手打そば 嘉亭の「季節の変りそば」(白雪更科・しそ切り)・・・その2

 

佐倉市中志津の「手打そば 嘉亭(かてい)」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市中志津4−20−1、京成線「ユーカリが丘」駅南口ロータリーより、ジョナサン手前の交差点を左折し、下志津小学校方面に向かって約1.5km南へ進み、中志津ふれあい公園・スーパーカワグチの前を通り過ぎて約200m進んだ左側です・・・

 

 

こちらが、手打そば 嘉亭「季節の変りそば」(白雪更科・しそ切り)です・・・
 

左側の「しそ切り」は、ご覧の通り・・・はっきりと目で分かる程度の大きさに刻まれた青じそが練り込まれています・・・蕎麦が繊細なので、仄かな青じその香りが感じられますが・・・蕎麦の個性を損なわない程度に控えめですので、蕎麦を美味しく頂く事が出来ます・・・

 

右側の「白雪更科」は、蕎麦の実を挽いた際、一番最初に出て来る胚乳の中心部・・・「一番粉」という色白の蕎麦粉を原料としているので、甘皮が混ざらない為に蕎麦に仕立てても白いのだとか・・・蕎麦の香りは控えめですが、仄かに甘い、実に繊細な蕎麦で・・・

ご覧の通り、小さいながらも立派な山葵が、金属製の卸しと一緒に運ばれて来て・・・更科系の蕎麦は繊細ですので、最初は山葵を控えて頂くのがお勧めかな・・・一か月近く寝かせたカエシを使ったそばつゆは辛めで、そのお蔭で蕎麦の甘さが引き立つ様な・・・

 

蕎麦屋で「ぬき」を頼んで、日本酒を頂く・・・なんて、粋な真似をしてみたい・・・w

定休日は 日曜 営業時間は 11:30〜14:00 、17:00〜20:00 です・・・


興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」・・・

 

今日は、上野の「東京国立博物館」にお邪魔しました・・・

住所は 台東区上野公園13−9、JR「上野」駅公園口、「鶯谷」駅南口から徒歩10分・・東京メトロ 銀座線・日比谷線「上野」駅、千代田線「根津」駅、京成電鉄「上野」駅から徒歩15分・・台東区循環バス「東西めぐりん」東京国立博物館前バス停から徒歩2分・・・

国の総合的な博物館として日本を中心に広く東洋諸地域に亘る文化財を収集・保管して公衆の観覧に供すると共に、関連する調査研究及び教育普及事業等を行う事により、貴重な国民的財産である文化財の保存及び活用を図る事を目的とした博物館です・・・

 

 

9月26日(火)〜11月26日(日)、平成館で興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」が開催されています・・・

 

平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した仏師、運慶・・・現存する運慶作・またはその可能性の高い仏像は31体というのが現在の一般的な見方だそうで・・・今回、東京国立博物館で開催されるこちらの展覧会では、過去最多の22体が展示されるそうで・・・

 

雨模様の中、東京国立博物館に到着したのがAM9:30過ぎ・・・門の前には早くも、約7〜80人位の行列が・・・その後、開館の少し前にチケット確認を終え、行列は東博の方の先導に続き、ゆっくりと平成館の方へと進みます・・・ちょっぴりドキドキしますね・・・w

 

まず初めに私がじっくりと拝見した仏像が、上のパンフの左上にある、国宝「無着(むぢゃく)菩薩立像」・・・無着とは、インドの大乗仏教唯識派の学者の名だそうで・・・学生時代、美術の本でこの仏像の写真を見てから、いつか見てみたいと思っていた仏像で・・・

 

無著という名は、大乗仏教の「空思想」を会得した事・・・すなわち「空」(空性:執著の無いこと)に因んでいるとか・・・静かで深い表情をしていますが、存在感のある仏像です・・・衣の襞(ひだ)の部分も見事ですが、衣の下部に細やかな模様が見て取れて・・・

 

次に拝見したのが、一寸方向性が異なり・・・国宝「龍燈鬼立像」・・・本来ならば四天王像の足下にいる邪鬼が立ち上がり、燈篭で仏前を照らしている姿なのだとか・・・上目遣いに燈篭を見つめている邪鬼の表情が何ともユーモラスで、私の好きな仏像です・・・

 

褌(ふんどし)姿のお尻も、なかなかチャーミングで・・・仏像の後ろに廻って、お尻ばかり見つめている姿が来場者の目に留まるもの恥ずかしいけれど・・・分かっちゃいるけど止められない・・・喜んで身を捧げている足下の邪鬼達の表情こそ、展覧会の見所・・・

 

そして次は、国宝「四天王立像」・・・いやはや、もの凄い迫力で・・・個人的には「多聞天立像」に心魅かれました・・・そして、栃木・光得寺「大日如来坐像」・・・小さな逗子の中に拡がる小宇宙・・・これもまた素敵・・・重要文化財「子犬」も然り・・・か、可愛い・・・

 

特別展に伺う度に感じますが、特に会場の照明が素敵で・・・仄暗いのは仏像の保存という観点のみならず、古の灯り・・・蝋燭の灯り等をイメージしている気が・・・そして仏像の表情や衣の襞の様子等、様々な魅力が損なわれぬ様に配慮しているのでは・・・

 

カミさんは別行動で「怖い絵」展へ・・・当たり前ですが、夫婦でも趣味は異なり・・・


ゆで太郎 佐倉王子台店の「秋野菜とあさりのかきあげそば」(コロッケ)・・・その2

 

佐倉市王子台のゆで太郎 佐倉王子台店」にお邪魔しました・・・

住所は 佐倉市王子台6−26−10、京成線「臼井」(うすい)駅南口より南東方向に約200m進み、博全社臼井儀式殿の前の「臼井駅南口入口」交差点を右折し、国道296号線を東京方面に約700m進んだ左側で、駐車場は十数台程の広さです・・・

 

 

こちらが、ゆで太郎 佐倉王子台店「秋野菜とあさりのかきあげそば」(コロッケ)です・・・
 

ツユの素材は、銚子産の醤油・野田産のみりん・焼津産の鰹だし・・・すっきりとした辛口のそばつゆで・・・蕎麦は中層粉と石臼粗挽き粉をブレンドした自家製・・・

 

かき揚げは別皿で供されるので、サクッとした歯応えが嬉しい・・・あさりがたっぷり使われているかき揚げは、長ネギのぶつ切りが香ばしく、食欲をそそります・・・

 

コロッケは、お店の方が「揚げたてが宜しければ、少しお時間を頂きますが?」と訊ねて下さるので、時間が許す方は揚げたてをお願いしてみてはいかがかと・・・

蕎麦には動脈硬化の改善に効果があるルチンが豊富で、脂肪を燃焼するビタミンB2や、糖質を分解するビタミンB1は白米の約4倍も含まれているそうで・・・

こちらのメニューは「季節限定」と思われますので、どうぞお早めに・・・

営業時間は 7:00〜23:00 、無休 です・・・


金五拾圓(50円)の「猫」・・・

 

天慶3年より「成田のお不動さま」として親しまれる「真言宗智山派大本山 成田山新勝寺」にお邪魔しました・・・

成田山の境内には東京ドーム約3.5個分(16万5,000屐砲砲盖擇峭大な公園が整備され、成田山公園の梅・桜・藤・菊・紅葉・・・四季折々の姿を観る事が出来ます・・・

 

この日は、お世話になっている先生と、成田山書道美術館で開催されている「金子聴松展 千葉県書道協会役員展」に伺いました・・・先生の解説を聴くと、自分の書に対する考え方の甘さを実感し・・・が、これらが今後の作品制作のエネルギーとなる事は確かで・・・

 

帰路の途中、額堂横の菅原道真公を祀った「天満宮」にお参りを・・・こちらの祠には学問の神様「菅原道真公」の像が奉安されています・・・毎年梅の咲く季節になると、こちらの祠の左右には、枝ぶりは少々小さめなのですが、綺麗な紅梅・白梅が咲きます・・・

 

境内外側の細道を歩いていると、明治32年に永代御膳料を納めた際に建てられた石碑があり、その下で猫が気持ち良さげにお昼寝・・・因みに、明治30年代の1円は、現在の貨幣価値に換算すると約3,800円だそうで・・・という事は・・・約190,000円!

 

おいおい・・・そんな所で寝ていると、50円で連れていかれちゃうかも知れないよ?


みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)の「秋のクリーミー味噌つけめん」(限定)と「お土産チャーシュー1本」(プレゼント!?)・・・

 

香取郡多古町の「みんなのらぁめんBAMBU(バンブー)」にお邪魔しました・・・

住所は 香取郡多古町3893−1、東関道「成田」ICより国道295号線へと入り、芝山鉄道沿いの道を八日市場方面に向かって進み、そこから国道296号線へと合流し、更に東に進み、エービン 多古店に面した「染井」交差点をそのまま直進し、千葉県道74号(多古笹本線)を更に東へ約800m進んだ左側で、JRバス関東「大原内」(だいばらうち)停留場の前です・・・店舗脇の敷地に広い駐車場がありますが、どうぞお静かに・・・

 

今日は秋季限定のつけめんを頂く為に、こちらにお邪魔しました・・・

 

 

こちらが、みんなのらぁめんBAMBU「秋のクリーミー味噌つけめん」(限定)です・・・
 

仄かにバジルが香るクリーミーな味噌スープのつけダレには豆乳が使われていて、頂いてみると、優しいながらも深いコクが感じられます・・・つけダレの器には、しめじ・さつまいも・ほうれん草がいっぱい入っていて・・・秋の魅力が満載のつけダレです・・・

 

そして、ボリューム満点のトッピングは何と云っても・・・香取市の「権兵弥のハム」さんの特製ベーコン!・・・スモーキーな燻製の薫りが何とも魅力的なベーコンで、そして何よりも脂の旨味が強い!・・・ベーコンの肉の旨味が、つけダレを更に最強の味に・・・

 

心地良い食感が嬉しい中太の麺に、コクのある味噌スープがしっかりと絡みます・・・お、美味し〜い!・・・麺は評判の高い京都市の製麺所「麺屋 棣鄂(ていがく)」製の卵未使用の麺・・・これは、アレルギーをお持ちのお子さん方へのご配慮だそうで・・・

少し辛めの味噌スープのつけダレの箸休めの役割を果たすのが、多古町の「もっこり農園」さんのさつまいも・・・失礼ながら、最初は店名はジョークかと思いましたが・・・さつまいもの味わいは冗談では無く、力強い甘さが何とも魅力的で・・・す、スゴイ!

 

個性的で魅力的な食材が勢揃いしているにも係わらず、それらがとても良いバランスを保っていて・・・〆は勿論、多古米のライスを注文し、つけダレの器に入れて頂きます・・・(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!! ・・・な、泣きそうな位に美味しい・・・

 

そして更に・・・今日はこれだけでは済まない、素晴らしいサプライズが・・・

 

 

こちらが、みんなのらぁめんBAMBU「お土産チャーシュー」(プレゼント!?)・・・
 

BAMBUさんのファンキー☆クラブ会員である私の下に、BAMBUさんから息子宛てに誕生日のお祝いの葉書が届きました・・・このバースデーカードを持参すると、スペシャルガチャに挑戦できるのですが・・・息子がガチャを回すと、バッジと一緒に一枚の紙が・・・

 

お店の方にお渡しすると・・・そこには何と!・・・「お誕生日おめでとう!!なんと!!!お土産チャーシュー1本プレゼント!」の文字が!?・・・

 

マァァァ━━━(゜Д゜;ノ)ノ━━━ジデェェェ!??

 

ご覧の通り、何とも食欲を刺激する色合いをした・・・これで殴打されて死んでも悔いは無い!と言っても決して過言では無い程の大きさのチャーシューで・・・そして更に、容器に入ったつけダレまで用意されて・・・美味しく頂く為の丁寧なレクチャーまで付いて・・・

 

す、すみません!・・・こんな大それたお土産を頂くとは!・・・手渡されたカミさんも、その重さにビックリ!・・・自宅に帰って重さを量った所・・・何と680g!?・・・美味しく頂く為の方法を丁寧に教えて下さる所に、食材に愛情を注ぐBAMBUさんらしさが垣間見え・・・

 

チャーシューは幸運によって有り難くゲット出来ましたが、他にも色々な種類が・・・

 

奥のテーブル席の壁には、懐かしい家族の写真が・・・この温かさが好きです・・・

営業時間は 11:30〜15:00(LO 14:30)、17:30〜21:30(LO 21:00)定休日は 月曜・第4火曜(祝日の場合は翌日) です・・・


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM