らー麺 つけ麺 おぐりの「金のワンタン麺」(2018. 11. 19〜22 限定)・・・

 

佐倉市王子台の「らー麺 つけ麺 おぐり」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市王子台3−26−12、京成線「臼井」(うすい)駅南口より南東方向に約200m進み、博全社臼井儀式殿の前の「臼井駅南口入口」交差点を右折し、国道296号線を東京方面に約500m進んだ右側・・・駐車場は、大通りから一本入った通り沿いにも・・・

 

 

こちらは、らー麺 つけ麺 おぐり「金のワンタン麺」(2018. 11. 19〜22 限定)です・・・

 

麺の量はお店側のご厚意により、サービスで「150g」か「250g」のどちらかを選択する事が出来ます・・・が、最後まできちんと食べ切れる量を注文しましょう・・・

 

鶏ガラのスープと昆布だしのスープを併せたというスープは、ご覧の通り・・・「金」の名前に違わぬ、綺麗に澄んだスープで・・・おぐりにしては一寸珍しいかも・・・?

 

ワンタンの具の味わいは、例えるなら・・・そう、焼売の餡に一寸似た味わいで・・・金のスープが染みて柔らかくなったワンタンの皮と一緒に頂きます・・・美味しい!

 

こちらの中細の麺も、船橋の山田食品(株)製の麺なのでしょうか?・・・つるんとした心地良い喉越しが魅力的な麺で、清湯スープにも良く合う麺だと思います・・・

 

黄身が流れ出る程度の茹で加減の味玉は、先日某TV番組で放映された・・・あの「おぐりの味玉」でございます・・・白身の色合いの割には、味は意外と控えめで・・・

 

こちらは、2018年11月22日(木)迄の限定・・・急がれよ! ε≡≡((ε( o・ω・)o


営業時間は 11:00〜翌1:00 、不定休(※正月休み有) です・・・


中華料理 朝陽(あさひ)のランチメニュー「鳥もも一枚唐揚げのユーリンソース」・・・

 

八千代市八千代台東の「中華料理 朝陽」(あさひ)にお邪魔しました・・・

 

住所は 八千代市八千代台東1−2−14、京成本線「八千代台」駅東口より、真っ直ぐ伸びた大通りを千葉方面に向かって約120m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが、中華料理 朝陽ランチメニュー「鳥もも一枚唐揚げのユーリンソース」です・・・

 

揚げ鶏に甘酢が掛けられた、人気の中華料理です・・・甘酢の酸味のお蔭で、白いご飯がたっぷり食べられるという、何とも危険なメニューで・・・(泣ノд`)。・゚・ 

 

ご覧の通り、鶏もも肉が一枚ドーンと揚げられているのですから、ボリュームは文句無し!・・・勿論、味も文句無し!・・・味が染みたキャベツの千切りも絶品!

 

ランチタイム限定の定食には、ライス・スープ・サラダ・杏仁豆腐・・・更にソフトドリンクが一杯サービスという徹底ぶりで・・・その割に、値段は予想以上にリーズナブル!

 

店舗は2階ですが、入口付近には所狭しとメニューが立ち並び・・・これ程メニューが豊富ですと、メニューを見ているだけで時間がどんどん過ぎて行きそうで・・・w

 

食べ飲み放題のメニューもあります・・・かなりリ−ズナブルなので、逆に心配で・・・

 

営業時間は 11:30〜15:00、17:30〜23:00 (土 11:30〜23:00・日 11:30〜22:00不定休 です・・・


魚介醤油らーめん 和屋の「らーめん」(並)・・・その2

 

佐倉市上座の「魚介醤油らーめん 和屋」(かずや)にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市上座1185−4、京成線「ユーカリが丘」駅北口より駅前交差点を右折し、国道296号線(成田街道)を臼井・成田方面に向かって約650m進んだ右側です・・・

 

 

こちらが、魚介醤油らーめん 和屋「らーめん」(並)です・・・

お店の片隅に小さな黒板があり、そこには「本日の煮干」の産地が記されて・・・最近は香川(伊吹)・千葉産が多い様な気が・・・試食の煮干しを頂くと伊吹産の煮干しは上品で、千葉産は力強さが感じられます・・・時には鳥取産の「アジ」の煮干しも・・・


スープの表面を覆う油のお蔭で、スープが冷めにくいのも嬉しいですね・・・細めのちぢれ麺は、あの大勝軒でお馴染み・・・昭和30年創業「草村商店」製の無添加麺です・・・プッツリとした噛み応えが心地良く、こちらの魚介系スープとの相性も文句なし・・・

トッピングは、チャーシュー・ナルト・小松菜・とろろ昆布・・・宮城産の粗削りとろろ昆布は、ラーメンを食べている途中での味の変化に良い役割を果たし・・・乾燥メンマを丁寧に戻したメンマは歯応えが心地良く、スープに雑味を与えない味加減が嬉しいですね・・・

 

メンマは年内で終了予定で、今度は茎ワカメがトッピングの予定だとか・・・

 

営業時間は 11:00〜16:00 (土・日・祝 11:00〜20:30)定休日は 火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


らーめん MAKIBA(まきば)の「角煮とんこつ」・・・

 

柏市大島田の「らーめん MAKIBA」(まきば)にお邪魔しました・・・

 

住所は 柏市大島田42−3、JR常磐線・東武鉄道「柏」駅東口1番乗場から「沼南車庫」「小野塚台」「手賀の丘公園」「布瀬」行きバスに乗車し「大木戸」または「沼南庁舎バス乗継場」で下車して徒歩数分の場所で、駐車場は店舗横と店舗前に横付けで2台分です・・・

 

店内には、厨房が見えるカウンター席が5席に、2人掛けのテーブル席が2つ、向かって右手には4人掛けの小上がり席が2つ用意されています・・・

 

野田や我孫子に勤務していた際にはよくお世話になったお店ですが、勤務先が変わったので実に9年ぶりの訪問となりました・・・な、懐かしいなァ・・・

 

「カレーライス」「焼肉丼」「チャーハン」のどれかを選ぶ事が出来る「得々セット」もありますが、流石にこの歳では・・・では、久し振りにこちらを注文・・・

 

 

こちらが、らーめん MAKIBA(まきば)「角煮とんこつ」です・・・

 

豚骨スープは粘度が低めで、クセが無いさらっとした親しみ易いタイプです・・・北京鍋でスープを温めて丼に注いでいるので、スープは熱々なのが嬉しいですね・・・

 

背脂の量は「なし」「少なめ」「普通」「多め」の中から選ぶ事が出来ます・・・麺は中細で、軽くウェーブがかかっています・・・こちらは一寸懐かしいタイプです・・・

 

野菜はモヤシやキャベツが入っていて、ご覧の通りワカメも入っています・・・・・・半熟の玉子は、黄身がギリギリ流れ出る程度の茹で加減で、味は一寸薄めか・・・

 

この一杯の主役は、中心にトッピングされた2枚の角煮・・・厚さは実に1.5cmはあろうかという・・・何ともボリュームのある角煮でございます・・・しかも2枚!!

 

大きさもかなりの物で、ご覧の通り丼の上に掛けられたゴールデンブリッジ・・・またはレインボーブリッジ・・・またはジャーマンスープレックスの如く・・・(ノ*´∀`)ノ嬉嬉嬉

 

肉の厚み・大きさ共に他の追随を許さぬ存在感ですが・・・その割にはかなりの柔らかさで、箸で持ち上げようとするとほろりと崩れてしまいそうで・・・す、素敵!

 

仄かに甘い味付けの角煮ですので、肉汁の旨味を十分に含んだその甘辛い角煮の汁が、豚骨スープに新たな味わいを加え、それが新たな美味しさを産み出し・・・

 

カウンター席にあるセルフの「辛あげ玉」はサービスのトッピング・・・これを加えれば、辛さと新たなコクがスープに加わり、味わいの変化を楽しむ事が出来ます・・・

 

メニューの撮影の許可を女将さんに伺った所、ご主人に訊ねて下さり・・・その後は、撮影の際に陽が当たらないかを気にかけて下さり・・・相変らず親切な方で・・・

 

創業はかれこれ22年目だそうで・・・益々のご発展を祈念します・・・

 

定休日は 月曜 営業時間は 11:30〜15:00、18:00〜22:00 です・・・


道の駅 大滝温泉 お食事処 郷路館の「滝沢ダムカレー」・・・

 

秩父市大滝の「道の駅 大滝温泉」にある「お食事処 郷路館」にお邪魔しました・・・

 

住所は 秩父市大滝4277−2、関越自動車道「花園」ICより、国道140号線を西へ約50km進んだ場所です・・・鉄道・バスを利用する場合は、西武鉄道「西武秩父」駅発の急行バス「三峰神社行き」に乗車し「大滝温泉 遊湯館」バス停留所で下車します・・・

 

入口を入って右側にある食券機で食券を購入し、店内の受付にチケットを手渡し、番号を呼ばれたら取りに行き、食後は食器を返却するセルフサービスです・・・

 

 

こちらが、道の駅 大滝温泉 お食事処 郷路館「滝沢ダムカレー」です・・・

 

滝沢ダムは、秩父市にある荒川水系中津川に建設された高さ約132mの重量式コンクリートダムで、ダムの規模としては埼玉県内で最大規模を誇るダムだそうで・・・

 

お皿の中をご説明致しますと、ライス(ダム)、カレールー(もみじ湖)、キャベツ・ブロッコリー(森林)、肉団子(管理所)、オニオンリング(ループ橋)を表しているとか・・・

 

勿論、もみじ湖の名前を忘れてはおりません・・・どうぞ、お皿の向こう側をご覧下さい・・・紅葉(ニンジン)がしっかりと湖面に浮かんでいるではありませんか・・・

 

美味しく頂く為には、申し訳ありませんがダムを決壊させて頂きます・・・森林に湖の水を混ぜて、ダムと一緒に頂きます・・・美味しい・・・ループ橋にも水を浸し・・・

 

管理所はボリュームがあるので、あせらずに・・・少しずつ頂くのが賢明でしょうね・・・紅葉はもう少し愛でてから、こちらも後程ゆっくりと頂き、秋を堪能しましょう・・・

 

調理する方が、どの様な顔をしながらダムを作るのか見たい・・・(●′ω`●):*・゚ндрру゚・*:

 

営業時間は 食堂 11:00〜16:00(※売店 9:00〜16:00)定休日は木曜(※祝日は営業)・年末(※年始・GW・夏期 (7月20日〜8月31日)・紅葉シーズン (10月25日〜11月20日) は休まず営業)です・・・


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    幹事長 (08/11)
  • 水郷佐原あやめパークの「ウチワヤンマ」・・・
    末吉 (08/10)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    幹事長 (07/24)
  • DIC川村記念美術館の「大賀蓮」・・・その63
    末吉 (07/24)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    幹事長 (05/16)
  • 第8回「サクラ・オートヒストリーフォーラム」・・・その1
    末吉 (05/15)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    幹事長 (04/12)
  • 小田原城の「天守閣」・・・その2
    末吉 (04/10)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    幹事長 (04/07)
  • 和食処 結(ゆい)の「アジフライ」と「あら煮」・・・
    けい (04/07)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM