「ツチクジラの佃煮」に初挑戦・・・

 

千葉県館山市に「スーパーマーケット ときわや」という地元密着型のスーパーがあるのですが、ここは特に魚介類の品揃えが豊富で・・・新鮮で安い!

 

この日は家族で館山市船形の「崖観音」と館山市那古の「那古寺」で参拝を済ませ、御朱印を拝受し、南房総市で食事を済ませた帰りに立ち寄りました・・・

 

人気のあるスーパーですので、駐車場に車を停めるのが大変で・・・でも、店内の鮮魚コーナーにはサザエやらカツオやら・・・兎に角、品揃えが凄過ぎっ!

 

この日、私の目に留まったのは・・・千葉・和田港で揚がった「ツチクジラ」(解凍)・・・お店で用意して下さった料理の方法を記した紙と一緒に持ち帰り・・・

 

価格は100gにつき190円・・・今回は321gを購入・・・水から茹でこぼし、水洗いしてから水を足し、醤油・酒・味醂・生姜で弱火でじっくり煮ます・・・

 

足した水は100cc、醤油・酒・味醂はそれぞれ大さじ3杯くらいかな?・・・勿論、調味料の量や入れる順番等は、皆様のお好みで宜しいかと存じます・・・

 

途中で味見をして、少し甘みが欲しかったので途中で少し砂糖を足しました・・・あまり火を通し過ぎると硬くなってしまうそうですので、どうぞご注意を・・・

 

 

こちらが「ツチクジラの佃煮」です・・・器は会津で買い求めました・・・

 

肉の風味は異なりますが、基本は「牛肉」のイメージで調理すればさほど外れない気がしますが、臭みを取る為には茹でこぼしは必要な気がします・・・

 

私が小学生の頃は、給食に欠かせなかったのが「鯨の竜田揚げ」・・・歯応えが硬く、食べるのにもなかなか手こずりましたが、あれは美味しかった・・・

 

肉質は思っていた程は硬くならず、まずはひと安心・・・味の方も濃からず薄からず、ご飯のお伴にピッタリの味付けではと・・・また作ってみよう・・・

 

ちなみに、道の駅富楽里とみやまでは何と「鯨の睾丸」が販売されて・・・


エスエスケイフーズの「ノンオイル 粗すりにんじん」・・・


佐倉市上志津の「志津ステーションビル」3階の「生活彩館」にお邪魔しました・・・ 

住所は 佐倉市上志津1663−16、京成線「志津」駅に隣接する「志津ステーションビル」の3階にあるお店で、千葉銀行志津支店の前から、立体駐車場に入る事が出来ます・・・

こちらのお店は、お肉や野菜・果物・・・その他にも、鮮魚等の品揃えが実に豊富で・・・新鮮な素材がお安く手に入るので、我が家ではかなりの頻度でお世話になっております・・・ 



こちらは、生活彩館で購入したエスエスケイフーズ「ノンオイル 粗すりにんじん」です・・・

粗めにすりおろした国産のニンジンに塩麹を加えて、円やかな味に仕上げたというこちらのノンオイルドレッシング・・・ニンジンの鮮やかなオレンジ色が、何とも食欲をそそりますね・・・

新鮮な野菜特有の、さっぱりとした風味が魅力的ですね・・・会社のコピーにもありますが・・・これはまさに「野菜を野菜で食べる」と言っても、決して過言では無い様な気が・・・

志津ステーションビルの生活彩館を含め、志津駅南口商店会も頑張っております・・・

営業時間は 9:00〜21:00不定休 です・・・


百円ショップの「調味料」・・・その2


佐倉市上志津、オーケーストアー志津店・3階の百円ショップ「シルク」にお邪魔しました・・・

OKの1階には、ロッテリア・クリーニング店・写真屋・・・2階には、リラクゼーション・自転車屋・薬局・・・3階には、シルク・リサイクルショップ・・・お店の外には、宝くじ売り場が・・・



こちらは、百円ショップ「シルク」で購入した「八味とうがらし」「七味唐からし」です・・・

左側の「八味とうがらし」をご説明致しますと・・・「七味唐辛子」+「花椒」=「八味」・・・という訳でして・・・痺れる様な辛さが特徴の花椒ですが、私はこれが大好きで・・・ヽ(嬉≧∀≦)ノ

まだまだ寒い日が続きます・・・こういった調味料を、上手に活用して行きたいですね・・・

意外と美味しい!「カボチャとちくわぶの煮物」・・・


冷蔵庫にカボチャが半分残っていたので・・・一風変わった「煮物」を作りました・・・


1、カボチャは種を取り、適当な大きさに切ります・・・

2、ちくわぶは厚さ8mm程の斜め切りにします・・・

3、鍋にカボチャとちくわぶを入れ、半分ぐらい浸る程の水を入れます・・・ 

4、白だし醤油砂糖みりんを加えて、弱火でコトコト煮込みます・・・はい、完成! 



こちらが、ちょっぴりユニークな煮物、「カボチャとちくわぶの煮物」です・・・

調味料に関しては、普通にカボチャの煮物を作る感覚で考えれば宜しいのでは?・・・今回は、行きつけのスーパーでちくわぶが売り切れていたので、別のスーパーにも立ち寄り・・・

ちなみに「ちくわ」と「ちくわぶ」は円筒形で穴が開いている点が似ていますが・・・ちくわの主な原料は白身魚で、ちくわぶは小麦粉・・・色が白くて断面が星型なのが「ちくわぶ」です・・・

関東では、ちくわぶは馴染み深いおでんダネですが・・・関西の人は (。-`ω´・。)ナニソレ?

簡単!「サツマイモのサラダ」・・・


冷蔵庫に、茹でたサツマイモが残っていたので・・・簡単な「サラダ」を作りました・・・


1、茹でたサツマイモを、すりこ木やマッシャーで潰します・・・

2、玉ねぎ薄切り・・・ベーコンは薄切りの後、小さめに切ります・・・

3、鍋にお湯を沸かし、ベーコンと玉ねぎを1分ほど軽く茹で、水に晒します・・・ 

4、サツマイモ・ベーコン・玉ねぎを混ぜ、マヨネーズコショウで味を調えて・・・はい、完成!



こちらが、簡単!「サツマイモのサラダ」です・・・

サツマイモ自体が甘めなので、コショウや粒マスタード等を使って少し味を引き締めた方が美味しい気がします・・・胸に詰まるのか、息子には不評だった様で・・・(´・ω・`。)゙ショボ〜ン!!

今回は「自家製ベーコン」を使いましたが、サラダに使う場合は脂を落としたいので軽く茹でるのが良いかもしれませんね・・・勿論、ハム等を使っても良いのでは?・・・+.゚(*´∀`)b゚+.゚

サツマイモは、道の駅くりもと「紅小町の郷」で購入した「ベニコマチ」です・・・

美味しいが、作るの大変・・・自家製「ゆずジャム」・・・ε-(;-ω-`A)



自宅の庭の柚子を収穫して「ゆずジャム」を作ってみました・・・ 

作り方に関しては、こちらを参考にさせて頂きました・・・ユズの皮を剥いて細かく刻んだり、半分に切ったユズからスプーンで果肉を取る作業がなかなか大変で・・・ε-(‐ω‐;)

そして、ストーブの上でじっくり・・・コトコトと煮込みます・・・水分が多かった様で、煮詰めるのにはかなり時間がかかりましたが・・・どうにかやっと出来上がりました・・・ヾ( ゚∀゚)ノ゙

出来上がったジャムの味見をしてみると・・・す、酸っぱい!・・・でも、風味が強く、なかなかいい按配で・・・こうしてみると、市販のジャムはかなり糖度が高いのでしょうね・・・

ヨーグルトにトッピングしてみると・・・おお、朝の目覚めにはもってこいですな・・・w

誰でも簡単「行者ニンニク」の醤油漬け・・・



先日・・・成田市場の青果棟で「行者ニンニク」を購入しました・・・

購入したまでは良いのですが、調理法が全く分からず(笑)・・・・で、ネットで検索した所・・・「醤油漬け」が失敗が少なく、しかも美味しいとか・・・では、作ってみましょう・・・

まず始めに・・・外側の紫色の皮「はかま」を丁寧に剥がします・・・



こちらが、外側のはかまを剥がした状態の「行者ニンニク」です・・・

別にはかまを剥がさなくても良いかもしれませんが・・・この方が見栄えが良さそうで(笑)・・・まぁ、私としては見栄えなんぞよりも、美味しければそれで宜しいのですが・・・ね?

次に・・・ザルの上から熱湯を回しかけ・・・すぐに冷水をかけます・・・



後は・・・煮沸消毒をしたビンに詰めて、醤油を注いで冷蔵庫へ・・・

これで「行者ニンニクの醤油漬け」の完成・・・この料理(料理と言えるの?)の良い所は・・・翌日から食べる事が出来ます・・・ちなみに、醤油は調味料として重宝しそうで・・・

細かく刻んで、冷奴に乗せても良し・・・もちろん、酒の肴にも・・・

「冬」の天ぷら・・・「春」の天ぷら・・・



この日・・・実家から「タラの芽」を貰って来たカミさんが、天ぷらを揚げてくれました・・・

但し、天ぷらが「タラの芽」だけでは心許無いので・・・他に天ぷらの素材として良い物は?・・・という事で、スーパーに出かけ・・・「カレイ」「ワカサギ」・・・「アスパラ」を購入・・・

タラの新芽の採取時期は、桜の八分咲きの時期と重なるそうですので・・・これはやはり「菜の花」や「フキノトウ」等と共に、春を代表する旬の天ぷらと言えるのではないでしょうか・・・

ちなみに、カレイの雌は冬の産卵期は大きな卵巣を持っており、「子持ちカレイ」として珍重されます・・・なので、やはり冬が旬と言えるのでは・・・そして一方、ワカサギの産卵期は冬から春にかけてで、10月から3月迄の冬期が漁期ですから、やはり冬が旬ではないかと・・・

夕餉の膳を飾った「冬」と「春」の天ぷら・・・生命を頂いているという事のありがたさ・・・

百円ショップの「調味料」・・・その1


佐倉市上志津、オーケーストアー志津店・3階の百円ショップ「シルク」にお邪魔しました・・・

朝晩の冷え込みが身に染みる季節・・・この時季こそ、燻製に最も適したシーズンです・・・

今回は「チーズの燻製」を作る際、トッピングに使う調味料を購入するのが目的です・・・

 

これが、その調味料・・・左から「ハバネロ入りカレー粉」「しょうが入り七味」「ガーリック」・・・

百円ショップの調味料と侮る無かれ・・・個性的で、なかなか魅力的なラインアップです・・・


これらの調味料を上手に活用しながら、「チーズの燻製」に取り掛かりましょうか・・・ね?

生落花生・・・塩茹ですると・・・「茹で落花生」・・・



実家から「生落花生」を貰いました・・・そこで、「茹で落花生」を作ってみることに・・・ 

・・・とは言っても、作り方は簡単・・・鍋に水を入れて、塩を少々・・・そして「生落花生」を入れて・・・親父に言われた通り、約15分茹でて・・・はい、出来上がり・・・「いただきます!」

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

このホクッとした旨味・・・美味しいなァ・・・素材が良い物は、そのままが一番!


(しかし・・・美味しいのは良い事だが・・・この手は誰が止めるのだ?)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM