31 限定)です・・・

 

お店の説明文を引用させて頂くと、今回は山形県鶴岡市にある「すたんど割烹みなぐち」直伝の三元豚の角煮とつけ麺とのコラボver との事・・・これはもう、行くしかない!

 

発売は、7/31(火)18:00〜・・・仕事を終え、職場を出発したのが19:30過ぎ・・・これはもう間に合わないなと思いつつ、お店へ到着したのが20:00過ぎ・・・

 

食券機の前では、ご店主と思しき方が何やら作業をされて・・・「ああ、売切れなので食券機の設定を変更しているのか」と諦めていたら・・・「お客様で最後です」との事!

 

もしかして、今年はこれで運を使い果たしたかも・・・でも嬉しい!・・・食券機の前でお話を伺うと、約20kgもの三元豚を約14時間もかけて煮込んだそうで・・・す、凄い!

 

そして約2年ぶりに復活したというつけ麺は、厳選した魚粉が多く使われ、ゆずの風味と七味がアクセントとの事で・・・勿論、スープ割りも用意されているとの事で・・・嬉しい!

 

運ばれてきた麺の丼はご覧の通り・・・もの凄いインパクト!・・・三元豚のチャーシューの見事な色合いと言ったら・・・厚さは約2cm・・・脂身の部分も、もの凄く美味しそう!

 

いざ頂いてみると、確かに・・・甘辛い味わいが魅力的な三元豚の角煮は、とても柔らかく・・・お、美味しい!・・・でも、クドさが無いのが不思議・・・こ、これはご飯にも合う!

 

いやはや、これは作る側の手間も大変だろうなァ・・・三元豚の角煮の他にも、肩ロースのチャーシューや黄身が半熟の美味しい味玉もトッピングされていて・・・も、盛り沢山!

 

つけ麺は魚粉の旨味が利いたつけダレに、酒井製麺製の少し平打ちの中太麺・・・濃厚ですがクドさが無く、バランスの良いつけダレで・・・仄かなユズの風味が嬉しい一品で・・・

 

暑い夏でも美味しく頂く事が出来る、何とも有り難いつけ麺で・・・つけダレに仄かに酸味を感じるのは、武蔵家の特徴なのかも知れません・・・にしても、今日一日も ι(´Д`υ)アツィー

 

三元豚の角煮が終了した後も、美味しい三元豚の煮汁がまだある・・・そこに今度はチャーシューを入れ、今度は何と「本日限定 超チャーシュー丼」の販売が開始され・・・

 

活気のある厨房に、笑顔が満ち溢れるカウンター席・・・地域一番の人気店です・・・

 

営業時間は 11:00〜25:00 (日・祝 11:00〜24:00)無休 です・・・


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 2019年の「福袋」・・・
    幹事長 (01/02)
  • 2019年の「福袋」・・・
    末吉 (01/02)
  • みどり食堂の「梅セット」(半ら〜めん+半オムライス)・・・その2
    幹事長 (12/30)
  • みどり食堂の「梅セット」(半ら〜めん+半オムライス)・・・その2
    けい (12/30)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM