水郷佐原水生植物園の「ハス」・・・その64


香取市扇島の「水郷佐原水生植物園」にお邪魔しました・・・

昭和44年(1969年)に開園した水郷佐原水生植物の敷地は約6ha・・・初夏には伊勢・肥後・江戸系の約400品種・約150万本の花菖蒲が、盛夏には日本一の品種数を誇る300品種以上の蓮が咲き、その他にも様々な水辺の植物の栽培が行われている施設です・・・

7月上旬から8月上旬には「はす祭り」が開催され、園内の日中友好ハス園では、数千枚の花弁を持つ千弁蓮(多頭蓮)や、花の中に花が咲いている様に見える重台蓮、小型の碗蓮等、日本では希少な蓮の花を含む様々な蓮の花が、盛夏の空の下で美を競います・・・



こちらは、「白海蓮」(はっかいれん)という名前の中国のハスで、分類は白系八重咲、品種・起源は上海植物園保留品種・・・(いくらなんでも「保留」は可愛そう・・・・゚・(ノД`;)・゚・ ) 

フリー百科事典「Wikipedia」によると・・・仏教に於ける「蓮」の位置づけは、泥水の中から生じ清浄な美しい花を咲かせるその姿が、仏の智慧や慈悲の象徴とされているそうで・・・


溝に落ちても根のある奴は いつかは蓮(はちす)の花と咲く (「男はつらいよ」主題歌より)

丸亀製麺の「肉盛りぶっかけ」(並)と「イカ天」・・・


佐倉市上志津の「丸亀製麺」佐倉店 にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上志津1799−1、京成「志津」駅から国道296号線(成田街道)を、京成「ユーカリが丘」駅方面に向かって進んだ中間地点・左側で、駐車場は広めです・・・ 



こちらが、丸亀製麺「肉盛りぶっかけ」(並)「イカ天」です・・・

甘辛く煮込まれた豚バラ肉と玉ねぎが、何と別盛で供されます・・・これぞまさに、文字通りの「肉盛り」・・・うどんに乗せると、肉の旨味を含んだ甘辛い煮汁が染みて・・・これがまた美味しいの何のって・・・この味付けならば、白いご飯の上に乗せても美味しそうですね・・・

国産小麦100%のうどんは、もちっとした食感と、つるっとした喉越しがとても魅力的で・・・讃岐のダシはイリコがメインですが、こちらのダシはイリコは少なめ・・・昆布をメインに、鯖・鰹・ウルメイワシの削り節を調整し、大勢の方々に支持される味を目指したとの事です・・・

今回のぶっかけは「冷」でお願いしましたが・・・ネギをトッピングする際は「温」の方が、ダシの熱によってネギがしんなりとするので、より一層美味しいのでは?・・・と思います・・・

(でも・・・これだけ暑い日が続くと、どうしても「冷」を注文してしまう・・・.・(;A・∀・`)アチィ・・・)

思っていた以上に厚みがあり、食べ応えがあるイカ天です・・・ワク・.。*ヽ(*´∀`*)ノ・.。*・:,ワク

営業時間は 11:00〜22:00(LO 21:30)(土・日・祝 10:00〜)無休 です・・・

水郷佐原水生植物園の「ハス」・・・その63


香取市扇島の「水郷佐原水生植物園」にお邪魔しました・・・

昭和44年(1969年)に開園した水郷佐原水生植物園は約6haの広さを持ち、伊勢系・肥後系・江戸系等、約400品種・約150万本の花菖蒲と、品種数では日本一を誇る300品種以上の花ハスを中心に、様々な水辺の植物の栽培・展示をしている観光施設です・・・

7月上旬から8月上旬には「はす祭り」が開催され、園内の日中友好ハス園では、数千枚の花弁を持つ千弁蓮(多頭蓮)や、花の中に花が咲いている様に見える重台蓮、小型の碗蓮等、日本では数少ない様々なハスの花が、暑さの本番を迎える季節に咲き誇ります・・・ 



こちらは、「玉佛手」(ぎょくぶっしゅ)という名前の中国のハスで、分類は交雑品種 淡黄系一重咲、品種は佛手観音自然交雑/1993、起源は中国荷花研究中心・・・だそうです・・・ 

フリー百科事典「Wikipedia」によると・・・仏像が両手で示す象徴的なジェスチャー「印相」(いんそう)には決まったパターンがあり、諸仏の悟りの内容や性格・働き等を表すので、仏像の結んでいる印相によって、その仏像が何であるか、ある程度は推測が出来るそうで・・・

さしずめ、この花の様な印相でしたら・・・そう、「慈愛」という言葉が似合いそうで・・・

成田市場で買い物・・・その26


今日は、久しぶりに同僚と「成田市場」に買い物にお邪魔しました・・・

7時過ぎには市場に到着しました・・・ちなみに今回の買い物は下記の通り・・・


1、岩牡蠣(約400g×2)・・・・・・・・・・・・・・徳島産の岩牡蠣、1個300円(税別)です・・・

2、国産豚・バラブロック(400g×2)・・・・・自家製ベーコンを仕込み、後日調理します・・・

3、チャーシュー(0.5kg)・・・・・・・・・・・・・相変わらず、美味しそうな色艶でっせ・・・w

4、
ココナッツミルク・・・・・・・・・・・・・・・・・・・タイ産の缶詰で、カレーを作ろうかと・・・

5、ポッカレモン(720ml)・・・・・・・・・・・・・・お水を美味しく飲む事が出来ます・・・

6、柿の種(詰め放題)・・・・・・・・・・・・・・・・・100円で、制限時間:30秒以内!



こちらは、成田市場の(有)鬼澤で買い求めた「岩牡蠣」です・・・

春から夏にかけて入荷されるので、別名「夏ガキ」とも呼ばれる岩牡蠣の旬は夏で、産卵期が長く味が落ちないのが特徴だそうです・・・千葉県では銚子産の岩牡蠣が有名ですね・・・

実際には、少し大きめ・・・1個300円の岩牡蠣を購入しました・・・☆・゚:*(*´∀`*)ゞ*:゚・☆



こちらは、成田市場の仲野水産で同僚が買い求めた「蒸しタコ」です・・・

お店の方に伺った所、こちらのタコはモーリタニア産だそうで・・・西アフリカ沖は暖流と寒流がぶつかる場所で、プランクトンが多く、豊かな漁場としても有名だとか・・・ちなみに、モーリタニアではタコは食べられないので、タコは専ら輸出用・・・外貨獲得に貢献しているとか・・・

タコに多く含まれるタウリンは、肝臓の働きを促す効果があるそうで・・・キラーン(・ω´・+ノ)ノ

DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その27


佐倉市坂戸の「DIC川村記念美術館」敷地内の「自然散策路」を散歩しました・・・

総合研究所と併せて約30ヘクタール(約9万坪)という敷地内には、約200種の樹木と約500種の植物が生育し・・・そしてその魅力に誘われて、様々な鳥類や昆虫がここに集います・・・但し、県条例による自然保護林ですので、動植物の採取は禁止されています・・・



自然散策路の蓮池で咲いていた「大賀蓮」も、そろそろ終わりの季節を迎えて・・・

こちらは、花期を終えたハスの花の中心部「花托」(かたく)です・・・ハスの古名「はちす」は、花托の形状が「蜂の巣」に似ている所からそう呼ばれる様になったと言われており・・・そしてその「はちす」が転訛し、現在は「ハス」と呼ばれるようになったと言われています・・・


♪ どぶに落ちても根のある奴は・・・いつかは蓮(はちす)の花と咲く・・・



寅さんでお馴染み「男はつらいよ」の歌詞の一節にも登場します・・・


(私はまだまだ・・・なかなか根を張る事が出来ません・・・)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その22
    幹事長 (07/13)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その22
    末吉 (07/13)
  • そこはかとなく書き付く・・・「読書履歴」・・・その3
    幹事長 (07/02)
  • そこはかとなく書き付く・・・「読書履歴」・・・その3
    末吉 (07/02)
  • 赤鬼の「北海道味噌ラーメン」・・・
    幹事長 (06/20)
  • 赤鬼の「北海道味噌ラーメン」・・・
    けい (06/20)
  • 宗吾霊堂の「紫陽花まつり」・・・その5
    幹事長 (06/18)
  • 宗吾霊堂の「紫陽花まつり」・・・その5
    末吉 (06/18)
  • 一条流がんこラーメン 吉三郎の「塩ラーメン」(スペシャル・中盛・チョッテリ)・・・その2
    幹事長 (05/15)
  • 一条流がんこラーメン 吉三郎の「塩ラーメン」(スペシャル・中盛・チョッテリ)・・・その2
    なおみ (05/15)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM