鯵壱北條の「鯵塩」(大)・・・


小田原市本町の「鯵壱北條」(あじいちほうじょう)にお邪魔しました・・・

住所は 小田原市本町3−5−22、東海道本線「小田原」駅東口より、西湘バイパス方面に向かって伸びる正面の道を南東方向に約250m進み、「栄町一丁目」交差点より国道255号線に合流し、途中で国道1号線に合流しながら南方向に約650m進み、国道1号線が直角に曲がる「小田原宿なりわい交流館」正面を左折して少し進んだ右側です・・・

私たちがお邪魔した際は、座敷席に案内され・・・そちらでは、卓上の注文票に注文の品を自分で記入して、お店の方に渡すシステムでした・・・お冷はセルフサービスの様です・・・



こちらが、鯵壱北條「鯵塩」(大)です・・・

このラーメンは「鯵醤油」のスープとは異なり・・・地元の専門店から特別に仕入れた鶏ガラを炊いたスープに、コラーゲンたっぷりの鶏首皮スープを併せた、とても濃厚な「白濁スープ」です・・・でも・・・何故か濃厚なのにくどさが感じられず・・・クリーミーなスープが美味しい!

プッツリとした心地良い歯応えが魅力的な中太麺は、2種類の国産小麦をブレンドした低加水率のストレート麺・・・勿論、自家製麺で・・・店舗中庭の奥の製麺所で打った麺を一晩寝かせ、熟成させます・・・そうする事によって麺に芯が出来、小麦の香りが際立つそうで・・・

トッピングの中央は、地元小田原産の「かまぼこ」・・・心地良い弾力が嬉しい一品です・・・「もやし」も、地元の豆もやし製造所の手によるものだそうで・・・柔らかくて美味しい「チャーシュー」は、和豚もちぶたの特上の外モモ肉を素材として・・・味付けも良い塩梅で・・・

トッピングの「胡麻」も、国産の炒り胡麻を弱火でじっくりと炒り直し、超特選醤油で風味づけをしたそうで・・・こういった手間暇をかけた厳選素材を集めて、その良さを更に凝縮した一杯だからこそ、この様に多くの方々がこのお店を訪れるのでしょうね・・・渾身の一杯!

ここまで濃厚で力強い白湯スープなのに、嫌味が感じられないラーメンというのは、とても珍しい気がします・・・こちらは、小田原の伝統工芸品である「桶」をラーメンの丼にしているので、その意外性の影響でラーメンの味を疑っていましたが・・・も、申し訳ございません・・・

飲み水は銘水「酒匂」の湧水が使われて・・・地元愛に溢れた、魅力的な一杯です・・・

定休日は 月曜 、営業時間は 11:00〜16:00 (スープがなくなり次第終了) です・・・


鯵壱北條の「鯵醤油」(大)・・・


小田原市本町の「鯵壱北條」(あじいちほうじょう)にお邪魔しました・・・

住所は 小田原市本町3−5−22、東海道本線「小田原」駅東口より、西湘バイパス方面に向かって伸びる正面の道を南東方向に約250m進み、「栄町一丁目」交差点より国道255号線に合流し、途中で国道1号線に合流しながら南方向に約650m進み、国道1号線が直角に曲がる「小田原宿なりわい交流館」正面を左折して少し進んだ右側です・・・

私たちがお邪魔した際は、座敷席に案内され・・・そちらでは、卓上の注文票に注文の品を自分で記入して、お店の方に渡すシステムでした・・・お冷はセルフサービスの様です・・・



こちらが、鯵壱北條「鯵醤油」(大)です・・・

5種類の鯵節と3種類の鯵煮干しがベースのスープは魚介系の風味が濃厚な、とても魅力的なスープです・・・「じんだこ」と呼ばれる小田原沖で獲れる豆鯵の煮干しがスープの秘訣・・・コラーゲンスープ+鶏豚ガラスープ+鯵スープとくれば勿論・・・濃厚で美味しい!

プッツリとした心地良い歯応えが魅力的な中太麺は、2種類の国産小麦をブレンドした低加水率のストレート麺・・・勿論、自家製麺で・・・店舗中庭の奥の製麺所で打った麺を一晩寝かせ、熟成させます・・・そうする事によって麺に芯が出来、小麦の香りが際立つそうで・・・

トッピングの中央は、地元小田原産の「かまぼこ」・・・心地良い弾力が嬉しい一品です・・・「もやし」も、地元の豆もやし製造所の手によるものだそうで・・・柔らかくて美味しい「チャーシュー」は、和豚もちぶたの特上の外モモ肉を素材として・・・味付けも良い塩梅です・・・

トッピングの「胡麻」も、国産の炒り胡麻を弱火でじっくりと炒り直し、超特選醤油で風味づけをしたそうで・・・こういった手間暇をかけた厳選素材を集めて、その良さを更に凝縮した一杯だからこそ、この様に多くの方々がこのお店を訪れるのでしょうね・・・渾身の一杯です・・・

魚介系の風味が濃厚で、とても個性的なスープですが、最後まで美味しく頂く事が出来ました・・・こちらは小田原の伝統工芸品である「桶」をラーメンの丼にしているので、その意外性が影響して、こちらのラーメンの味を疑っていましたが・・・も、申し訳ございません・・・

飲み水は銘水「酒匂」の湧水が使われて・・・地元愛に溢れた、魅力的な一杯です・・・

定休日は 月曜 、営業時間は 11:00〜16:00 (スープがなくなり次第終了) です・・・

老郷(ラオシャン)本店の「タンメン」と「ギョウザ」・・・


神奈川県平塚市の「老郷(ラオシャン)本店」にお邪魔しました・・・

住所は 平塚市紅谷町17−23、JR東海道本線「平塚」駅西口北側より、階段を下りた正面の道路を大磯方面に向かって西へ約60m進み、右側の「セブンイレブン」平塚西口店手前の細い路地を入り、約50m進んだ左側です・・・



こちらが、老郷(ラオシャン)本店「タンメン」です・・・

ご覧の通り、炒めた野菜がたっぷり乗った一般的な「タンメン」とは方向性の異なる、なかなか個性的なタンメンです・・・透明感のある澄んだスープは、仄かな酸味が感じられます・・・

上手な表現が見つからず、申し訳ありませんが・・・例えるなら、あの「梅こんぶ茶」の様な風味が感じられます・・・白みが勝った麺は、ひやむぎを多少太くした様な・・・(個性的・・・w)

そして、トッピングのメインは何と「ワカメ」・・・そしてメンマに、ざく切りの玉ネギが少々・・・スープの仄かな酸味とワカメとの相性が意外に良く・・・これはこれでありか・・・ヾ(*´∀`*)ノ

いやぁ・・・最初に見た時はちょっと驚いたけど・・・なかなか魅力的な一杯ですね・・・



そしてこちらが、老郷(ラオシャン)本店「ギョウザ」です・・・

皮が薄めのギョウザにはご覧の通り、香ばしい焼き色が付いています・・・ギョウザの具には、仄かなとろみが付いて・・・優しい仄かな甘さが魅力的な、美味しいギョウザです・・・

意外とこってりした感じのギョウザですが、タンメンがあっさりとした味わいですので、この方が味わいのバランスが良い気がします・・・タレが仄かに甘いのも、ちょっとユニーク・・・

創業は60余年・・・平塚のソウルフードの呼び声が高い「老郷」・・・益々のご発展を・・・

営業時間は 11:30〜23:00 、(日・祝 11:30〜22:00)定休日は 月曜(祝日の場合は翌日) です・・・

金福楼の日替わりランチ「糖醋魚片」(タンツーユイペン)・・・



横浜市中区山下町の「金福楼」にお邪魔しました・・・

住所は 横浜市中区山下町166、JR根岸線「石川町」駅北口から、まず始めに横浜中央病院を目指して進み、今度は横浜中央病院の脇を抜けて横浜中華街に向かって進み、しばらくすると現れる「地久門」の下をくぐって、「関帝廟通り」を少し進んだ右側にあります・・・

香港の方々に向けて発行された「日本旅行ガイドブック」で、横浜中華街では唯一紹介されたお店だそうです・・・佇まいはいたってシンプルですが、こういうお店は大好きです・・・

美味しくて、驚くほどリーズナブルなのが「日替わりランチ」(AM11:30〜PM3:00)
メニューは4〜5種類で、お米は秋田こまちだそうです。ちなみに、同僚mさんのご推薦・・・



こちらは、金福楼日替わりランチ「糖醋魚片」(タンツーユイペン)です・・・

簡単に言うと「白身魚の甘酢あんかけ」ですが、この甘辛い味が、もっちりしたご飯に合うんだよなぁ・・・ああ、美味い・・・淡白な白身魚が、立派なお昼のおかずに大変身です・・・



そしてこちらが、金福楼日替わりランチ「白切鶏」(パイセイチィ)です・・・

簡単に言うと「蒸し鶏の冷菜」ですが、こちらはあっさりとした旨味が魅力的な逸品です・・・余分な脂が抜けた蒸し鶏ですが、旨味はしっかり鶏肉の中に・・・これまた美味いなぁ・・・

「五目おこげ」が絶品の広東料理の専門店・・・でも、ランチのお値段は驚きの安さ!

定休日は 月曜(祝日の場合は翌日)営業時間は 11:30〜21:00 (ただし平日 15:00〜17:00は休業) です・・・

馬さんの店 龍仙の「龍仙粥」・・・



横浜市中区山下町の「馬さんの店 龍仙」にお邪魔しました・・・

住所は 横浜市中区山下町218−5、JR根岸線「石川町」駅北口から、まず始めに横浜中央病院を目指し、今度は横浜中央病院の脇を抜けて横浜中華街に向かって進み、しばらくすると現れる「地久門」から「善隣門」に向かって少し進むと左側にあるお店です・・・
「地久門」と「善隣門」のちょうど中間に位置する場所です・・・

1994年に開店した上海料理のお店で、親しみ易い家庭的な雰囲気も魅力的です・・・



こちらが、馬さんの店 龍仙「龍仙粥」です・・・

国産若鶏とお米とを数時間煮込んで作り、塩・紹興酒等で味の仕上げをするそうです・・・



お粥の上には、揚げワンタンやザーサイ等がトッピングされています・・・では、ズズッ・・・揚げワンタンが崩れて、上手い具合にお粥にコクを与えています・・・味付けもいいなぁ・・・

こちらは、朝の「軽めのお粥」と言うよりも、しっかりとした食事として意識して作られているような気がします・・・そして丼の底に隠れていたのは・・・エビ・白身魚・イカ・ホタテ等の海産物・・・これがまた、このお粥に更に奥行きのある旨味をプラスしている様に思います・・・

いやぁ、美味しいなぁ・・・おや・・・なんだか身体の芯からポカポカしてきたような気が・・・

一見とてもシンプルですが、実は「お粥」ってなかなか奥が深い料理なんですね・・・

営業時間は 7:00〜翌3:00年中無休 です・・・

TVドラマ「喰いタン」に登場した「幻の肉まん」・・・



こちらは、横浜中華街・耀盛號(ようせいごう)「阿媽肉包(あまーにくまん)」です・・・

ドラマで、通称『喰いタン』こと高野聖也が駆けつけたお店が、ここ「耀盛號」だとか・・・



おおっ!・・・お店の宣伝にも、ちゃんと一役買っていますね・・・w

「阿媽」は『お母さん』の意味で、中国北部の「おふくろの味」と云えば「肉まん」だそうで・・・



「阿媽肉包」を割って具を見てみましょう・・・角切りの豚肉やキクラゲ等が入っています・・・
皮も具も全て手作りだとか・・・そして、味の決め手は「紅南乳」(ホンナンルー)と呼ばれるもので、豆腐を塩漬けにして発酵させたものを、ワイン・香辛料・紅麹に漬けて作られた調味料だそうです・・・風味が豊かで、奥行きのある味わいを演出してくれるそうです・・・

ところで・・・あの「金の箸」・・・どこかで売っていないかなぁ・・・w

ザ・ラーメン屋の「冷やし雲呑麺」・・・


家族揃って1泊2日の小旅行へ出かけました・・・目的地は・・・「横浜・中華街」

まずは1日目・・・横濱媽祖廟と横濱中華街関帝廟へお参り・・・長いお線香を持って順番に神様を廻り・・・そして、スタバでお茶してひと休み・・・その次は、横浜税関(クイーンの塔)の1階の「横浜税関資料展示室」の見学をして・・・いやぁ、さすがにお腹が空いたなぁ・・・

夏の暑い日差しを受けながら、横浜港大さん橋の「ザ・ラーメン屋」へと向かいます・・・



住所は 神奈川県横浜市中区海岸通1−1・大桟橋共同ビル1階、隣は「神奈川県横浜水上警察署大桟橋交番」・・・言わば「日本一治安の良いラーメン屋」かと・・・(笑)

今日は暑いから、以前お邪魔した時にチェックした「冷やし雲呑麺」を頂きます・・・



こちらが、ザ・ラーメン屋「冷やし雲呑(ワンタン)麺」です・・・

では、いただきます・・・ひんやりとしたスープはあっさりとしていて、意外と酸味が控えめです・・・私は、あの「冷やし中華」独特のくどい酸味と味が苦手なのですが、こちらの「冷やし雲呑麺」のスープは美味しいなぁ・・・トッピングは、キュウリ・ナルト・チャーシューなどの千切りと・・・中華くらげも入っていますね・・・ワンタンは、挽き肉のあんがたっぷりと入っていて、味付けはあっさり目・・・これもまた美味しいなぁ・・・ああ、火照った身体が冷えてゆく・・・



こちらは、「半チャーハン」・・・チャーシューが、これまたいい味出してます・・・美味!
ちなみに、かなり辛めの「半カレー」は本格的な大人の味・・・こちらもオススメです・・・

私達がラーメンを頂いている間も、絶えずお客さんが訪れます。殆どの方々が地元の顔馴染みといった感じです・・・ちなみに、お水が大好きな息子がコップの水を常に飲み干すものですから、お店の女性の方が気を利かせて、沢山水が入ったピッチャーに替えて下さいました・・・そんな自然な気配りも素敵な・・・「ザ・ラーメン屋」は、そんなお店です・・・

メリケン波止場で異国を想いながら、テラス席でラーメンを頂く・・・ちょっと素敵・・・

営業時間は 10:30〜20:00 (土・日・祝 10:30〜17:00) 無休 です・・・

米素多奈弼の「パイ骨麺」・・・


「米素多奈弼」・・・という看板を見て、すぐに読む事が出来れば・・・「神」

そんな名前のお店が、ここ横浜の中華街にあると聞き、さっそく「米素多奈弼」へ・・・



店の表にかかった、空母の甲板を模った看板には・・・「Mr.NAVY」

そうです・・・こちらのお店の名前は・・・「ミスター・ネイビー」・・・といいます・・・

目を引く看板は他に無く・・・カウンター席が7つの、とても小さなお店です・・・



こちらが、米素多奈弼(ミスター・ネイビー)「パイ骨麺」です・・・

では、いただきます・・・まずは「排骨」(パイコー)から・・・ハグッ・・・香ばしくカラッと揚がった骨付き豚肉がとても美味!・・・下味には五香粉等の調味料が使われているのかな・・・
この排骨の肉の旨味がじんわりとスープに染みていき・・・そして逆に、スープの味が排骨の衣に染みて・・・お互いの魅力を更に引き出していきます・・・中細の麺も美味いなぁ・・・

こちらのお店ではメニューに「陳家伝来の薬膳スープ」があり、注文した方の体調などを伺いながら調味料を配合してゆくそうです・・・疲労回復・滋養強壮等の効果があるとか・・・

お値段は普通か、または比較的リーズナブルだと思いますが、外からお店の中が殆ど見えず、お客さんを呼び込む様な目立つ看板もなし、お客さんの後ろを通るのにかなり苦労する程狭いカウンター席・・・けれど、夏の日の午後の暑い中、外で待つお客さんを見かけると、その方々が涼しい店内で待つ事が出来るよう急いで準備なさるご主人や、海老が苦手だというお客さんの要望には、「じゃあ、その代わりにイカを多めにしてあげますね」と笑顔で応えて下さる奥様を見ると、「ああ、このお店には本当の意味での『サービス』というものが生きているのだなぁ」と、そう感じました・・・いいお店特有の「オーラ」が感じられるお店です・・・

初めての方には、ちょっと敷居が高いお店かもしれませんが、このお店は効きますよ・・・

場所は 横浜市中区山下町、定休日は 火曜営業時間は 12:00〜21:30 です・・・

ザ・ラーメン屋の「ラーメン」・・・


先日、お得意様と日帰りで横浜に出かけた私でしたが、その際の昼食は・・・な、な、何と!
海の上で心地良い潮風に吹かれながら、広東料理のバイキングを頂く「ランチクルーズ」!

キタ━━━( ゚∀゚ )━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━( ゚∀゚ )━━━!!!!

我々を乗せたバスは、山下公園から程近い「大さん橋国際客船ターミナル」に無事到着・・・乗船手続きまではまだほんの少し時間の余裕が・・てぇ事は・・その前にまずは・・行く?

という事で、以前からぜひ!・・・と心に決めていた名店、「ザ・ラーメン屋」にダッシュ!・・・



「ザ・ラーメン屋」の住所は 神奈川県横浜市中区海岸通1−1・大桟橋共同ビル1階、大桟橋埠頭に繋がる道路を挟んで「横浜水上署」の向かい側になります・・・見逃さないでね・・・

店の外には、テラス席が2つありますが、今日は暑いので、ビニール製の扉を開けてエアコンの効いた店内へ・・・テーブル席が4つ・・・ほんの少し、屋台風の雰囲気がありますね・・・

お店の女性の方にラーメンを注文すると・・・「半チャーハンとのセットもございますが・・・?」と薦められましたが・・・「いやぁ、これから『ランチクルーズ』なので・・・」とは言えない・・・w



こちらが、ザ・ラーメン屋「ラーメン」です・・・どこか懐かしい印象のラーメンですね・・・

では、いただきます・・・まずはスープを・・・ズズッ・・・うん、どこか懐かしく・・・そして優しく、深みのあるスープです・・・後でご主人に伺った所、スープは鶏と豚が半々だそうです・・・
食紅が使われた昔ながらのチャーシューは、やはり横浜といった土地柄でしょうか・・・
麺はちょっと細めのちぢれ麺で、この素朴なスープとの相性は文句なし・・・実に美味い!

ご主人はちょっと洋風な出で立ちをなさっていて、「マスター」と呼んだ方が似合いそうな方で・・・食紅を使われたチャーシューの話をしたら・・・「私にとって『チャーシュー』って、昔からこれしか知らないんです・・・」と、笑顔で答えて下さいました・・・いいお店だわ、ここ・・・

この時季・・・こちらの「冷やしラーメン」や、「冷やし雲呑麺」もいいなぁ・・・

あっ・・・ヤバイ!・・・そろそろ戻らなきゃ、乗船手続きに間に合わないっ!!

営業時間は 10:30〜20:00 (土・日・祝 10:30〜17:00) 無休 です・・・

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM