匠神 角ふじの「みそ麺」・・・

 

柏市柏の「匠神 角ふじ」(しょうじん かどふじ)にお邪魔しました・・・

住所は 柏市柏4−9−11、JR常磐線「柏」駅東口ロータリーより「サンサン通り」へ入る手前の交差点を左折し、柏そごう・線路沿いの道を茨城方面に向って直進して約200m進んだ左側・・・麺屋こうじグループのラーメン店です・・・

 

 

こちらは、匠神 角ふじ「みそ麺」です・・・

トッピングの野菜の量は、普通で200g・・・食べ切る事が出来れば、増し(600g)増し増し(1kg)も可能ですが、普通でもこのボリューム・・・勿論、文句無しの食べ応え!
 

野菜の上にトッピングされているのは、細かく刻まれた玉ねぎ・・・この薬味にスープが染みると、これまた美味しい・・・醤油漬けの刻みニンニクは、各自お好きな量を・・・

 

チャーシューの厚みは、おそらく5mm以上はありそう・・・それが2枚もトッピングされるのですから、こちらのボリュームも文句無し!・・・美味しいチャーシューです・・・

 

麺は極太のちぢれ麺で、こちらの食べ応えも文句無し!・・・多少芯を残した茹で加減の麺は、極太麺ならではの噛み応えが楽しめますが、箸で持ち上げるのが大変・・・

細かい背脂が浮いたスープの粘度は低めで、見た目よりも親しみ易いスープです・・・背脂のコクとバターの旨味がプラスされたスープが、極太麺に程良く絡みます・・・

 

別料金で「小ブタ」「バカブタ」を注文すれば、チャーシューが増量となりますが、こちらもかなりのボリュームになりますので、券売機を押す前に覚悟を決めましょう・・・w

 

こちらも、開店して早や10年以上の歳月が・・・あの頃はよくお邪魔したなァ・・・

営業時間は 11:00〜翌0:00不定休 です・・・


屋台拉麺 一’s 稲毛本店の「 一’sセット」(M:牛骨塩ラーメン+すじこん飯M)・・・

 

千葉市稲毛区の「屋台拉麺 一's」(いちず)稲毛本店 にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市稲毛区小仲台2−3−3、JR総武線「稲毛」駅を下車し、東口から駅前ロータリーへ出て右側へ進み、千葉銀行稲毛東口支店の手前の一本目の路地を右折し、少し進むと左側にあります・・・

 

 

こちらが、屋台拉麺 一’s 稲毛本店「一’sセット」(M:牛骨塩ラーメン+すじこん飯 M)です・・・

 

 一’sの看板メニューと言えば、やはりこの「牛骨塩ラーメン」・・・あっさりしたスープですが、決して物足りなさは感じられず・・・しっかりした旨味を内包した、とても魅力的なラーメンです・・・そしてそのスープをきちんと受け止めるのが、この細麺・・・美味しい!

 

スープの旨味が染み込んだ白髪ネギと、牛骨スープに仄かな風味を与えてくれる青じそ・・・トッピングの野菜たちも、きちんと名脇役を演じております・・・表面にしっかりと焼き色が付いたチャーシューも、程良いほぐれ具合で・・・おっと、スープを少し残して・・・

 

その理由は、奥の「すじこん飯」・・・じっくり煮込んだ柔らかい牛スジとこんにゃくを、甘辛いコチュジャンダレで味付けした魅力的な一品・・・このご飯を半分ほど楽しんだ後、旨味をたっぷり内包した牛骨塩ラーメンのスープをかけて・・・美味しい「おじや」の完成!

 

柔らかく解れた牛スジに、スープがじんわり染みて・・・これでご飯を頂く・・・至福!

 

3月より2階で「焼肉Dining 一's」の営業が始まり・・・(どちらに行くか迷う・・・w)

 

営業時間は 11:30〜14:30、17:30〜24:00(金 〜25:30) (土 11:00〜25:30、日・祝  11:00〜24:00、祝前日は25:30まで営業)不定休 です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「スペシャルつけめん」(並)・・・

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「スペシャルつけめん」(並)です・・・

細めのちぢれ麺は栄福町大勝軒でお馴染み「草村商店」製の無添加麺で、プッツリとした噛み応えが心地良い麺です・・・長ネギやチャーシュー片が入ったつけダレは、煮干しの個性を前面に出しながらも上品な味わいで、そのまま頂く事も可能です・・・

 

チャーシュー片は器の大きさの割には意外と量が入っている気が・・・う、嬉しい!・・・つけめんの場合は脂身が多い部分を意識して使っていらっしゃる様で、その影響で上品ながらも、以前よりも力強い味わいになっている様な気がします・・・

 

今回はスペシャルですので、更に麺の上にもチャーシューが・・・チャーシューは厚みの割には肉質が柔らかく、食感が心地良く・・・これまた美味しい・・・サービスでカボスが付いた場合には、食べている途中で麺の上からかけて頂くのがお勧め・・・
 

味付玉子の卵は、豊かな自然に囲まれた場所で育てられたニワトリが産んだ「とよんちのたまご」・・・抗生剤や抗菌剤は使用せず、カルシウムイオン水と自家配合の餌をたっぷりと食べたニワトリの卵からは濃厚な旨味が感じられ・・・美味しい!

 

上品で粘度が低めのつけダレですので、麺への絡み具合は他店ほど強く無い気がしますが、つけダレの器から立ち昇る魚介系の香りが、私たちの食欲をそそります・・・その他のトッピングは、ナルト・かいわれ・刻み海苔・岩海苔・・・そしてメンマ・・・

 

ご主人のからお話を伺いましたが、こちらのメンマは九州の専門店から取り寄ていて、4〜5日かけて丁寧に戻したメンマだそうです・・・上品な味付けですが、これがまた美味しい・・・素材に必要以上の味付けをしていないのが何とも嬉しいですね・・・


麺を食べ終えた後は、是非「スープ割り」をお願いしましょう・・・そば湯を供する際に使われる、小さな朱塗りの丸湯筒(ゆとう)に入れられて運ばれて来ます・・・千葉産・青森産の煮干しを中心としたスープですが、これがまた絶品の味わいで・・・

 

中盛・大盛も魅力的ですが、様々な具材を十分に堪能するのも乙なもので・・・

 

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


ゆで太郎 佐倉王子台店の「肉汁きのこせいろ」(コロッケ・生たまご)・・・

 

佐倉市王子台のゆで太郎 佐倉王子台店」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市王子台6−26−10、京成線「臼井」(うすい)駅南口より南東方向に約200m進み、博全社臼井儀式殿の前の「臼井駅南口入口」交差点を右折し、国道296号線を東京方面に約700m進んだ左側で、駐車場は十数台程の広さです・・・

 

 

こちらが、ゆで太郎 佐倉王子台店「肉汁きのこせいろ」(コロッケ・生たまご)です・・・
 

ツユの素材は、銚子産の醤油・野田産のみりん・焼津産の鰹だし・・・すっきりとした辛口のそばつゆで・・・蕎麦は中層粉と石臼粗挽き粉をブレンドした自家製麺・・・

 

茹でて冷水に晒した蕎麦を、温かいつけ汁に浸して頂きます・・・マイタケ、シメジ、エリンギ等のきのこと豚肉がたっぷり入った甘辛いつけ汁に浸して・・・美味しい!

 

コロッケは、お店の方が「揚げたてが宜しければ、少しお時間を頂きますが?」と訊ねて下さるので、時間が許す方は揚げたてをお願いしてみてはいかがかと・・・

 

生たまごはお蕎麦の丼に割り入れるよりも、小鉢に割り入れ・・・そして、つけ汁に浸した蕎麦を生たまごに浸しながら頂くのも美味しい頂き方ではないかと・・・


蕎麦には動脈硬化の改善に効果があるルチンが豊富で、脂肪を燃焼するビタミンB2や、糖質を分解するビタミンB1は白米の約4倍も含まれているそうで・・・

こちらのメニューは「季節限定」と思われますので、どうぞお早めに・・・

営業時間は 7:00〜23:00 、無休 です・・・


怖い絵展の「黒い恋人」・・・

 

こちらは、上野の森美術館で開催されている「怖い絵展」で販売されている「黒い恋人」です・・・

 

JAあさひかわの北海道旭川産の黒豆を使った、魅惑のとうきびチョコです・・・パッケージを飾る絵画は、ポール・ドラローシュ作「レディ・ジェーン・グレイの処刑」・・・

 

ちなみに、このお菓子を購入したのはカミさん・・・・゚・(ノД\lll)・゚・コワイヨォォォォ・・・


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM