ガチャフィギュア「水際のジャミラ」(よいしょVer.)・・・



こちらは、コップのフチ子ならぬ、ガチャフィギュア「水際のジャミラ」(よいしょVer.)です・・・

この怪獣「ジャミラ」は、ウルトラマンの第23話「故郷は地球」に登場する怪獣で・・・身長:約50m、体重:約10,000t、別名「棲星怪獣」ですが、元は宇宙飛行士の地球人です・・・

事故によって惑星に不時着し、ジャミラは地球からの救助を待ちますが、母国は国際批判を恐れて事実を隠蔽・・・怪獣へと化したジャミラは、復讐の為に地球へと向かいます・・・

ちなみに、ジャミラの名前はアルジェリアの独立運動家である「ジャミラ・ブーパシャ」から付けられたそうで・・・第23話の脚本は、様々な問題作を手掛けた脚本家・佐々木守氏・・・

ジャミラが登場するウルトラマンの第23話「故郷は地球」は、何ともやりきれないエンディングで・・・でも、当時の子供はそんな事はつゆ知らず「ジャミラごっこ」に明け暮れて・・・

ジャミラは水に弱く、大量の水を浴びると生命が・・・は、早く逃げて!・・・ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

コップのフチ子 ULTRAS・・・「マフラーのフチ子」・・・


巷では2014 FIFA ワールドカップの話題で持ち切りですね・・・6月15日(日)1次リーグC組の初戦・コートジボアールに敗れた日本は、明日6月20日(金)ギリシャ戦を迎えます・・・

サッカーに関しては、あまり良く知らない私ですが・・・日本代表を応援する気持ちは強く・・・



こちらはお馴染み、コップのフチ子 ULTRASの中の一つ、「マフラーのフチ子」です・・・

カプセルの中の解説書によると・・・マフラーの文字「ウルトラス・ニッポン」は、日本サッカーを愛する者たちが、スタンドに集まり始まったムーブメントを表すそうで・・・【ガンバレ~】・ω・´)尸

その歴史は1992年、アジアカップ初制覇から始まり、20年を経た今も声をからしながら応援する、11人の選手を支える12番目の選手だそうです・・・(oノ´□`)ノガンバレェェェェ.+゚*。:゚+

フチ子さんの生みの親 タナカカツキさんは、1966年・大阪生まれの漫画家だそうで・・・ちなみに、フチ子さんの下の湯呑みは数年前、私が合羽橋で購入した湯呑みでございます・・・

(だ、だって・・・日本を応援するのなら、日本らしい湯呑みが良いかと・・・(ノ∀\*))

妖怪根付 第2集〜立体図百鬼夜行〜「目競」(めくらべ)・・・



こちらは、海洋堂カプセルQミュージアム  妖怪根付 第2集〜立体図百鬼夜行〜 10種類のうちの1つ・・・「目競」(めくらべ)【フル彩色バージョン】です・・・

江戸中期を代表する狩野派の妖怪絵師 鳥山石燕(とりやませきえん)が各地の伝説や怪談奇譚を取材して描いた妖怪画本「画図百鬼夜行」は、後世の妖怪絵師たちに多大な影響を及ぼす程の人気を博したとか・・・ちなみに、喜多川歌麿は石燕の弟子だそうで・・・

こちらの妖怪根付は、江戸時代を代表する絵師 鳥山石燕の妖怪画に材を取り、フィギュア造形作家の竹谷隆之氏が率いる竹谷工房が根付として新たにデザインし、木彫り風妖怪の恐ろしくもコミカルな味わいを現代に表現した、ユニークで魅力的な根付です・・・ 

この「目競」(めくらべ)は髑髏(どくろ)の妖怪で、平清盛の目の前に突如出現し、奴らは一斉に清盛を睨みます・・・が、気丈な清盛は何と睨み返したそうです・・・ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ

(こ、こんな奴らが庭先に出現した日にゃあ・・・すぐにでも引っ越すわ・・・(;´Д⊂)) 

ちなみに、こちらは「フル彩色バージョン」なので、ちょっぴりカラフル・・・そして、ストラップの先には「イヤホンジャック」(当たり!)が付いているので、スマートフォンにはピッタリ!

それにしても・・・細工はとても細かいし、彩色も実に丁寧だし・・・フル彩色バージョンではない「木彫風彩色」も、なかなか味わいがあって・・・芸が細かいなァ・・・(o´д`o)=3

この根付がスマートフォンに付いていれば・・・盗難の心配は減るじゃろうて・・・w

「サンレッド・第14巻」+「アニマルソルジャー」・・・!?



こちらは、コミック天体戦士 サンレッド」(第14巻)「初回限定特装版」です・・・

手前に勢揃いしたのは・・・「アニマルソルジャー」の面々・・・ヽ(≧▽≦)ノ カワイイ! 

向かって左側から・・・「デビルねこ」「ウサコッツ」「ヘルウルフ」「Pちゃん・改」・・・


こ、こんなにカワイイのに・・・世界征服を企む「フロシャイム」の一員だなんて・・・

コミックを読んで癒され・・・その次は、可愛い「フィギュアマスコット」で癒され・・・


(ああ・・・こんなにもカワイイ奴らになら、「世界征服」されても構わない・・・?)

「テルマエ・ロマエ 検廖椶風呂で読める「風呂マエ・ロマエ」・・・


家族から「カラスの行水」・・・と言われる程、お風呂に浸かる時間が短いワタクシ・・・

だって・・・TVもラジオもないし・・・長く浸かるには、お風呂はあまりにも退屈で・・・

そこで、どうしても長く浸からなければならない冬の夜は、雑誌を持ち込み・・・

・・・でも、水蒸気を多く含んだ浴室・・・予想通り、雑誌はフニャフニャ・・・


昨年大ヒットした風呂の漫画、「テルマエ・ロマエ」・・・先日、第4巻が販売され・・・

但し・・・「風呂の漫画がなぜ風呂で読めない?」と、お叱りの声が寄せられ・・・

分かりました・・・では、お風呂で読める本をご用意しましょう・・・( ̄ー ̄)ニヤリ




お待たせしました・・・Amazon 限定版「風呂マエ・ロマエ」+「テルマエ・ロマエ 検

「風呂マエ」は、風呂に持ち込んでもOK!・・・木目の模様が檜風呂を彷彿として・・・

いやぁ・・・こういった「洒落っ気」のある商品は大好きだなァ・・・なかなかいいぞ!

ちなみに「風呂マエ」は柔らかいプラスチック製・・・めくる事が出来て・・・グッ!


ヤマザキ マリさんの「イタリア家族 風林火山」(ぶんか社コミックス)もオススメよ・・・

サンタクロースからの贈り物・・・「マンガで分かる心療内科」?



今年のクリスマス・イブのサンタさんからの「贈り物」は・・・「マンガで分かる心療内科」!?

カミさんと息子への贈り物は、きちんと枕元にありましたが・・・私への贈り物は「ポスト」!

それにしても・・・なんでサンタさんは、オイラの趣味嗜好を知っているのだろうか・・・?

はっ!・・・もしや、オイラの事を毎日観察して・・・じゃあ、あの「忘年会」の夜も?

きゃ〜っ!・・・サンタさん、オイラの踊りを見たの?・・・(/ω\)ハズカシ~ィ


サンタ 「オッサンの踊りを観察する程、ワタシは暇じゃない!」

孔子「四十にして惑わず。五十にして踊りを知る!?」


この様な切実な問題を、こんなに面白く・・・分かり易く説明している点が「買い」では・・・?

「不思議生物大百科 刺毒の侵入者 サソリ」(サウスアフリカンジャイアントファットテールスコーピオン)・・・



タカラトミーアーツ「不思議生物大百科 刺毒の侵入者 サソリ」全6種(+シークレット1種)のうちの1つ、サウスアフリカンジャイアントファットテールスコーピオンです・・・

ご覧の通り、かなり巨大なサソリです・・・毒の強さは、マウスを数秒で殺す事が出来るとも言われ・・・毒液を吹きかけてくる場合もあるそうです・・・ああ、コワイよう・・・・゚・(つД`)・゚・

もしも・・・こんなサソリが庭にいたとしたら・・・怖くて、草むしりなんか出来ないなぁ・・・
 

「不思議生物大百科 刺毒の侵入者 サソリ」(オブトサソリ)・・・



タカラトミーアーツ「不思議生物大百科 刺毒の侵入者 サソリ」全6種(+シークレット1種)のうちの1つ、「オブトサソリ」です・・・

鋏に比べて尾が太いオブトサソリ(尾太蠍)は毒性が強く、「デスストーカー」とも呼ばれているそうです・・・昼は石の下などに隠れて、夜に活動して昆虫等を捕食するそうです・・・

体長の割には動くスピードが早く、かなりの敏捷性だとか・・・そして更に、気性は激しく、餌を捕食する際等は積極的に毒針を振り回すとか・・・ああ、コワイよう・・・・゚・(つД`)・゚・

玄関先に置いておけば、招かざる客を撃退してくれる?・・・それとも、通報され・・・!?
 

フィギュアックス「横山光輝」 癸押ΑΑΑ孱韮劭押



「フィギュアックス」「横山光輝」シリーズから、私のお気に入りの食玩をピックアップしながらご紹介を・・・今回は、ジャイアントロボに登場した「GR2」をご紹介します・・・

「GR2」は、BF団の科学者ドクター・スネークがジャイアントロボの後継機として開発したロボットで、全長:30m、重量:500t、爆弾角や剛腕ロケット等の武器を装備しています・・・

東京では、ジャイアントロボとの激闘の末、ロボの「胸ミサイル」の前に敗れ去ります・・・

こちらは、炎の中で剛碗ロケットを発射したGR2の様子が再現されています・・・


TV版よりも表情が柔らかく、フォルムも丸いので、「漫画版」を元に作成されたのかな・・・
 

フィギュアックス「横山光輝」 癸院ΑΑΑ岼鵬譴留憧檗



今回は、数年前に発売された「フィギュアックス」「横山光輝」シリーズから、私のお気に入りの食玩をピックアップしながらご紹介を・・・今回は「伊賀の影丸」をご紹介します・・・

横山光輝氏原作の漫画「伊賀の影丸」は、忍者・服部半蔵の命を受けた伊賀流の忍者「影丸」が各地に赴き、敵対する忍者たちと壮絶な戦いを繰り広げる物語です・・・

ここでは、影丸のバックをたくさんの落ち葉が舞っていますので・・・たぶん「木の葉隠れ」か「木の葉火輪」の術を施している場面ではないかと・・・そう思われます・・・



こちらには、もうひとつの「顔」がついております・・・顔を変えれば、ほら・・・ご覧の通り・・・

顔が変わるだけで、かなり印象が異なりますね・・・こちらの方が優しい感じかな・・・?

この「伊賀の影丸」が、後の「仮面の忍者 赤影」へと続いていくのでしょうね・・・


高度経済成長期に生まれた方々にとって、「忍者遊び」はちょっと懐かしいのでは・・・?

えっ、私?・・・もうちょっと若めで・・・「黄金バット」か「パーマン」ごっこかな・・・w

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    幹事長 (01/03)
  • 2018年「新年」のご挨拶・・・
    末吉 (01/02)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    幹事長 (12/26)
  • 憩い処 三陸の「煮魚定食」(日替わり:ソイ)・・・
    末吉 (12/25)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM