宗吾霊堂の「アジサイ」・・・その5

 

成田市宗吾の「鳴鐘山東勝寺宗吾霊堂」にお邪魔しました・・・

宗吾霊堂の裏手に広がる境内には、約7,000株の紫陽花が植えられています・・・

 

因みに「紫陽花」の漢字の由来は、鳴鐘山東勝寺宗吾霊堂の解説文によると・・・平安時代、源順(みなもとのしたごう)が編纂した辞書「倭名類聚抄」(わみょうるいじゅしょう)を編集する際、アジサイに漢名を与える必要に迫られた際、白楽天の詩に登場する全く別の花「紫陽花」をアジサイに当てはめてしまったのがその理由・・・との説があるそうで・・・

今年の紫陽花まつりは終了しましたが、紫陽花の花はまだ咲いています・・・


凛太郎 ジェラテリアの「ジェラート」(カシスオレンジ・ココナッツミルク)・・・

 

旭市ニの「凛太郎(りんたろう)ジェラテリア」にお邪魔しました・・・

 

住所は 旭市ニ1995−1、JR総武本線「旭」駅ロータリーより約350m南に向かって進み、「旭駅入口」交差点を右折し、千葉県道71号線(銚子旭線)を西に向かって約500m進み、「東総文化会館北」交差点を通り過ぎ、千葉県道104号線(八日市場井戸野旭線)を更に西へ約150m進んだ右側で、駐車場はお店の東側に数台分・・・

 

古民家を改装し、モダンな外観にリノベーションしたジェラート屋です・・・厳選された新鮮な素材を用いたフレッシュなジェラートを飾るのは、焼きたての香ばしいワッフルタイプのコーン・・・コーンは2種類の中から選ぶ事が出来、この日は「プレーン」(メープル)or「抹茶」・・・まず先にコーンを選び、次に2種類のジェラートを選びます・・・

 

 

こちらが、凛太郎 ジェラテリア「ジェラート」(カシスオレンジ・ココナッツミルク)です・・・

 

カシスは敢えてそのままコンポートにし、瑞々しさ溢れるたっぷりのオレンジ果汁と併せ、さっぱりとした仕上がりにしたという「カシスオレンジ」は、オレンジ特有の爽やかな柑橘系の香りと深い味わいが魅力的で・・・そして、コンポートされたカシスの力強い酸味と心地良い果肉の食感が時々顔を覗かせ・・・美味しい!・・・これからの暑い日にピッタリ!

 

シンプルな味わいながらも、ココナッツの自然な甘さが味わう人達の心を南国へと誘う、魅惑のフレーバー「ココナッツミルク」・・・定番のジェラートではございますが、そこにはやはり「定番」ならではの力強い魅力が備わっていて・・・更に、血糖値が上がりにくく、脂肪として蓄積されにくい中鎖脂肪酸を豊富に含んでいるとか・・・ココナッツミルク、偉い!

 

この日選んだコーンは「抹茶」・・・大人のほろ苦さを帯びた魅力的なワッフルで・・・

 

季節の素材に拘ったジェラートですので、素材は様々ですが・・・そこもまた魅力!

 

営業時間は 10:00〜19:00定休日は 月・火曜 です・・・


麺屋 ことぶきの「濃厚鶏白湯 こってりらーめん」(追加 玉ネギ:細麺)・・・

 

千葉市中央区中央の「麺屋 ことぶき」にお邪魔しました・・・

住所は 千葉市中央区中央1−2−11 ニュー千葉ビル1階、千葉モノレール「タウンライナー」1号線「葭川公園」(よしかわこうえん)駅より、線路沿いの道を北へ向かって約200m進み・・・「りそな銀行千葉支店」の前を右折して約150m進んだ左側、「三井ガーデンホテル千葉」の向かいです・・・車でお越しの際は、近隣のコインパーキングのご利用を・・・

千葉港のホテルニュー塚本の地下1階にある「炭火焼 寿」という焼鳥屋が母体ですが、本格的なラーメンが頂ける嬉しいお店です・・・ラーメンのスープは、コラーゲンが豊富な「濃厚鶏白湯 こってり」と、鶏と昆布の旨味を活かした「淡麗 あっさり」の2種類を柱として、更に「熟成醤油」等のメニューが増えていました・・・これは迷う・・・( ̄へ ̄|||) ウ〜ム・・・

 

お一人で厨房を仕切っていらした店長さんに、写真撮影の許可を頂く為に話しかけたのですが、最初はちょっぴり緊張感が漂い・・・「ま、まずかったかな?」・・・最初はそう感じましたが、話をしていくにつれ、お互いの気持ちが次第に解れて行き・・・お店の成り立ちから始まり、芸能人や政治家の話等・・・話題が豊富で、軽快な話術が魅力的な店長さんで・・・

 

 

こちらが、麺屋 ことぶき「濃厚鶏白湯 こってりらーめん」(追加 玉ネギ:細麺)です・・・

横芝光町の「みのり農場」で育てられた純国産鶏「岡崎おうはん」は、弾力のある肉質と深いコクが特徴だとか・・・抗生物質や抗菌剤を一切使用せずに育てられた鶏のガラを炊いて作られたスープは濃厚で、コラーゲンがたっぷり!・・・深い味わいが魅力的です・・・

 

とても濃厚なスープですが、味が濃い目ではないので思わず飲んでしまいたくなり・・・今回は細麺を選択しましたが、これならば太麺でも相性はとても良いのではないかと・・・そして濃厚なスープには合うと予想して「玉ネギ」を追加しましたが、これが大正解で・・・

 

SPF種豚を親に持つ肉豚に、抗生物質を出来るだけ抑えたビタミン豊富な飼料を与えたという安心・安全な健康豚「林SPF」のチャーシューは、ご覧の通り綺麗な肉で・・・肌理が細やかな豚肉は、あまり厚みが無い方がより美味しく頂く事が出来る気がします・・・
 

驚いたのは、メンマの太さ・・・例えるならば、まるで箸置きの様な・・・いや、あれ位太い箸置きは今時珍しいかも・・・でも、太さの割にはとても柔らかく、食べ応えがあります・・・食べ終えると、濃厚なスープの影響で、口の周りがテカテカと光っている様な気が・・・w

 

今度お邪魔した際は、太麺か・・・いや、淡麗鶏塩の「あっさり」か・・・迷うなァ・・・


定休日は 日曜(日曜祝日の場合は翌月曜) 、営業時間は 11:30〜14:00、17:00〜23:00(金 〜24:00) です・・・


大勝軒 てつの「濃厚魚介海老油そば」(期間限定〜6/20(火)・平日18:00〜・1日15食限定:中盛 200g)・・・

 

柏市藤ヶ谷新田の「大勝軒 てつ」にお邪魔しました・・・

住所は 柏市藤ヶ谷新田21、東武野田線「高柳」駅より約400m東に進み、「高柳駅入口」交差点を左折し、県道8号「船橋我孫子線」(船取線)を北に約1.2km進み、「沼南消防署高柳分署」を過ぎてすぐの十字路を右折して、国道16号線方面に向かって約1.8km進んだ左側です・・・国道16号線に面した場所で、広い駐車場があります・・・

 

 

こちらが、大勝軒 てつ「濃厚魚介海老油そば」(期間限定〜6/20(火)・平日18:00〜・1日15食限定:中盛 200g)です・・・
 

自己主張の強いガッツリ太麺に、甲殻類の旨味が凝縮された濃厚なタレがしっかりと絡んだ・・・何とも危険な魅力を帯びた油そばで・・・でも、味付けは見た目よりは意外と控えめで・・・ゆでもやしや玉ネギが、濃厚な味わいを程良く緩和しているのかも・・・

 

その優しさを逆手に取り、ここぞとばかりにこちらを責めて来るのが、トッピングされた揚げネギや粉チーズ・・・これらのトッピングは、味わいを更に濃厚にするだけでなく、魚介系の旨味に溢れたタレを自己主張の強い太麺にしっかりと絡めるという役割を果たし・・・

 

そして、これだけ食べ応えのある油そばを更にボリュームアップするのが、バラ肉のブロックチャーシュー・・・ご覧の通り、ブロックの名を冠するのは伊達ではございません・・・そして、これがまた肉質が柔らかくて・・・お、美味しい・・・やばい、負けそう・・・w

今回は更に、濃厚海老ダレが別の器で供されます・・・途中で加えれば、甲殻類特有の濃厚さが更にパワーアップ!・・・そして更に、山葵を加えればより刺激的な味わいに・・・お、恐るべし・・・勿論、スタッフの方々の嬉しい心配りは健在です・・・ヽ(*´∀`*)ノ

いやはや・・・大満足!・・・(※こちらのメニューは6月19日(月)・20日(火)のみの提供です)

営業時間は 11:00〜23:00 (スープがなくなり次第終了)不定休 です・・・


第33回「佐倉市書道協会展」・・・その4

 

明日18日(日)まで、佐倉市立美術館で「第33回 佐倉市書道協会展」が開催されます・・・

本年度は賛助出品の作品を含め、70名の方々が作品を出品・・・その内容は・・・大作:70点、小品:31点・・・計101点の作品が展示されております・・・

 

 

こちらは、入口を真っ直ぐ進んだ会場の様子で、仮名や折帖・巻子の展示が中心・・・そして右手壁面とその裏手には、様々な趣向を凝らした小作品が展示されています・・・

 

 

右端の作品は、1973年に馬王堆三号漢墓から出土した帛書(はくしょ:絹に書かれた書)の臨書で、紙に淡墨で幅の広い線を書き、その上から文字を書いています・・・

 

 

自分が所属する協会の作品を褒めるのは何だか手前味噌の様な気もしますが、こちらではご紹介しておりませんが、書き手の個性が垣間見える小作品も見応えがあり・・・

 

作品や釈文等についてのお問い合わせは、会場の受付係にお申し出下さい・・・

 

 

「第33回 佐倉市書道協会展」

 


会   期 :平成29年6月13日(火)〜18日(日)

時   間 :10時〜18時 (初日は14時より、最終日は16時まで)

会   場 :市民ギャラリー 佐倉市立美術館 3階展示室)

主   催 :佐倉市書道協会 

共   催 :佐倉市教育委員会

 

※現在、美術館一階エントランスホールが工事中で、美術館入口は向かって左側・中井せともの店の向かい側の搬入口が入口となっておりますので、どうぞご注意下さい・・・


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
  • 第33回「佐倉市書道協会展」・・・その3
    幹事長 (06/22)
  • 第33回「佐倉市書道協会展」・・・その3
    末吉 (06/21)
  • 第33回「佐倉市書道協会展」・・・その3
    幹事長 (06/15)
  • 第33回「佐倉市書道協会展」・・・その3
    やなぎ (06/15)
  • 特別展「茶の湯」・・・
    幹事長 (04/24)
  • 特別展「茶の湯」・・・
    なおみ (04/24)
  • 麺匠 うえ田の「味玉つけめん」(大盛)・・・
    幹事長 (03/29)
  • 麺匠 うえ田の「味玉つけめん」(大盛)・・・
    けい (03/29)
  • 丸亀製麺の「釜揚げうどん」(大)と「ちくわ天」と「温泉玉子」・・・
    幹事長 (01/15)
  • 丸亀製麺の「釜揚げうどん」(大)と「ちくわ天」と「温泉玉子」・・・
    末吉 (01/14)
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM